2008年 10月 04日

栗色の秋

ついこの間までタオルケット一枚で寝ていたのに、
あっという間に毛布2枚で寝るようになってしまった。
ヤマコの眠る時間もどんどん長くなってきた。

夜更かしを越えて朝まで気ままに起きているZOOに
「たまには(ヤマコと一緒にいる)写真を撮ってよ」と頼む(←猫バカ)。

画像は「くの字」の私の膝裏で丸くなる「毛むくじゃらの娘」。
おお、なんか「カフェ・アプレミディ」シリーズのジャケットに使えそうじゃん(←勘違い)。

f0151592_21472274.jpg




去年は私の寝ている足下のほうで丸くなっていたヤマコだが、
最近は「肉布団」にもたれかかることを覚えてしまったので、
なかなか寝返りが打てず、起きたときになんだかとても疲れてるんですけど……。

by penelope33 | 2008-10-04 21:50 | つれづれ | Comments(4)
Commented by garoubleu at 2008-10-05 22:53 x
peneさぁ~ん♪
動物と一緒に寝れる幸せは寝てみたことがある人じゃないと
本当にわからないと思います=3
人間じゃない生きものがこんな自分の下でスヤスヤと寝息鼻息を
たてて寝てくれる!!!!
もう腕枕まで求められもうメロメロです。少しでも長く限りなく元気で
長生きしてねともうすぐ12歳になる毛の生えた子供に心から語りかける
自分がいます。本当に寿命をあげたい!もらって!御願い!と思います。。
Commented by penelope33 at 2008-10-06 02:22
ホントにそうですよね……。
昨日私の外出中にちょっとしたことがあってヤマコの姿がしばらく見えなくなったんです。
無事に戻って来たんですけど、それまでの間、
ふたりとも「もしヤマコが死んじゃったら……」と想像して悲しくなってしまいました(笑)。
いつかはお別れしないといけないんですよね。
でも私たちも中年だから猫の寿命と比べて余生の長さはビミョーかな……?
Commented by sizanne7 at 2008-10-06 12:06
こんにちはー。
我が家の毛むくじゃら娘(お婆)も寒くなってあっちの膝の上、こっちの足の間で暖を取っています。
もう歯も弱くなって、世話する父が「そう長くないだろうしうまいもんでも食べさせよう」とちょっぴりうまいものをちょびちょび与えているようです。
と、か弱げに演じつつねずみは取って来るのが本能ですね〜
充実した猫生を送ってるみたいに見えます。
たくましくて美しいですね!
Commented by penelope33 at 2008-10-06 21:04
sizanneさん、こんばんはー。

ヒトだけでなく、
毛むくじゃらなお爺やお婆の介護をされている方が多い中、
ネズミを捕える元気があって何よりです(生涯現役!)。 ^^
ウチはまだ2歳。
幸い毎日カリカリ(ときどき煮干し)を飽きもせず元気に食べているので、
「グルメ猫」にしないでしっかり運動してもらって「成猫病」予防をしましょうか……。w


<< うすはりガラスの大きめのタンブラー      ベルギーのNamur窯のミルク... >>