青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 06月 11日

世話のやけない草木草花

「ビヨウヤナギ」という名前、実は最近初めて知った。
「6月 黄 花 五弁」といったキーワードで検索し、
「あ、これこれ!」と画像で確認してたどりついたのである。

学名「Hypericum chinense」。
中国では「金糸桃」と呼ばれ、日本には300年程前に渡って来たという。
漢字だと、中国の故事から「未央柳」、また花が美しいことから「美容柳」とも書くそうだ
こちらのページに詳しい)。

頭にこの花の雄しべのような毛がふわふわっとしている鳥や猿がいたような気がする。
「金糸猿」じゃなくて……何だっけ?

去年は全然花をつけなかったのだけど、陽射しをさえぎる木が切り倒され、
何の世話もしないのに今年はこの通り。
クーラーの室外機をうまく隠してくれている。

右に見える器はヤマコ用。

f0151592_15293037.jpg




f0151592_1530193.jpg


5月から咲いているこの花は、今年初めて見る。
カラスの落とし物から芽が出たのか、家の近所のあちこちに青や紫の花を咲かせている。
「アメリカマルバアサガオ」というのが似ているけど、ちょっと違うみたい。
この強い繁殖力は外来種?
どなたかおわかりになる方はいらっしゃいますか?

梅雨時の高温多湿にはほとほとめげてしまうが、
世界の砂漠地帯のことを思えば、
草木が勝手に育って花を咲かせてくれるこの気候と風土はありがたいもんだなぁと思う。

……けど、やっぱり今日は蒸し暑い〜。

by penelope33 | 2008-06-11 15:33 | つれづれ | Comments(2)
Commented by g-bleu at 2008-06-12 15:59 x
こんにちはぁ^^
私も最近っていうか今月かも!ビヨウヤナギを知りました!
(何処でだったかは忘れました^^)
でも私、普通の木の枝垂れている柳がものすごく好きなんです!
あのユラユラっとしなやかな感じがすごくいい♪
昨年花をつけなかった花がいきなり今年は咲く!うれしいですよね!
よく、枯れたと思って植木鉢から出して庭に放置していたら翌年咲いた!
という話も聞きます!奥が深いです・・(笑
↓の英ピッチャーの白と後ろの紫がなんともいいです♪
Commented by penelope33 at 2008-06-13 01:50
私も柳、大好きです。
特に今頃の季節、近代美術館に行くときに見える竹橋・九段下あたりの柳が印象深いです。

このアンコのような紫色は、上のビヨウヤナギのそばの縁側と同じです。
たぶん腐食止めの塗料だと……と書くと、雰囲気なくなりますね。
我が家で一番 “シャビー”な場所かも(笑)。


<< ホウレンソウのカレー      1920〜1930年代のイギリ... >>