青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 10月 22日

小さな壁掛け用の鏡

折りたためるモールガラスの棚がなんともかわいらしい小さな鏡。
上に短い鎖がついていて、壁にかけられるようになっている。

(昭和前期/高さ:約21cm・幅:約10.5cm・奥行き:約5.5cm/売約済)

緑でも映り込むようにと庭で撮影したら、
例によってヤマコがつかずはなれずの位置におさまった。

f0151592_17143958.jpg




f0151592_17145766.jpg


今日は縁側からやたら「ニャーニャー(こっちに来てよ!)」とうるさかった。
外に出るとひとしきりこちらの脚にすりすりした後、マイペースでひとり遊びを始める。
涼しくなると猫も人恋しくなるのだろうか?
(特にヤマコは友達がいない「一匹猫」だから……)

by penelope33 | 2008-10-22 17:16 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
Commented by Awavi。 at 2008-10-22 22:30 x
猫にとって愛は温度だと思います・・。
Commented by penelope33 at 2008-10-22 22:55
そうですね……。
おととい頭をなでさせてくれた近所の“猿顔”のノラのことが思い出されます。
そのいっとき、とても幸せそうな(=気持ち良さそうな)顔をしていました。
名前
URL
削除用パスワード


<< 貧しい菜      大江戸骨董市(10/19) >>