2008年 10月 20日

大江戸骨董市(10/19)

昨日(19日)は大江戸骨董市に出店。

先月の出店から1ヶ月、品物を買うには買っていたが、
ブログで御紹介した品々は、
売値5,000円以上の品(フランスやベルギーの陶磁器)や、
シンプルすぎたり似たような現行品があるもの(ガラスのコップやワイヤーかご)など、
我ながら「露店では難しいかなぁ……」と思うものばかり。

結局、ブログでわざわざ御紹介するほどでもないと思ったものたちと、
在庫品中心の品揃えになり、なんとも頼りない。
「売り上げはあまり見込めないけれど、モノが少しでも回転すれば」といった心境で臨む。

当日朝、出掛けにいつものビニールバッグを持ったとき、
左腕が「重量オーバー!キケン!」と察知したので、
予告していた平清水の片口を荷物から降ろして出発。

珍しく丸盆のない店頭風景。
正方形のお盆に見えるのは、戸棚か何かの一部。

f0151592_22312261.jpg




「片口などのやきものを」とリクエストしてくださったお客様が、
小学校高学年のお嬢さんと一緒に遠くから朝イチで御来店
(手頃な片口がなくてすみませんでした……)。

お買い上げのオマケに、
ブログに載せた商品写真をプリントアウトしたポストカードをお渡しすると、
「ヤマコの写真はないんですか?」とのお尋ね(か、考えておきますね……)。

ふたつ並んだバッグは、何の素材かはわからないけれど、とても繊細な編み方で、
中が巾着になっている和装小物。
おそらく戦前の、とても上等な品じゃないかという気がしたものの、
一見薄汚れているのでどうかなぁ……と思っていたら、
お客様から、細い紙縒り状にした “紙” で織った織物と教えていただいた
(検索してみると、こんな例が)。

「もしかしたらプチさんお好きかなぁ……?」と思っていたところ、御本人が登場。
画像をたくさん撮ってくださって感謝!

f0151592_22315275.jpg


手前の小さな箱たちは、視覚障害者の教材だったもの。
「小物の整理やディスプレイに使うとおもしろいかも」と思って買ったものの、
前回はプレゼンテーションが悪かった。

いつもの白い箱の中の小物(古鍵など)の動きが鈍くなってきたので、
この箱に小物を少しだけディスプレイし、挽回を図る(結果はまずまず)。

このレンズを御予約いただいたapple8さんと初めてお会いする。
早速、品物をブログで紹介してくださった
(この方もヤマコの “隠れファン” ということで、
私以上に “猫バカ” な相方は “我が娘” のことのように喜んでおります)。

その他、フランスの19世紀末頃の小さなフレーム、日光写真の木枠なども動いた。

f0151592_22322941.jpg


このコップこのコップなど、薄手のシンプルなコップたちは案の定動かず。
こういった品は、
実店舗だったらディスプレイしておけば少しづつ売れていくものなのかもしれないけれど、
まあ割らないように気をつけて、またときどき持っていきましょうかね……。

一方で、先月このタンブラーを2個お買い上げいただいたお客様が、
今月さらに6個買ってくださった。

貫入バリバリのこのお皿たち
人を引きつける力があるようで、手に取る方も多かった。

今、人気ブログや雑誌記事の影響で、
フランスの「ディゴワン・サルグミンヌ」「クレイユ・モントロー」といった窯元、
表側が褐色で中が白い「キュ・ノワール」というやきものが密かなブームになっているが、
そういったものがお好きな方は骨董市のお客様ではまだまだ少数派。
よいものがあればほしいと思うが、私には売る力が足りないのでほどほどにしないと……。

最後にオリンパス・ペンEE-3とハンガーが売れ、この日は〆。
予想通り販売金額としては基本目標を下回ってしまったけれど、
結構品物の動きはあったのでまあよしとしよう。

売れる売れないは、商品自体の魅力・価格・ディスプレイなどに左右されるが、
最近は「人事をつくしたら、結局は時の運」と思うようになった。

今回2つ売れたバッグなんて、(プチさん以外は)誰も買わなかったかもしれない。
やっと売れたスウェーデンのピンク色のマッチなんて、もう何回持っていったことか。
もしかしたら、この日持っていかずに売り逃した品もあったのかもしれない。
今回売れ残った品々も、
気に入ってくれる人との出会いをじっと黙って待っているのだと思いたい。

顔なじみの方、以前もお越しいただいた方の御来店が多かったのがうれしかった。

御来店&お買い上げくださった皆様、まことにありがとうございました。
また、いつもこのブログを御覧いただいている皆様、本当にありがとうございます。

「『これが見たい』と言って持ってきてもらったら、買って帰らないと、なんだか……」
と思われる方が多いのではと想像しておりますが、
手持ちで限られた品しか持っていけないものですから、
取捨選択の指針になるだけでもありがたいのです。
御来店の前にリクエストがありましたらぜひ。

来月もどうぞ宜しくお願いいたします。

by penelope33 | 2008-10-20 22:35 | 大江戸骨董市 | Comments(10)
Commented by おやっさんですす。お疲れ様!! at 2008-10-20 23:05 x
久々です。先日はお会いできず残念でした。

私はなんと出店日前夜に”舟(???)で家族全員で骨董市に行く最中、商品の入ったバックが泥水の中に飲み込まれる・・・という凄まじい夢を見て寝不足でした・・・。

なぜ舟???(しかも確か手漕ぎ)
しかも家族全員???(夜逃げか?)

夢って恐ろしいですねえ・・・
Commented by penelope33 at 2008-10-20 23:20
おひさしぶりです!

よほどお疲れだったのか、プレッシャーが大きかったのか……すさまじい夢ですねぇ
(でもビジュアルを想像するとたまらなくオカシイ……)。

私は昨日は3時間寝られるところ、2時間で目が覚めてしまいました。
何年やっても小心者なんですよね……。^^;
Commented by Awavi。 at 2008-10-20 23:28 x
画像にあるグリーンのコップが気になっていたのですけど、
ペネさんの店先賑わっていて、よく見ることができず・・
まだありましたら、次回見せて下さい。
Commented by penelope33 at 2008-10-20 23:34
Awavi。さん、せっかく寄ってくださったのにすみませんでした
(駐輪スペースがなくて……)。
グリーンのコップ、まだありますよ。また今度宜しくお願いいたします。
Commented by おやっさんです。おやすみなさい at 2008-10-21 00:33 x
2時間睡眠はいけませんよ!!!帰途の最中に荷物ごとバターンと倒れそう。

そういえば子供の頃、遠足前日に遅刻する夢とか、クラスで一人だけお弁当を忘れる夢とか見たんですよねえ(基本的には変わっていないということですかね・・・)
もしかして、潜在意識の中で「こんなことになったらどうしよう!」と楽しんでいるのかも??(M?)

しかしながら、開きなおりで態度がことさらふてぶてしくなるのか、全く自信が無い時の方が売り上げが良いみたいです・・・

ではまた、ヤマコに宜しく・・・・。
Commented by penelope33 at 2008-10-21 01:09
寝不足だと注意力が散漫になって、
おつりを間違えたりお客様の顔を忘れてしまったり……。
来月は最低でも5時間は寝られるよう、早めに準備をしようと思います。
Commented at 2008-10-21 13:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by penelope33 at 2008-10-21 17:17
> 鍵コメ 2008-10-21 13:00 さん

はい、ございますよ。
来月も出店いたしますので、お取り置きしておきますね。
Commented by g0316 at 2008-10-23 21:36 x
peneっぺさん、こんばんは!
Do you remember me ? ざ・ん・す・よ!
鉛筆削り横、ズボンハンガ~?上のスタンド式?鏡がとても
好みです♪可愛いです!
大江戸骨董市盛況だったようで!何よりです!
なんだか今更ながらですが(笑)地べたにモノを並べて
お客さんも冷やかしの方も含めて会話駆け引き?をしながら
売る!という古典的な売り方がすごくなんだか素適だなぁ・・・
って思いました^^棚にタラァ~っと並べてカゴにいれレジへ・・・
ってねぇ・・・・大変かも知れないけれど素適なお仕事です(゚∀゚ )
Commented by penelope33 at 2008-10-24 00:42
Yes, I do!ざんすよ。
鏡、かわいいんですけど、売れ残っちゃって、
相方からも「え?それ、売れなかったの?」と驚かれました。

店の家賃やら必要経費をまかなう才覚がないものですから、
地味に泥臭く地べたで古道具屋ごっこを続けているんでございますよ。
続ければ続けるほど、
実店舗を維持すること(始めるのはカンタン)の難しさをヒシヒシと感じます……。



<< 小さな壁掛け用の鏡      大江戸骨董市出店のお知らせ >>