青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 12月 11日

唐津焼の擂鉢

昨日の日記で古唐津について触れたので、ちょっと季節はずれの話ですが。

猛暑の今夏は、例年になく冷たい饂飩や素麺にハマった。
ZOOが私の薬味の切り方にダメ出しをしてきたので、
それならと「饂飩奉行」として全部まかせることにしたら、
「夕飯どうする?」「いいよ、饂飩で」という流れができてしまったのである
(安くて楽でおいしいから……)。

三把か四把。
水を張った柳宗理の艶消しステンレス23cmのボウルに盛られて出てくる。
ウチにはそれだけの量の食材が入る大きな器が他にない。

f0151592_2044373.jpg




f0151592_20214739.jpg


f0151592_20215988.jpg

柳宗理のボウルも悪くはないのだが、
毎日のようにながめているうちにだんだん飽きてきて、やきものの器が欲しくなってきた。
あんまり繊細な器じゃなくて、飽きのこないものとなるとやはり古いものだろうか。
平清水か瀬戸あたりのこね鉢かしら片口かしらと、しばらくぼんやりと頭の隅で考えていた。

そんなある日、とある市でこの擂鉢を見つけた。
おお擂鉢か。想定外だったけど、この存在感。大きく歪んだ形もおもしろい。
どこの産かと尋ねると江戸時代末期の「唐津」だという。
てっきり常滑あたりのものかと思っていたので、ちょっと驚いた。

佐賀の唐津焼。
古くから抹茶茶碗の格付けでは「一萩・二楽・三唐津」と賞され、
「備前の徳利と唐津の盃」などというように、酒器の人気も高まるばかり。

2004年の出光美術館の「古唐津」展を見て、
それまではどちらかというと磁器に目がいっていたのに、
初めて「つちもの=陶器」に大きく心を揺さぶられた。

それ以来、心ひかれるやきもののひとつだが(嫌いなやきものもあるのだ)、
人気の “桃山・江戸初(期)” のいわゆる「古唐津」はべらぼうに高い。
小皿くらいなら買えるのだけど、私が利益を乗せて売るのは難しいし……。

古唐津の二大コレクション「田中丸コレクション」と「出光美術館収蔵品」のうち、
「田中丸コレクション」をこちらで見ることができる。

下の画像はお気に入りの古唐津の陶片。
素朴な絵付けのスッと勢いのある線、土色に惹かれる。

f0151592_20222590.jpg

幸か不幸か、その日は他の市も回ったもののあまり買うべきものがなく、
“軍資金” が手元に残ったので、先程の業者さんに電話して擂鉢をキープ。
再度出向き、譲っていただいた。

しかしこの擂鉢、「饂飩奉行」からはあえなく “却下” されてしまった。
2人分の麺が入らなかったのである……。

それでは本来の使いかたをするかと、
擂粉木を買い、蒸したジャガイモでマッシュポテトをつくってみた。
母は昔、餅米などでツブツブが残る状態のことを “半殺し” と言っていたが、
ハーブを加えた “半殺し” のジャガイモは息も絶え絶え……ではなくて、
思わず「うま〜っ」と言いたくなるような味だった。

その後鍋がひとつ増えたため置き場所に困ってしまい、商品に(御売約)。

f0151592_20224085.jpg

上の画像は、20年近く前に買ったミニ擂鉢&ミニ擂粉木。
よくホウレンソウのおひたしを少し取ってこれで擂り、
マヨネーズや香辛料を入れて和えた。
きれいなグリーンのマヨネーズ・ソース、
簡単で、なんでもないソテーやムニエルもちょっと華やぐのでオススメ。

by penelope33 | 2007-12-11 20:57 | 古いもの・古びたもの | Comments(4)
Commented by るー at 2007-12-12 08:49 x
おはようございます。ちょっとごぶさたしてました。
柳のボウル、うちにもあります。ちっこいやつを、何故かアクセサリー入れになってます・・・

饂飩。いいですね、漢字で書くと喉ごしよさそう。(ってビールか?)

ペネさん、いつか佐賀にご一緒したいですね。

それと、右サイドの「最近のつぶやき」楽しみに読ませてもらってます。
「八月の濡れた~」ずっと前からすごい観たいのです。
村野・・(笑)、当時はウザいキャラではなかったのでしょうねー
Commented by penelope33 at 2007-12-12 13:47
るーさん、こんにちは。
柳のボウル、
一番小さいのは朝食の卵を割り入れるのによく使いますが、
確かにアクセサリーを入れても違和感ないでしょうね。

古唐津のお好きなこの方 http://blogs.yahoo.co.jp/mstmrtrsp
やこの方 http://www.utuwa-ya.jp/blog/ のブログを拝見すると、
すごく佐賀に行きたくなります。
あ、でも、るーさんにはまず長崎を案内していただきたいです!

村野……デビューからウザいといえばウザいかも(笑)。
コメンタリーを聞くと、本人もヘタなのは自覚してるみたいですけど。

Commented by うつわや at 2007-12-13 20:17 x
penelopeさん~こんばんは。よかったら佐賀ご一緒します?
まずは、思い切って、小皿に手をだしましょーよ。
何時の日にか、小皿に手を出すのを楽しみにブログ拝見させていただきますw
ご紹介ありがとうございました^^。
Commented by penelope33 at 2007-12-13 20:38
うつわやさん、こんばんは。
このブログ、まだアクセス数も少なく“御紹介”ともいいづらいので、
黙ってうつわやさんのブログのURLを載せてしまいました。^^;

ここのところ続けてUPされている古唐津の小皿を拝見して、
私もすっごくほしくなってしまいまして、もう時間の問題かなーと(笑)。
いつの日かうつわやさんに佐賀を案内していただけるよう、
もっとしっかり勉強したいと思います……。
名前
URL
削除用パスワード


<< ゆうべの晩酌セット(おでん・カ...      平戸焼 “卵殻手” 白磁向付 >>