2008年 11月 13日

型吹きガラス六角猪口

料亭で使われていたものだそうで、「猪口」としたが「向付」だったのかも。
黄瀬戸の六角猪口(→3番目の画像)を模してつくったのだろう。

六角といってもそこは吹きガラス、目にはキリリと映るが手になじむまろやかな形。
“ユラユラ感” も満点で、お酒を注いだらさぞ映えることでしょう。

クリーマー、ゼリー・寒天菓子の型など、使いかたはいろいろ。

(昭和20〜30年代/幅:約6cm・高さ:約5.5cm/売約済)

f0151592_2336717.jpg




f0151592_22593017.jpg


f0151592_2217674.jpg

黄瀬戸六角猪口 (「日本陶磁全集14 黄瀬戸 瀬戸黒」《中央公論社》より)


************************************


f0151592_23492412.jpg

「お母さん、道の真ん中で何やってんだよぅ……」。

by penelope33 | 2008-11-13 20:09 | 古いもの・古びたもの | Comments(8)
Commented by びっき at 2008-11-13 23:01 x
お母さん、この写真…もしかして道の真ん中で。。。

そんな事よりも、これはたまりませんね!
で、今気付いたのですが…バラ売り可って事は売り物?
Commented by penelope33 at 2008-11-13 23:07
家の前の私道でササッと撮りました。 ^^;

「ウチのもの・ウチのこと」「つれづれ」以外のカテゴリで
御紹介している古物は、基本的に売り物なんですよ。
これは1個2,000円です。2個以上の場合は多少お値下げいたします。
Commented by N.Kojima at 2008-11-13 23:38 x
お写真がまた、すてきですね。
Commented by penelope33 at 2008-11-13 23:45
Kojimaさん、ありがとうございます。
御近所の目を気にしつつブツ撮りをする小市民です……w。
Commented by au_petit_bonheur at 2008-11-14 17:37
ガラス、陶器を模して作ったりするのですね〜。
本当に同じバランス。ライトをあびた写真、きれい。
なるほど、メモしなくっちゃ。
Commented by penelope33 at 2008-11-14 18:41
いや、「たぶん」ですよ、「たぶん」。
こんなこと、どこにメモするんですか〜?(笑)
ちなみにライトは「自然のライト=夕陽」です。
Commented by 昼寝 at 2008-11-15 15:09 x
きれいな写真ですね。夕暮れの感じがガラスの質感だしてます。
ヤマコさん、お仕事のお手伝いですね。

これのきょうだいの様なのを15年以上昔に買ったこと思い出しました。
これよりもトールで、口が六角のまま開く感じです。
実家の窓辺で庭に咲いた草花を活けられて現役です。
思い出したらもって帰りたくなってしまった。
Commented by penelope33 at 2008-11-15 16:45
昼寝さん、こんにちは。
ヤマコは「見物」というところでしょうかw。

実家って、自分史の地層のようですね。
掘るといろいろ出てきますよね(ハズカシイ思い出とかもw)。


<< 資生堂 PR誌『花椿』1963...      いびつな古染付白磁輪線文茶碗 >>