2008年 01月 06日

Berndt Friberg の花器

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

今年はたぶん、
ものすごく地味で些細な日々の事柄をセキララに書くか
(その場合、骨董好き・古道具好きの方は退屈かもしれません。ごめんなさい)、
ほぼ毎日更新のペースを落とすか、どちらかになるような気がします。
ここで紹介したくなるような品には、なかなか巡り会えないので。

基本的にはユルい感じで、ときどき個人的な趣味で突っ走りますが、
どうぞテキトーにおつきあいくださいますよう。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


お正月に千両の一枝くらい飾ろうと思ったのだけど、
いつも酒器ばかり買っているからちゃんとした花器がない(反省……)。
そこで、どこか東洋的な雰囲気のある
スウェーデンの陶芸作家Berndt Fribergの花器を使ってみた。
本日ようやく撮影。

(1950〜60年代/高さ:約11cm)

f0151592_15412974.jpg






Berndt Fribergの日本語表記はさまざまだが「ベルント・フリーベリ」が一般的だろうか。

フリーベリの作品など、
20世紀の北欧の工芸品が世界的に注目を集め始めたきっかけのひとつは、
'88年にエイズで亡くなった写真家のロバート・メイプルソープの遺品の
北欧のセラミックやガラスのコレクションが、
'89年にクリスティーズ・ニューヨークで競売にかけられたことだったという。

フリーベリ作品を撮ったメイプルソープの写真もあるようだが、私は未見。

f0151592_15414985.jpg

赤い実にピントを合わせればよかったのに、器のほうにピントを合わせてしまった……。

by penelope33 | 2008-01-06 15:49 | ウチのもの | Comments(11)
Commented by sa55t at 2008-01-06 17:31
年明け第一弾ですね。改めておめでとうございます。
「セキララ」骨董だけではない楽しみが出来たみたい(悪趣味のぞき失礼)
こちらも絵は売るほどあるのに、内容が文章が・・・。
本年も宜しくです。
Commented by penelope33 at 2008-01-06 23:36
sa55tさん、御無事で何より。今年も宜しくお願いいたします。

「セキララ」っていっても「衝撃の」とかではなくて、
「ビンボー臭い」方面かと思われます(笑)。
Commented by びっき☆ at 2008-01-07 00:45 x
あけましておめでとうございます。
僕も以前は、毎日更新を目指し、ミクシィでは1年間皆勤を達成しましたが…
半ば義務的になっている事に気付き、今は書きたい時だけ書いています。
>基本的にはユルい感じで、ときどき個人的な趣味で突っ走る。
これ、いいですね~でも、ガラスと限定しちゃったからな…(もういっこ作るかな)
花瓶の写真、陰の使い方が素晴らしいですね。(また参考にしよっと)

そんなこんなで、今年も宜しくお願いします。
Commented by penelope33 at 2008-01-07 01:07
びっき☆さん、あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

びっき☆さんのコレクション、幅広く奥も深いから……。
ひとりで複数のブログってすごいですね〜。@@;

家のこの場所に陽が差す時間が限られているので、
お腹をすかせながら急いで30枚位撮りました(「数打ちゃ当たる」式です)。
もういいかげん今年のスタートを切らなくちゃと思って(笑)。
Commented by るー at 2008-01-07 08:38 x
ペネさん、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします!
かっこいー年賀状、ありがとうございました。
さっそく飾らせてもらってますよ~

第1弾のお写真、光と影がなんともいい感じでステキです。
Commented by いしころ at 2008-01-07 10:20 x
陰影が素敵な写真ですね〜
花器も素敵ですが〜

一ヶ月前に友人の結婚式でもらったお花を
痛んだところを取りながらずっと飾っています。
ガーベラって長くもつんですね!
やっぱり花があるのって良いな、と思ったので
これが枯れてしまっても、なにかしら花を置いておこうと思っていますが
うちには花器がないので探し中です
(ジャムの瓶に入れ中・・・・;)
Commented by penelope33 at 2008-01-07 13:27
> るーさん

あけましておめでとうございます。
こちらこそ、元旦に抜けるようなブルーの年賀状をありがとうございました。
私のは何日に長崎に届いたのかなぁ……(反省)。

昨日は東京はお天気がよくて、よい日差しでした。
一転して今日はどんよりです。

> 石ころさん

私も普段花はガラス瓶に差すのがほとんどです。
ガーベラ、1本でもパッと華やいだ感じがしてかわいいですよね。

曇っている今日も、何かしら撮ってみようと思います。
Commented by casta6c at 2008-01-07 16:31
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
それにしても光の使い方上手いです。
鉛筆デッサン、修練のたまもの?でしょうか。(笑)
Commented by penelope33 at 2008-01-07 21:30
casta6cさん、あけましておめでとうございます。
こちらこそ今年も宜しくお願いいたします。

いやー、デッサンは……下手でしたねぇ。
ただ、受験期にD・ホックニーの
花を活けた花瓶の影がテーブルから壁にかけて映っている絵を観て、
その絵にモロに影響を受けた平面構成をやったことを思い出しました。
直前の冬期講習だけ通った立川美術学院でのことです。
遠い遠い昔ですね(笑)。
Commented by N.Kojima at 2008-01-07 21:58 x
いい花器ですね。
初めて知りました。
飽きがこなそうですね^^
Commented by penelope33 at 2008-01-07 22:33
N.Kojimaさん、こんばんは。
そうですね。さりげなく、それでいて存在感があり、見飽きません。
そして、花を生かす器なんだなと、今回改めて思いました。


<< 漆喰とステンレス('0...      塵も積もれば >>