2008年 11月 10日

堀内焼の片口

秋田の業者さんから譲っていただいた風格のある片口。
「堀内焼(ほりうちやき)」といって、明治の中頃のものだそうだ。

一瞬、元・巨人の投手・コーチ・監督の「悪太郎」こと堀内恒夫 氏
後輩や部下にヤキを入れている図が頭に浮かぶ……
(「巨人V9」の時代に育ったものですから……。悪意はございません)。

「堀内焼」、私の手持ちの資料やインターネットでは見当たらなかったが、
お詳しい方によると、秋田県・雄勝郡(おがちぐん)羽後町(うごまち)で、
幕末から明治20年過ぎ頃までのごく短い間稼働していた窯だという。
主に片口、擂鉢、下ろし、壷などの台所用の雑器をつくっていたそうだ。
今も登り窯の跡が残っているとか。

(売約済)
f0151592_20292710.jpg




f0151592_19531130.jpg


f0151592_19532764.jpg


f0151592_19533655.jpg


f0151592_19535387.jpg


f0151592_1954335.jpg


残念ながら注ぎ口に欠けがあるけれど、
個人的には長過ぎる口よりこのくらいのほうがちょうどいいような。
直すとしたら金銀は蒔かずに漆だけ塗るほうが、
野趣を損なわなくてよいかもしれない。

同じ東北の平清水焼の素直な白色や灰色とは異なる、やや黄緑がかった灰白色。
釉が流れている部分に、海鼠釉のような青色がかすかにのぞく。

「これでサイズが小さければ……」という酒徒の声が聴こえてきそう。
傷がある分お手頃価格なので、
お惣菜を盛るふだん使いの器として愉しんでいただきたい。

*ニュウはありますが、水もれはいたしません。

f0151592_20535029.jpg
寒くてすぐ家の中に入りたがるくせに
外が気になるヤマコ……。

by penelope33 | 2008-11-10 20:05 | 古いもの・古びたもの | Comments(6)
Commented by g0316 at 2008-11-11 01:57
男peneさん、こんばんはぁ!
↓の白洲やら秦やら珍品堂やらくらわんかやら
ものすごい名前が並んでいる方にコメしようと思ったのに
悪太郎やら堀内やらV9やらにきゅぴぃん!と反応してしまいました(笑)
巨人!!今の巨人知ってます??あれはもう巨人軍では無い!
かつてTV見ながらスコアまでつけていた私(え!)は既に巨人軍の
ファンでも無くなってしまいました・・・だってどこにも巨人軍はいないんだもの!

はっ・・・。巨人の集いでは??
Commented by penelope33 at 2008-11-11 09:27
“ものすごい名前”のわりに、
紹介してるのは「名品」でもなんでもない小皿ですけど(笑)。

garoubleuさん、多摩川キャンプに写真を撮りに行ってたんですよね。
スコアもつけられるんだ!もしかして野球部マネジャー経験あり?

私はそんなに野球に入れ込んだことはないんですけど、
なんとなくテレビの野球中継は見てたから、
あの頃の選手の名前はアタマに擦り込まれてますねー
(ON、柴田、土井、高田、末次、森、そして柳田《矢野顕子さんの歌でw》……)。
Commented by au_petit_bonheur at 2008-11-11 11:50
広島東洋カープが初優勝した時、学校の先生たちは
マイクロバスを借りて応援にいって、泣き崩れたそうで。
弱小カープにくらべ強すぎる巨人は敵の土地に育った私。
野球は全然分からないけど、判官贔屓はその流れかな。
話はかわって、(笑)↑きれいな肌の色ですね〜。
ヤマコちゃん、本当に、いつもそばにいるんですね。
Commented by penelope33 at 2008-11-11 15:36
プチさんは広島育ちなんですね。
ウチの父はなんとなく4チャンネルで野球中継を観て、
なんとなく巨人を応援してたのかな……?

片口、形は平凡ですけど、肌はなかなか見応えがあります。

これを撮ったときは、第1・第2スタジオではまだ相方が眠ってまして、
外に出たくて窓にはりついていたヤマコのところに、こちらがちょっと
オジャマした感じで……(笑)。
Commented by びっき at 2008-11-11 21:47 x
何故か…片口に引かれる今日この頃

それにしても…ぷっ! 
後輩や部下にヤキを入れている図が浮かぶペネさんて…イメージが。。。^^;
Commented by penelope33 at 2008-11-11 22:55
あ、またひとり片口マニアが……(笑)。

わたくし、元ヤ◯キーではありませんので、念のため。


<< 戦前の動物柄の着物生地      珍品堂好みのくらわんか小皿 >>