青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 05月 19日

チョコレート色の琺瑯ジャグ

陶器の水瓶を思わせる形のフランスの琺瑯製ジャグ(水差し)。
実物の色は画像よりもう少し落ち着いたチョコレート・ブラウンで、
いかにもミルクが似合いそう。
もちろんコーヒーやお茶のポットにも(たっぷり1L入る)。

蓋をあけるためのアルミ製つまみのわずかな装飾が好ましい。

(1950〜60年代/胴径:約11cm・幅:約17cm・高さ:約17cm/御売約)

f0151592_20221115.jpg




f0151592_20224789.jpg


f0151592_2023710.jpg


f0151592_20232458.jpg


f0151592_20234086.jpg


f0151592_20235648.jpg


by penelope33 | 2008-05-19 20:27 | 古いもの・古びたもの | Comments(4)
Commented by びっき☆ at 2008-05-19 22:05 x
わぁ~これはまたお洒落なミルクポット、もとい!水差しですね。
この赤、好きです。
コロナをレストアした時に、こんな色にしようかと迷いました。
結局はバスタブの色にしたんですけどね^^;
それにしても、こんなお洒落なモノをどこから探してくるのですか?
Commented by penelope33 at 2008-05-19 22:23
こんな色のクルマがあったらステキですねー。
見るからにおいしそうな色なんですよ。
フランスに行くお金がないので、某所でおじさん業者さんから(笑)。
Commented by take at 2008-05-21 08:36 x
ポーランドや中国のレプリカモノではありえない重ね焼きの琺瑯の厚みですね。全体のフォルムは、時の流れで、やがて魔法瓶に移行していくプロトタイプの感じです。さすがフランス製。
Commented by penelope33 at 2008-05-21 11:10
そうなんです、とても分厚い琺瑯で、しっかりしたつくり。
なるほど、確かにこれは魔法瓶につながる形ですよねー。
名前
URL
削除用パスワード


<< 漆の木鉢      庭仕事 >>