青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 05月 25日

喜多村光史さんの蕎麦猪口

'99年10月に永福町のアパートから今の借家に引っ越し、
12月に、仕事が立て込んでいたZOOが途方もない量の荷物と一緒にやってきた。
結婚式やパーティなどを一切せず、年末21日に区役所の出張所に結婚届を出した。

ひとりで暮らしていたときは、
来客時、熱い日本茶や中国茶は京橋の「美々卯」の湯呑み
「SAZABY」の白やクリーム色、淡いグレーの無地の蕎麦猪口、
紅茶やコーヒーはイギリスの「Woods & Sons」のクリームイエローのC/Sで、
冷たいのみものは大小の「DURALEX」のグラスに入れていた。

でも湯呑みやC/Sはそれぞれ3客しかなかったし、
無地蕎麦猪口は少しづつ買い足して6客揃えたものの、とても小振りだったから、
まずは飽きのこない少し大きめの湯呑み、
できれば多目的に使えるものをいつか買いたいと思っていた。

f0151592_2232227.jpg




結婚してどのくらいたった頃だったか、ふらりと出かけた麻布十番の「さる山」さんで、
この喜多村光史さんの白磁蕎麦猪口に出会い、並んでいた6客全部をエイッと買った。

高価な古伊万里白磁蕎麦猪口と比べれば手頃な値段(確か1客3,150円)だったし、
大振りなのでお茶でもコーヒーでも普通の骨董猪口よりたっぷり飲めるのがいい。
スタッキングできるので収納場所もあまりとらない。
店主の猿山さんから「これで赤ワインなんて飲むと……」とうかがい、
桜色に染まった白い肌が目に浮かんだ。

f0151592_2234065.jpg


↑ だいぶ「味」が出てきているもの。↓  

f0151592_224544.jpg


f0151592_2242773.jpg


あまり「味」がついていないもの。↑
↓ なるべく均等に使ってきたのだけど、これだけ差が出てきた。

f0151592_2245532.jpg


今も昔も私の食器棚はこの通りなので、使用頻度の少ない器はどんどん追いやられていく。
TEEMAのマグを揃え、白磁ではないけれど普段使いの蕎麦猪口も増えてきて、
日本茶にも合うこの白いゴブレットを買い、
ついにこの蕎麦猪口たちがはみ出してしまった。

オークションで売ろうかとも思ったのだけど、
こうやって来し方を書いていると、自分の信条をちょっと曲げて、
使わなくても大事にとっておいたほうがいいのかなという気もしてくる。

ちなみに「美々卯」の湯呑みはとうの昔に処分、
「SAZABY」の蕎麦猪口は2個だけ残して売り、「DURALEX」は “控え選手” に退き、
「Woods & Sons」のC/Sは同じシリーズのボウルと物々交換した。

f0151592_2251065.jpg

【追記】今年のはじめからまた普段使いに復活。愛用しています。(2009.2.17)
→その後、お好きな方にお譲りしました。

喜多村さんの「粉引蕎麦猪口」はこちらに。

by penelope33 | 2008-05-25 22:10 | ウチのもの | Comments(6)
Commented by take at 2008-05-26 00:57 x
清楚にして懐深い感じですね。

僕達もウッズを随分集めました。
英国では歴史のある大衆食器メーカーです。
金ぴかフルデコレーションの高価なものより僕等には数倍「宝」です。
Commented by penelope33 at 2008-05-26 01:29
そうですね。“育てる”愉しみがある器です。
好みが、骨董か“業務用っぽい”ものと二極化してしまって、
出番がなくなってしまったんですが。

ウッズ、よく出品もされてましたね。
落札して数を揃えようかと、いつも悩んでました(笑)。
私が持っているのは、このページ
http://www.thepotteries.org/ware/wood_sons/index.htm
のBERYL WAREと色違いのJasmineです。
'80年代に渋谷LOFTのセールで1客500円で買いました。
Commented by Awavi。 at 2008-05-26 22:48 x
やや!これは良いですね。好きです。
色々あっても使うモノって、限られているんですよね。
ボーダーラインからはみだしたら、わが国へ拉致しても良いですか?笑
Commented by penelope33 at 2008-05-26 23:15
検討させていただきます(笑)。
Commented by るー at 2008-05-29 10:36 x
「これにしか使えない」ものの魅力っていうのもある一方、
「用途いろいろ。超便利」の魅力もありますね。

蕎麦猪口はその代表で、うちは、おかきとか飴玉とか
入ってるときあります。万能選手。

器を「育てる」っていいですねー
Commented by penelope33 at 2008-05-29 13:54
ウチの食器棚がもう少し大きければ、
こんなにシビアにならなくてもすむと思うのですが……。 ^^;
蕎麦猪口、スタッキングもできるし、便利ですよね。
おかきとか飴玉って女性らしい……(ウチはおつまみ系……)。

「育てる」って骨董オヤジ的な感覚なので、
「シミがきたない」と思う人も多いでしょうね(笑)。
名前
URL
削除用パスワード


<< 『Lucie Rie ルーシー...      霊感はどこからやってくるのか ... >>