2008年 01月 24日

偏屈王

今日は某所で “外商”。
いろいろお買い上げいただき、すっきりした。

泡銭が入ったからというわけではないが、
帰りにひさしぶりに “ウィンドウ・ショッピング” をした。
(……というか、自分では “パトロール” と称している)。

勤め人だった頃は、仕事帰りや休みの日によく街を歩き、店を見てまわった。
渋谷、原宿、代官山、恵比寿、銀座、新宿、吉祥寺……。
服や靴、CD、本、雑貨、映画……。
その頃からグルメではなかったけど。

今は1日中永福町にいることも多い。
このブログも実は
「どこまで内向きのネタでいけるか」というのが “隠れテーマ” としてある。
「どこそこに出かけて、これを見た・食べた」といったブログはたくさんあるから。

f0151592_21271018.jpg






近頃は、用事のついでに街中に出ていろいろな店をまわっても、
昔ほど物欲をかきたてられることがなくなった。
いわゆる “ストレス買い” もなくなった。

もともとファッションに関してはトレンドは追わないタイプだけど、
年を重ね、自分の定番が決まり、
シーズンごとに何か買いたくなるということもなくなってきた。
もう “ビジネス用” に年相応の格好をする必要もないし。

それと、古いモノを真剣に吟味して買う生活をするようになって、
なんだかフツーの新しい雑貨類にあまり魅力を感じないようになった。

今日、西洋アンティーク店からPARCOまでいろいろ見て歩いて、
最初は「永福町の穴蔵から出てきた
(モノの善し悪しがわかる)『巌窟王』」のような気がしたのだが、
「これはチャチ」だの「これは趣味が悪い」だのと品定めしているうちに、
「『巌窟王』っていうより『偏屈王』……?」という気がしてきた。
特に、アンティーク風につくってあるものが気持ちが悪い。
画像の上のほうにある卓上ランプとか……。

それは私がいまだに20代のヒトが行くような店をテリトリーとしていて、
最高級のオトナの品物を扱う店に行かないせいなのかもしれないが。
(リッチじゃないからリーズナブルでないとダメなのだ)。

ただ、いわゆる贅沢品は買えないし買わないけれど、
毎日使う日用品に関しては、
「これだ」と思ったら、服より高いものを買ったりする。
今ほしいものは、棕櫚のほうき。
京都の「内藤商店」まで行く余裕はないので、東京の「白木屋伝兵衛」あたりで。
「本当に必要?」「分不相応じゃないの?」と自分に問いかけながら、
機が熟すのを待っている。

by penelope33 | 2008-01-24 21:45 | つれづれ | Comments(8)
Commented by Awavi。 at 2008-01-24 22:43 x
“アンティーク風に作ったモノが気持ち悪い”
って、分かるような気がします。
存在が薄っぺらなんですよね〜。
たとえ元は安物でも、時代を経たモノの存在感には適わないと思います。
オトコのくせにクウネル趣味な自分ですが、
あちこちの骨董市やフリマ見ていて、
理解し難いのはカントリー系です。(笑)

国産手作りの棕櫚のほうき、いいですねー。
掃除するのが楽しくなりそう。
たぶん中国製の安物ならウチにも一本ありますけど、
ホコリも立たないし使いやすいです。
モノを購入する計画を練っていたり、
下調べしてみたり、
期が熟すのを待っている時間も楽しいんですよね。
Commented by penelope33 at 2008-01-24 23:02
> 存在が薄っぺら
たとえ元は安物でも、時代を経たモノの存在感には適わない

はい。おっしゃる通りです。
それに、昔のものってだいたい材質やつくりが今のものよりいいですよね。

カントリー系も、レースとかハートマークとかはニガテですが、
ずいぶんシンプルになってきたんじゃないでしょうかねー。

モノを買う前に熟考するということでは、
やはりAwabi。さんのことを思い出しました(笑)。
Commented by sa55t at 2008-01-25 00:46
これって凄く難しいんですが、今の家が私はダメなのです。
あのプラスチックと合板。
贅沢な家でなくて良いんですけど「フツーの素材」の家って今は立てられないのかな?
Commented by penelope33 at 2008-01-25 01:03
私は新築の家に住みたいと思ったことが一度もないので、
いい年をしてこのくらいの家がこのくらいでつくれるとか、全然わからないのですが……。
昔の家のように無垢材を使って、ある程度の広さがあってというと、
……どうなんでしょうね?

この手の本はいろいろ出ていますが……(読んだことがありません)。
http://www.amazon.co.jp/感動と癒しの「木の家」に住みたい-中野-博/dp/4534039166/ref=pd_sim_b_img_1
Commented by sa55t at 2008-01-25 23:26
ははは、工務店や設計士に誘導する本。これはどうかわからないけどずいぶん読みました。最後は「今まで述べてきたことは全てうちで出来ますやってます」ッテのが多いんだ、これが。でもさすがとうなずける本もあります。
Commented by penelope33 at 2008-01-26 01:19
はぁ、そうでしたか。カタログみたいなもんですね。
まぁ、掲載されている家が気に入って予算が折り合えば、結構ですよね。
あとは古民家移築・改築しかないんでしょうかね……。
Commented by sa55t at 2008-01-26 04:03
服部真澄になれと・・・・・!
Commented by penelope33 at 2008-01-26 19:47
ひとつの例えですよ……。
門外漢ですので、このへんで……。


<< 李朝会寧茶壺      雪の日 >>