青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 06月 13日

ホウレンソウのカレー

夕方雨が上がってから細々とした用事を済ませるために都心へ出た。
最後の用事を済ませて渋谷LOFTを出たところで、
「ゴハンどうする? 『サムラート』のカレーでも買って帰ろうか?」とZOOに電話すると、
「いいねぇー!」とうれしそうだったので、
ヨイコラショともうひと頑張りして井の頭通りを東急ハンズ方面に向かった。

基本的に「外食ネタ」は画像付きで取り上げないつもりでいるのですが、
今日は定番の「中食」ということで。

f0151592_0263888.jpg




インド料理店「サムラート」は渋谷に……3つ店舗がある。
ランチ(11:00〜17:00)のときは、
1,050円の「2 curries set(ナンとライス食べ放題・サラダ・ドリンク付)」を食べに、
この地下の店に行き、
夕飯用に持ち帰りたいときは、
ウチで “スタンド・サムラート” と勝手に呼んでいるハンズのそばの店に行く。

ひさびさに買ったので、間違えてランチのときのように「2 curries set」を頼んでしまった
(ここのは1種類で十分なのに……)。
ナンかライスがついて1,200円(ま、普段つましいから、たまにはいいでしょう)


1店舗しかなくなってしまった(2012年9月現在)……。


ここのカレーでふたりとも共通して好きなのが、
「マッシュルーム・サーグ」というホウレンソウとマッシュルームのカレー。
その他に、ZOOはチキン、私はダール・タルカ(レンズ豆)かベジタブルというのが定番。
ナンも巨大なだけでなくとてもおいしい。

大皿はTEEMAの黒26cm。
黒のこのサイズは最近限定復刻されたらしい。

ボウルは耐熱ガラスの「ARCOROC」12cm。
食器、調理用具、保存容器を兼ねて、もう何年使っていることか。
食器棚が小さかったので(今も小さいが)、スタッキングのできるこのボウルを
サラダから鍋のときの取り皿にまでフルに使っていたのだけど、
今から思えば、好みが固まる前にハンパな食器をあまり買わずにすんでよかったと思う。
f0151592_19374068.jpg

同サイズ6個のうち、3個は輸入もののプラスティック蓋つき(画像・上)のセットだった。
この蓋がとても便利。今も売っていれば買うのに、ネットでも見当たらない。

大好きな「ホウレンソウのカレー」を再現してみたくて、2〜3回作ったことがある。
そのときの画像がこれ ↓ 。

f0151592_0265683.jpg


茹でたホウレンソウをミキサーにかけ、トマト味をベースに赤ワインとスパイスを加えた。
結構おいしくできたのだけど、
普段ホウレンソウはおひたしでパクパク食べてしまうので、なかなか作る機会がない……。


****************************


以下は「ホウレンソウのカレー」のヘナチョコ・レシピ。
加える食材の量によりますが、以下の分量でだいたい6食分位でしょうか。

【ベースになる材料】ホウレンソウ1把、缶詰カットトマト (400g缶)2缶、タマネギ大1個、
オリーブオイル、好みのカレー粉、スパイス、コショウ、塩、砂糖、赤ワイン1/2カップ

【+αの食材】缶詰マッシュルーム(200g缶)1〜2缶、しめじ1パック、大豆水煮(200g缶)1缶

(1)たっぷりの水を沸かし、塩を少々入れ、よく洗ったホウレンソウをさっと茹で、
冷水にとる。水気をしぼって、ざっくり切る
(ミキサーやフードプロセッサーがない場合は、なるべく細かく刻む)。

(2)タマネギをみじん切りにする。鍋でオリーブオイルを熱し、タマネギを入れ、
気長にいためる。このとき、好みでショウガやニンニクのみじん切りを一緒にいためると
パンチの効いた(って今日の死語……?)味になりそう。

(3)ミキサーにホウレンソウとトマト1缶を入れ、ペースト状になるまで撹拌する。
このとき、ちょっと動揺してしまう位、 ホウレンソウの緑色が強いのですが、
熱を加えるとカレーらしい色になるので大丈夫。

(4)(3)のペーストを鍋に入れる。ミキサーに赤ワインを入れ一瞬だけ撹拌し、
ミキサーの中に残ったペーストも残さず鍋にあける。残りのカットトマト1缶も加える。

(5)鍋の材料を煮ながら、好みの食材を入れる。私は “ゆるベジ” で “キノコ好き” なので、
大豆、マッシュルーム、しめじ(半分)などを入れます。
ジャガイモだったら小さめの角切りに、別の鍋でさっと塩茹でして、味つけ前に加える。
その他、鶏もも肉のぶつ切りや、ナス、ピーマン等、お好みの食材を塩コショウして
オリーブオイルかバターで炒め、盛りつけのときに添えるのもよいかと。

(6)味つけですが、私は家にあるウスターソース、ケチャップ、クレイジーペッパー、
バジル、市販のカレーパウダー、中華材料の鶏ガラ顆粒スープまたはホタテパウダーを
テキトーに入れ(鶏肉を加える場合は不要)、トマトの酸味を抑えるために砂糖少々、
最後に塩を加えて味を整えます。ガラムマサラ、コリアンダー、 チリ、ターメリック、
クミンなどが揃っているグルメなお宅は 、それらのスパイスをふんだんにお使いください。

(7)タマネギがトロトロになったら、残りのシメジを入れて少し煮てできあがり。
器に盛り付けて、あればピーナッツやアーモンドを砕いて乗せ、パセリを散らします。

ご飯も合いますが、シチュー同様、パンと一緒に食べてもおいしいです。

by penelope33 | 2008-06-13 01:04 | つれづれ | Comments(4)
Commented by るー at 2008-06-13 13:54 x
おいしそうですー 
今日はこれからご飯なので、
「おなかと背中がくっつくぞ@おはなのへるうた」状態のこちらには
非常にキキます。

そうですよね、前ホウレンソウカレーレシピ、教えていただきました。
美味しいので、皆さん!!おすすめです!!
Commented by penelope33 at 2008-06-13 15:16
るーさん、2時にお昼とはおつかれさまです。
あのレシピ、お試しいただいたんですね。ありがとうございます♪
Commented by g-bleu at 2008-06-13 15:21 x
おぉ~カレー大好きです!↑場所わかりました!ハンズの方ですね!
私はいつも西荻窪のガネーシャガルというところのカレーと恋に落ちて以来
ずっとそこなのですが、渋谷でカレーが食べたくなったら行ってみようと思います!
さっき、今日の記事を拝見して、実はお昼カレーにしてしまいました!
(しかもオリジンの!!泣)ほうれんそうのカレーが一番好きですねぇ~♪
是非、お時間ありましたらレシピの公開をっ!!
Commented by penelope33 at 2008-06-13 17:44
g-bleuさん、リクエストをありがとうございました。
ファジーな部分の多いレシピですが、UPいたしました。
御参考まで。

ハンズと同じ側にある、テーブル席のある「カレープラザ」には、
なぜか「マッシュルーム・サーグ」がなかったように思いますので、御注意ください。

オリジンは私も結構お世話になっています。
トッピングが選べるのがナイスかしらと、先日店内ポスターをボンヤリ眺めたところでした(笑)。
名前
URL
削除用パスワード


<< 石皿      世話のやけない草木草花 >>