青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 03月 12日

ふたつのガラス徳利

大正頃の極薄のガラス徳利。
「今までよく御無事で……」と言いたくなるかそけき姿。
私の手元で“事切れる”ことのないようにしなければ……。

左は、徳利らしい形に葡萄の文様のグラヴュールが施されたもの。
右は、ゆらゆらした質感、“徳利”というより“ボトル”といった印象のもの。
どちらかひとつを選ぶとしたら個人的には右のほう。

f0151592_22223526.jpg






f0151592_22224934.jpg


でも、この控えめな装飾がもたらす“華やぎ”が目に愉しく心地よいときもある。

f0151592_2223229.jpg

ストンとした円筒形のグラスは戦前くらいのもの。
カマンベールチーズを載せた白い小皿は、オランダのままごと皿。
フォークは、試しに買ってみた三谷龍二さんのもの
(私には三谷さんのものはこのくらいで十分、かな?)。
小さな琺瑯盤はイギリス製。医療用だろうか?

……以上、今夜の晩酌セット。
この葡萄柄の徳利は独酌のワイン専用(飲み過ぎなくてよいです)。

by penelope33 | 2008-03-12 22:30 | ウチのもの | Comments(10)
Commented by とんぼ at 2008-03-12 22:39 x
偶然、ステキなブログに漂着して、チョット嬉しい気持ちになりました。
数多の古物があるなかで、その感性が一致する喜び、、、。
小生も縁あって、月一に骨董市に出店していますが、ここまで研ぎ澄まされて感性を見習いたいなと、思いました。また拝見させてください。今週の日曜日の天気は大丈夫なようで、、、何よりです。
Commented by penelope33 at 2008-03-12 23:19
とんぼさん、はじめまして。

身に余るコメントをいただき、恐縮しております。
修行中の身ゆえ、同業の方に御覧いただくのはなんとも恥ずかしいのですが……。 ^^;

栗の家骨董市、行ってみたいと思っていたんですよ!
でも電車で行くものですから、「旅」に出るつもりで前日から乗り込まないと、
朝イチでは行けません……。
30日の「栗の家」、それと4月5,6日の「第1回つくば骨董祭」、
できればどちらかに行ってみたいと思います。
その際は御連絡させていただきますね。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。
Commented by casta6c at 2008-03-13 20:18 x
こんばんは。
一年に数個のコップをこわしてしまう私には、
さわれませんね。(笑

コーヒーメーカーのサーバーも、
このまえ3、同じ物の3個目を電気屋に頼んだところです。(T-T
Commented by びっき☆ at 2008-03-13 20:19 x
僕も迷わず、右をチョイスします^^;
こんな晩酌もいいですね~
最近は、日本酒や焼酎、泡盛ばかりです。

カマンベールチーズ、大好物です♪
Commented by penelope33 at 2008-03-13 20:42
> casta6cさん

コーヒーメーカーのサーバー、結構壊しちゃいますよね。
古いコップ以外では、もともと業務用だというこのタイプ
http://item.rakuten.co.jp/k-online/672-103-24/ を使っています。
滅多に割れないですよ。

> びっき☆さん

そういえば、びっき☆さんのガラス・コレクションに徳利はあるんでしょうか……?
それと、江戸ガラスって何かお持ちですか?
(私自身は使って楽しむタイプなので、あそこまでお金はかけられないんですが……)
Commented by casta6c at 2008-03-13 20:51
このコップはよさげですね。(笑)安いし!
マッシーパイは実現すると良いですね。
でも、同じことを考えてる駄菓子屋世代がいるんですねえ。
あれって、いまみたく箱入りじゃなくてバラ売りでしたものね。
駄菓子屋的ではありますね。(笑)
Commented by penelope33 at 2008-03-13 21:03
このコップ、日本でも既に定番的存在なんですよ〜。

個人的には「エンゼルパイ派」だったのですが、
それ以前に一番お世話になったのは「ライスチョコ」ですね。
Commented by とんぼ at 2008-03-13 22:37 x
こちらこそ、はじめまして。  私の骨董の師匠は、「持っていかなければ売れるものも売れない」と。かと云って、骨董の設えに空間が欠かせません。古物(この呼び名、好きです)の魅力を十二分に引き出していないのではと、自省してしまいます。そんな日々です。

さて、栗の家骨董市、是非足をお運びくださいね。手前味噌ですが、なかなか楽しめる空間です。お会いできるのを楽しみにしております。それでは。
Commented by びっき☆ at 2008-03-13 23:26 x
哺乳瓶ならありますが^^; 徳利はちょっとないです。
徳利によく似た物ならありますが…
これ→http://bikki.blog103.fc2.com/blog-entry-96.html

sazaeさんマスオさんが家に遊びに来てくれた時に鑑定してもらいました。
江戸ガラスらしき物が、2つほどありましたが^^;
Commented by penelope33 at 2008-03-13 23:42
> とんぼさん

「持っていかなければ売れるものも売れない」。
当たり前のような言葉ですけど、身にしみる言葉ですね。
「これは売れないだろうな……」とずっと家に置いていたものを、
ふと思い立って持っていくとあっさり売れたりしますものね。

こちらこそ、楽しみにしております。

> びっき☆さん

今、検索してみると、やはり日本酒の醸造法のようですね。
http://chirorityoko2.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_9c80.html
ということは、徳利なんですねー。

“江戸ガラスらしき物”、正体がはっきりしないのでしょうか……?
見てみたいですね〜。
名前
URL
削除用パスワード


<< 朝鮮古陶磁と Berndt F...      極北のふたご星〜『1×1=2 ... >>