2007年 12月 15日

生意気そうな女の子

ZOOがきのう見た夢の中で、ヤマコが人間の言葉をしゃべっていたという。
生意気そうな小さな女の子の声だったそうだ。

普段も、声色を変えながら猫語でしゃべくっている様子を見ていると、
コイツあとひと息で日本語を話せそうだなと思う。
よねもそうだった。

猫はすぐに大人になるから人間の子どもより手がかからないけど、
こちらより先に死んでしまう可能性が高いからなぁ。

だいたいヤマコはよそ様の猫だから、
病気になったり車にはねられたりしたら死に目にあえないだろう。

ヤマコの寝相はいつもおもしろいのだけど、
寝顔を見ていると、いつまで一緒にいられるのかなぁと、しみじみ思う。

f0151592_1610857.jpg


by penelope33 | 2007-12-15 16:12 | つれづれ | Comments(4)
Commented by えんび at 2007-12-17 02:19 x
こんばんは。
ネコが家にいついているという話は聞いていましたが、このブログを見てこれほどの関係とは思いませんでした。
うちのネコも9歳、人間で言えば65歳でしょうか。猫エイズという不治の病が発覚してだいぶ立ちますが、元気に生きています。
最近はネコより自分たちの方が心配になってきました.........
Commented by penelope33 at 2007-12-17 03:40
えんびさん(というかマチルダさん!)、ようこそいらっしゃいました〜
(ヘンな時間に書き込みしていますが、夕食後に爆睡してしまい、
これから本格的に寝るところです……)。

“これほどの関係”……そうなんですよ。
ヤマコの“本宅”の飼い主さんからすれば、まことに“ゆゆしき関係”ですよね……。
エンビちゃん、もうそんなお年になるんですねぇ。
大変な病気なのに、よくここまで……。
私たちも気がつくと結構な年ですねぇ。
ということで、近々お蕎麦でも(笑)。
Commented by あらためて、 at 2007-12-18 00:57 x
こんばんは。えんび(夫)の方でした。ネカマのつもりではなかったのですが............えんび(マチルダ)には伝えておきましたので。
Commented by penelope33 at 2007-12-18 01:12
あっ、エンビちゃんのパパのほうでしたか!
これは大変失礼いたしました……。



<< 大江戸骨董市(12/16)      インド育ちのバインダー >>