青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 07月 23日

お盆は愉しい その1

最近姉がこの日記にある濃い色のお盆(2番目の画像・前から2番目のもの)を買ってくれた。
姉の器の好みは、手頃な作家物の粉引や、
北欧雑貨と家具の店に勤めていたときに集めたカラフルなARABIAのものなどで、
特に骨董好きというわけではない。

和骨董がお好きな方は、古いお盆を使う愉しさをよく御存知だと思うが、
一般的には、少し値の張るお盆というと、
来客時にコーヒーやお茶をサーブするときに使うものとお考えの方が多いのではないか。
また、テーブルセッティングに熱心な方は、
お気に入りのランチョンマットやきれいな塗盆を必要な人数分揃えていることだろう。

『自在屋』の屋号にふさわしく、
感覚的で自由な骨董づかいを提唱されている骨董商の勝見充男さんは、
御著書の『身近な骨董 酒の器をどうぞ』('98年/文化出版局 刊)で、
例えばワンルームマンションのテーブルに、欅の木地盆1枚を置くだけで
骨董の酒器にふさわしい“和” の空間を得る愉しさを語っている。
「盆とは、周りの空間に一線を画す結界の役割を持つ」と。

f0151592_8463110.jpg




こういったことはひとり暮らしをしていたときの私も経験済み。
(ただ私の場合は、安物の塗盆と印判皿だったけれど……)。
姉の場合も、黒々とした古いお盆が1枚あるだけで、
義兄の晩酌の器使いをあれこれ考えたり、料理をすることまで楽しくなったという。

そんなわけで、既に実践されている方には言わずもがなのことだけれど、
「MY盆の “小宇宙”」を持つ愉しさをまだ御存知ない方のために、
数少ない自宅の器と手持ちのお盆でコーディネートしてみた。

今回は口径(内径)約24.5cm、縁が高めで約4.1cmの、いわゆる煎茶盆。
通常、酒徒は立ち上がりの低い(縁があまり高くない)盆を好み、
こういった煎茶盆はお呼びじゃないのだが、
明るくナチュラルな色合いと
テカリの少ないマットな質感がよい感じかなと思い購入(売約済)。

上の画像は「おやつタイム」の例。

好きな白玉でもつくろうかと思ったのだけど、
暑いからやめて缶詰の榮太樓のみつ豆にした。
お料理やお菓子づくりが苦手な方でも、質素な料理やスーパーのお惣菜でも、
「食べたりのんだり」するときに豊かな気分を味わえるのが
古い(……というか “よい”)器のエライところだ。

みつ豆は、この大根サラダが入っているのと同じ、フランスのうすはりガラスのボウル。

冷たい三年番茶は、ここに載せた大きめの古伊万里丸文下がり藤蕎麦猪口。

黒みつが入っているのは、
骨董市で買った現代の器(益子あたりの産だと思う)でとてもキレがいい。

スプーンはイギリスの20世紀初頭のシルバー製。
スプーンを置いているのは古伊万里の竹薮文の豆皿。

f0151592_874100.jpg

こちらは「晩酌タイム」の例。

ARABIAのブラック・パラティッシのボウルが少し大きすぎるが、
柄のある洋皿はこれしか持っていないので、まあ御参考までに。
冷奴でもサラダでも枝豆でも。シンプルな食材が映える。

肩が張り底が少しすぼまったフォルムがきれいな、
昭和初期頃のガラス徳利(売約済)には、
キンキンに冷やした日本酒か白ワインでも。

グラスは、イッタラのカルティオのタンブラーの代わりに、
以前色違いで登場したフランスの19世紀末のキャンドル入れを。

江戸後期の瀬戸の豆皿をアクセントに。

こうするとどこか北欧風にも感じる今日のお盆である。

f0151592_8192279.jpg

うっすらと輪染みがあるが、さほど目立たないように思う(御売約)。

f0151592_820326.jpg


by penelope33 | 2008-07-23 21:09 | 古いもの・古びたもの | Comments(4)
Commented by sizanne7 at 2008-07-23 23:48
豊かなくらしって感じがします(金銭的でなくね)。
豊かな暮らしのお供にお盆。
我が家は超ボロいお盆を誰も捨てずに使ってますが、豊かというより超実用です・・・。まあいいか。
古くても木のお盆好きです!持った感じが。
Commented by penelope33 at 2008-07-24 00:33
私自身もよいお盆は抱え込まないで売ってしまうので、
結局20年以上使っているのは「運ぶ」機能に徹したアルマイトのお盆です。
でもこれからも“豊かな暮らし” の伝道者として地道な活動をしていこうかなーと(笑)。
Commented by びっき☆ at 2008-07-24 20:08 x
今まで、お盆ってあまり気にかけませんでしたが…
この日記を読み、なるほどぉ~と関心した次第です^^;
なんだか、いいお盆が欲しくなりました。

で、すっかり騙されました。。。キャンドル入れだったのですね。
Commented by penelope33 at 2008-07-24 21:42
びっき☆さんは、晩酌用のいろんなガラスが映えるお盆をたくさん用意しないといけませんねー(笑)。
色ガラスの場合、一番映えるのは白い琺瑯や銀色のお盆だと思いますが、
いい感じのものはなかなかないですね。

キャンドル入れ、本文中で「色違い」にリンクを貼りましたので、のぞいてみてください。


<< 琺瑯製のレンゲ      大江戸骨董市(7/20) >>