2008年 01月 17日

寝こ

寒くなってからヤマコの眠っている時間が長くなった。
外からウチに帰ってくると、エサを食べ、
小さな年代物の電気ストーブの前に敷いた座布団で眠る。
まさに三食昼寝つき(いや、五食くらいか?)。
1日3回くらい “外出” するので、
帰って来るたびに、使い古しの「白雪ふきん」をお湯でしぼって体を拭く。

夜は私の布団の上でアンモナイトみたいに丸くなって寝るのだけど、
ストーブの前ではわりと余裕というか、ユルいくつろぎのポーズをしていることが多い。
こんな体操選手のような「V字型」や前脚をタランとさせた「うらめしや型」などは、
ヤマコ独特のスタイル……かな?

f0151592_16543198.jpg




最近は寒すぎて、元気のありあまった状態で帰ってくることもあって、これが厄介。
1階と2階の間を猛ダッシュしたり、
機材の裏(←暗くて暖かくて大好き)に隠れたり、
いきなり障子や襖に飛びかかったり。

だいたい眠っているか動き回っているか、そのどちらかなので、
眠っている写真ばかりでもつまらないかと思って、
最近はあまり写真を撮っていない。

猫ブログをやっている人たちは、
シャッターチャンスを逃さないようにいつもカメラを手元に置いておくのだろうけど、
面倒なのでそこまではしない。

by penelope33 | 2008-01-17 16:55 | つれづれ | Comments(10)
Commented by sa55t at 2008-01-17 20:12
どうも集客力を上げるには猫か犬をまつるよ宜しいとか。
良い国だと思います。
Commented by penelope33 at 2008-01-17 20:25
姉から「ヤマコはどうしているの?」と聞かれたものですから……。
Commented by Awavi。 at 2008-01-17 22:26 x
良いカタチのニャンモナイト!
外から帰って来る・・すっかり我が家なんですね。笑
Commented by penelope33 at 2008-01-18 01:26
体感温度が下がると、よりニャンモナイトらしくなります。

外から帰って来る……今でも見えない括弧つきなんですけどね(笑)。
なんて書こうかなと思いましたけど、
どう考えても「遊びに来る」っていうレベルは越えてるので。
お隣りの奥様からは「お宅の猫ちゃん」と言われてます……。
Commented by casta6c at 2008-01-18 19:54
この猫の柄、
むかーし飼っていた“タマシャン”そっくりです。
雄でしたが小さな猫でした。
外から帰ってきたとき、自分かららごろりと横になって、
よごれた足を拭いてもらう。
そんな変なしつけが出来てました。(笑)

彼は嬉しいとき、あしみするのが癖でした。
別れの日、彼はあしふみをしながら旅立ちました。
Commented by penelope33 at 2008-01-18 21:08
“タマシャン”、かわいかったでしょうね……(涙)。

私にもキジトラ猫の「あしふみ」の思い出が……。
このページに書いてありますので宜しければ。
http://seirentei.exblog.jp/6885657/
Commented by Awavi。 at 2008-01-18 21:33 x
> お隣りの奥様からは「お宅の猫ちゃん」と言われてます……。
違うんですよ〜!
なんて説明すると余計怪しまれる関係のようで可笑しいですね。
僕も、ノラ猫以上〜飼い猫未満くらいの存在の猫が欲しいです。笑
Commented by penelope33 at 2008-01-18 21:59
もう黙って微笑むばかりでした……。
Awavi。さんにもまたよい猫との縁ができますように。
Commented by casta6c at 2008-01-19 12:53
拝見しました「あしふみ」の記事。
喉を鳴らしながら「あしふみ」していたのは、
幸せを満喫していたからなんでしょうね。
今思えば、餌の時間に良くやっていたような。
Commented by penelope33 at 2008-01-19 13:42
そうですね。
“タマシャン”、とっても幸せだったんだろうなと思います。


<< 大きな蒸発皿      ディゴワン&サルグミンヌ窯の12角皿 >>