2008年 05月 28日

ARABIAのティーポット GA3

これがこの事件の遠因となった(?)ティーポット、ARABIAのGA3。

フィンランドARABIA社のウラ・プロコッペ(Ulla Procope/1921-1968)
1955年にデザインしたもの。

f0151592_22362831.jpg




f0151592_2237391.jpg


ウラ・プロコッペは1948年から1968年までARABIA社の専属デザイナーとして活躍し、
今なお愛されているルスカ(Ruska)、ヴァレンシア(Valencia)、アネモネ(Anemone)など
ベーシックで暖かみのあるデザインの数多くのロングセラー商品を手がけた。

彼女は親日家だったそうで、どことなく「和」に通ずる印象の作品が多いが、
特にこのポットは日本の急須を思わせるデザイン。
著名な料理研究家やスタイリストなどが愛用しているとメディアで広がり、
和の器との相性も抜群ということで、人気が出たようだ。
“△△さん御愛用” というのはどうでもいいのだけど、
あまり高騰しないうちにと急遽購入することにした(KILTAさん、ゴメン!)。

通常はマットな質感の黒・茶・白の釉薬のものが多く、この艶のある白は希少。
持ち手を含まない高さが約15cm、容量は約0.7L。
高さ10cm程の小さいサイズのもの(=GA1)もある。

f0151592_22372327.jpg


by penelope33 | 2008-05-28 22:44 | ウチのもの | Comments(8)
Commented by sizanne7 at 2008-05-28 23:15
ありがとうございました!

このポット、日本のものかと思いました。丸さが。
いいかんじです。
Commented by penelope33 at 2008-05-28 23:47
いえいえ、こちらこそ。 ^^

ホントに日本のものみたいですよね。
でも、ありそうでなかったデザインなんだと思います。
Commented by take at 2008-05-30 18:44 x
ハンドルの取り付け位置に斬新さを感じ、
ハンドル自体にとても郷愁を感じますね。
Commented by penelope33 at 2008-05-30 19:05
そうですね〜。
今ついてるハンドルが壊れたら、
フツーの急須の持ち手で代用できればいいんですが、
まだ試していません……。
Commented by knk at 2008-05-31 17:57 x
うわー!
これすっごく好みです。
販売されているのでしょうか?
是非購入したいです!
Commented by penelope33 at 2008-05-31 23:25
お気にとめていただき、ありがとうございます。
「ウチのもの・ウチのこと」「つれづれ」のカテゴリで記載しておりますお品は
基本的には私物でございますので、
申し訳ございませんが販売はいたしておりません。

「ARABIA GA3」「ウラ・プロコッペ」「Ulla Procope」などで
検索くださいますようお願いいたします。

現時点で「ARABIA GA3 」で検索した結果は以下のページになります。
http://www.google.com/search?client=safari&rls=ja-jp&q=ARABIA+GA3&ie=UTF-8&oe=UTF-8
Yahoo!オークションにマットタイプの
白と黒のポットが出品されているようですね。

また、お値段は高めですが、下記のネットショップで在庫があるようですので、
宜しかったらお目通しくださいませ。
http://donum.jp/?mode=cate&cbid=127494&csid=0&sort=p&page=6
Commented by knk at 2008-06-02 22:47 x
よく見もせずに書き込みを致しまして申し訳ございませんでした。
また、丁寧に教えていただきましてありがとうございます。
是非探してみようと思います。

これからもブログ楽しみにしております。
Commented by penelope33 at 2008-06-02 23:42
いえいえ、とんでもないです。
私にとってはかなり高額な買い物でしたが、
個人的には昨今の作家物のポットより飽きのこないデザインのような気がしまして、
思い切ってオークションで落札いたしました。

今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。


<< 似ている。誰に?      『Lucie Rie ルーシー... >>