青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 09月 12日

蒸しパンと常滑の擂鉢

昨日「赤カブ便」で届いたサツマイモをふかしたら、なんだか甘くない。
川越育ちなので、この時期に甘くないサツマイモなんて許せんと思ったのだけど、
甘露煮にしたってZOOはほとんど食べないしな……。
ハチミツも切らしてるし。

ということで、99円ショップで買っておいたホットケーキミックスで、
(かなり唐突に)蒸しパンをつくることにした。

ちなみに彼は市販の「蒸しパン」は「虫を連想するから」という理由で食べないのだが、
まあ甘ったるくしなければ小腹がすいたときにつまむだろうと思い断行。

サイコロに切ったサツマイモにブランデーと三温糖をまぶしてタネに混ぜる。
母はよくアルマイトのお弁当箱を型にしてたなと思いつつ、
よ〜く考えてみるとひとりでつくったのは初めてかも。

今日のお昼兼おやつ。旨し。

f0151592_6144530.jpg




KILTAポット“被告” やPARATIISI(パラティッシ)小皿が目立ってますが、
すみません、これは私物です)

f0151592_615925.jpg


蒸しパンが入っているこのジミな鉢。
たぶん明治まではいかない、大正〜昭和初期頃の常滑の擂鉢。
小さめのサイズ、深すぎない形、エッジの効いた縁のフォルムがいいなと。

f0151592_6151936.jpg


「土管」とおんなじ製法というと印象がよくないけれど、
ヨーロッパでは古くからあるこの“塩釉” という技法の詳細は、
こちらのページを御覧ください。

f0151592_6152952.jpg


by penelope33 | 2008-09-12 22:01 | ウチのもの | Comments(6)
Commented by au_petit_bonheur at 2008-09-13 00:04
このセット好き。それにしても、KILTAポット”被告”の記事、面白すぎます!
Commented by penelope33 at 2008-09-13 01:06
スネに傷持つポットなんです(実際は蓋にヒビ、ですが)……。 ^^;
Commented by garoubleu at 2008-09-13 10:16 x
本当=3
何回読んでもおかしすぎる!
でもpeneさんのところだったら割れようが欠けようが
大事にしてもらえそうなので、そんな噂を嗅ぎ付けた輩が
peneさん宅にこっそり、割れ物欠け物を持ち込まないか
不安です^^
土管と同じ製法と聞いただけでなんだか◎です!
鉢・・・素敵ですね、そうかパンをゴロゴロ入れても良いですねぇ!
↓peneさんったら危険な催しを開催中・・・やぁねぇ~(>▽<)
Commented by volonta at 2008-09-13 16:42
こんにちは。
私も被告の記事読んで思わず吹き出しました(笑)
さつまいもの蒸しパン、よく実家で父が作ってくれます。
ブランデーを入れると大人味になりそうですね。おいしそう!
Commented by penelope33 at 2008-09-13 18:22
> garoubleuさん

まっぷたつに割れたこのお皿 http://seirentei.exblog.jp/6517278/ から、
「早く直してよ〜」と毎日プレッシャーが…… ^^;
(1度直したんですけど、ヘビーローテーションしたら剥がれちゃって。
もう1枚はガンガン使っているんですけどね)。

garoubleuさんのお住まいは危険地域内ですものね。
お気が向きましたらどうぞ。
Commented by penelope33 at 2008-09-13 18:30
> volontaさん、こんにちは。

Kさん(仮称←今頃遅い!)は執行猶予中かもしれません……。
それともココが監獄なのかしら……?

おさつ蒸しパン、御実家では「父の味」だったんですね。
いいですね、お父様。なんだかほのぼのします。 ^^

冷やした蒸しパンを食べた後、ブランデーでじんわりお腹の中があったかくなりました……w。
名前
URL
削除用パスワード


<< 庭の灯      青蓮亭 永福町本店 >>