2008年 05月 05日

仕入れ雑記〜『マリオ・ジャコメッリ展』 他

GW中の骨董イベントや定例の骨董市に足を運んだり、
普段お買い上げいただいている業者さんのお店に初めてうかがったりと、
一昨日・昨日(3日・4日)とあちこち歩いていろいろな方と言葉を交わす。
商いとして展望があるかどうかは別として、
求めれば無限に人の縁がつながっていく仕事だと、つくづく思う。

天気と同様にあまり気分はさえないが、
とりあえず安価な品を中心に、リクエストをいただいたもの、
滅多に見かけないものなどを粛々と仕入れ。

f0151592_0475272.jpg

















一昨日(3日)の夕方、くたびれていたので行くかどうか迷ったが、
6日で終わってしまう『知られざる鬼才 マリオ・ジャコメッリ展』にすべり込んだ。
右の「ライフログ」にアップしているこの分厚い写真集を見直すためのヒントをもらった感じ。

オリジナルプリントもいいが、家でゆっくり見られる写真集のほうがいいf0151592_15404966.jpg
(意図的にコントラストを強くしたジャコメッリの作品に関しては、特にそう)。
この写真集、ホントに買っておいてよかった。
もう増刷はしないのだろうか?

告知用に使われていたポスター(画像・左)が欲しかったなぁ……
(ただ、あの「また見つかった、永遠が」のコピーは
ちょっとハズカシイと思った。
モロにランボオの詩からのコピー=剽窃。
この詩集、読んでませんけど……)。


話は変わるが、仕入れなどで朝早く起きるとヤマコも一緒に起きてきて、
「どこに行くのー?」という感じで足にまとわりついて、なんとも落ち着かなくて困る。
ZOOによると、一昨日は私が出かけた後、
しばらく「クゥ〜ン、クゥ〜ン」と悲しそうな声で鳴いて、それからまたフテ寝しまったそうだ。
こんなふうに “親離れ・ネコ離れ” のできない間柄になってしまって、
いったいこれからどうしたものか……。

下の画像は、昨日の帰宅時のヤマコの熱烈なお出迎え(素早い動きにカメラ追いつけず)。
悲しそうな声で鳴くというのもそうだが、
ピョンピョンと何度も脚にタックルする様はまるで犬のよう。
ヤマ公……。

f0151592_0481460.jpg

f0151592_0483196.jpg


by penelope33 | 2008-05-05 00:55 | つれづれ | Comments(6)
Commented by sa55t at 2008-05-05 05:04
うーんいけない今回。
残念。
Commented by penelope33 at 2008-05-05 09:26
それは残念ですねぇ。
でもこの写真集(黒+ベージュの2色刷り)のボリュームと比較すると、
こじんまりとした展覧会でした。
ウチに帰ってから“反芻”しています。
Commented by るー at 2008-05-08 13:23 x
>マリオ・ジャコメッリ展
ああああぁぁ。どなたかのブログで読んで、行きたいなぁと思っていました。
白×黒。。。。。すてきですね。

猫って、ほんと寄ってきますよねー。すりすり。
ヤマっち、かわいいです^^
うちにいた猫は、足の間を8の字にくるくる回って「エサくれコール」をしてました。
回りすぎて、バターになっちゃうんじゃないかと思うくらいでした。

Commented by penelope33 at 2008-05-08 15:25
展覧会に合わせて出た本↓
http://www.nadiff.com/japanese_books/exhibition/1.html
があります
(会期中は2,000円だったのですが、今は2,500円。買っておけばよかった……)。

今はすりすりされると毛がゴッソリと……^^;。
8の字にくるくるって、かわいかったでしょうねー。
“トラのバターのホットケーキ”、永遠のアコガレです。
Commented by take at 2008-05-21 08:27 x
http://www.ephinx.com/tvadverts/22/stella-artois-ice-skating-priests-advert.html
ステラアルトワ、ビールのTVCM。英国でさんざん放映されて御馴染みの映像です。
Commented by penelope33 at 2008-05-21 11:04
Takeさん、日本では見られない映像をありがとうございました。
やっぱり広告業界ってえげつなーい!

昔、Victorのビデオか何かのCMで、
トルコの旋回舞踏 http://jp.youtube.com/watch?v=hyP_0zz4JqM&feature=related
のパクリを観たこともありました。


<< ジャコメッリとロッセリーニ      ARABIA窯のココット皿 >>