青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 02月 14日

Kaj Franckのオードブル皿 KF-2

ARABIAつながりでちょっとマニアックなところにいってみますかね……。

思わぬところで入手した、カイ・フランクのデザインによるオードブル皿「KF-2」。

普段は日常的に使える器しか買わないし、
主に住宅事情からあまりオブジェというものには手を出さないのだけど、
さすがにこれは使わない……というか使えない。
あまりにモダンで、なんだか神々しくて。

といっても、突き放すような冷たさはない。
カイ・フランクのデザイン独特の温かみがある。

写真が凡庸なので実物のよさがよく伝わらないかと思いますが。

(1965年/フィンランド・ARABIA窯/縦25cm・横30.8cm・高さ3.8cm/在庫アリ)

f0151592_17461327.jpg




もしカイ・フランクが生きていたら、
この三角形で構成された幾何学的なフォルムに、
現代のレオナルド・ダ・ヴィンチと言われたバックミンスター・フラーの影響があったのかどうか、
尋ねてみたい気がする。

f0151592_17462915.jpg


縦にして保管したせいか入手後に大きな貫入が入ってちょっと動揺した。
こういったヴィンテージの陶磁器のコレクターは貫入を嫌う。
私個人としては全く問題ないのだけど……。

f0151592_17464964.jpg


近年KF-1のほうは復刻されたが、なぜかこのKF-2は復刻されなかったようだ。
正方形のKF-1のほうが、見た目がフツーでおさまりがいいからだろうか……?

by penelope33 | 2008-02-14 18:06 | 古いもの・古びたもの | Comments(8)
Commented by casta6c at 2008-02-14 18:42
こんにちは。
デザインもおもしろいし、実用的?
って普通のお皿の使い方は出来ませんね。(笑)

例のカレー屋の4種類コースだったら、もってこいですね。
今日、オススメのほうれん草とマッシュルームの食べましたよ。
いいですね。あれは。

全然関係ない話ですいませんでした。
Commented by Awavi。 at 2008-02-14 22:31 x
コレ面白いですね〜!
フラードームっていうよりも、
僕は折り紙やペーパークラフトをイメージします。
確かに普段使いには難しいけど、人が集まったときに、
これにオツマミ盛って出したら、ちょっと自慢出来そうですね。
Commented by penelope33 at 2008-02-15 00:09
> casta6cさん

サムラート、4種類のコースもありましたっけ?
私はいつもあの巨大ナンと2種類のカレーでお腹いっぱいで……。
ほうれん草とマッシュルームの、お気に召していただいてよかったです。^ ^
Commented by penelope33 at 2008-02-15 00:13
> Awavi。さん

なるほどー。
ヤマ折り、タニ折り……そういえばひさしくやってないなぁ、折り紙。

オツマミ、ちょっとしか入らなさそうですけど、
この皿が話のツマミになりますかねーw。
Commented by sa55t at 2008-02-15 05:06
こりゃ洗うのたいへんだ by人間食洗機
Commented by penelope33 at 2008-02-15 11:50
拭くのもタイヘンですよねー。
Commented by casta6c at 2008-02-15 16:05
ごめんなさい。4種類はありませんね。
3種類までですね。(笑)出任せです。
っていうか、3種類とサラダかな。あえて言えば。
Commented by penelope33 at 2008-02-15 18:09
「むむっ、新メニュー!?」と思いました w。
名前
URL
削除用パスワード


<< ドイツ製の油差し      冬のスープ三段活用 《その3》 >>