2008年 12月 01日

“ソビエト連邦” のマッチ

単なる“スーベニール雑貨”で、ピックアップするほどの品でもないのですが……。

旧・ソビエト連邦(ソビエト社会主義共和国連邦)の観光名所のマッチだろうと思っていたのだけど、
よくよく見ると、連邦を構成していた15共和国のうち、
モルダビア・ソビエト連邦社会主義共和国(現・モルドバ共和国)を除く
14の共和国の劇場や大学などの文化施設が描かれている。

そんなわけで「ロシアのマッチ」ではなくて「ソ連のマッチ」なのである。

f0151592_19184833.jpg




14の共和国とは以下の通り(各国とも名称に変遷がある)。

ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国(現・ロシア連邦

ウクライナ・ソビエト連邦社会主義共和国(現・ウクライナ共和国

白ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国(現・ベラルーシ共和国

ウズベク・ソビエト連邦社会主義共和国(現・ウズベキスタン共和国

トルクメン・ソビエト連邦社会主義共和国(現・トルクメニスタン

タジク・ソビエト連邦社会主義共和国(現・タジキスタン共和国

アゼルバイジャン・ソビエト連邦社会主義共和国(現・アゼルバイジャン共和国

アルメニア・ソビエト連邦社会主義共和国(現・アルメニア共和国

グルジア・ソビエト連邦社会主義共和国(現・グルジア

カザフ・ソビエト連邦社会主義共和国(現・カザフスタン共和国

キルギス・ソビエト連邦社会主義共和国 (現・キルギス共和国

エストニア・ソビエト連邦社会主義共和国(現・エストニア共和国

ラトビア・ソビエト連邦社会主義共和国(現・ラトビア共和国

リトアニア・ソビエト連邦社会主義共和国(現・リトアニア共和国

……ふぅ。……長たらしくてややこしい。

f0151592_19185864.jpg

……プラス、ソビエト連邦の首都・モスクワのクレムリン宮殿の描かれた大きなマッチ。
ひと揃い17個(ウクライナの国立歌劇場のマッチだけ2つある)入る箱もあるが、
ソ連邦同様 “解体” して売る予定。

現在の国名のリンク先に飛んで各国の公用語と紋章を見るだけでも、
多種多様な民族文化を有していることを実感する
(しかも一国家・一民族・一言語・一宗教ではないし……)。

ソ連邦が崩壊した1991年には
“ソビエト映画専門” の映画館でアルバイトをしていた。
地元の警察官が来たりしてちょっとだけ緊張が走ったけれど、
下町のミニシアターでは何事も起こらなかった。

程度の差こそあれ、訪れたことのないこれらの共和国の名前に馴染みがあるのは、
国際政治の勉強ではなくこれまでに観てきた映画のおかげ。

'80年代初めに池袋「スタジオ 200」で観た、
リトアニアからアメリカに移住した映画作家ジョナス・メカスの作品。

豊穣な民族性が国家の枠組みを揺るがすものと危険視され、
徹底的に弾圧されたセルゲイ・パラジャーノフ監督の作品……などなど。

でも、それより遥か昔、「キエフ」とか「レニングラード」とか
「ボリショイ」といった固有名詞に初めて触れたのは、
山岸凉子のバレエ漫画『アラベスク』だったな……。

by penelope33 | 2008-12-01 19:36 | 古いもの・古びたもの | Comments(6)
Commented by g0316 at 2008-12-02 03:31
peneさんこんばんや!レニングラードと聞いただけで
無い胸が躍ります!G・グールドがとてつもなく鳥肌モノのコンサートを
20代に行った場所です!g関係なくソ連は好きなんですが・・
寒い国を好む傾向があるようです!
今、ウズベキスタンの青の都に行きたいなぁ~この間TVで見たの!
Commented by au_petit_bonheur at 2008-12-02 08:40
おはようございます。
私、ウクライナかベラルーシ!どの色でしょうか?
↑割り込み、ウズベキスタンも布がいいんですよね〜。
カラフルで。
確かに、都市名、サーカスやバレーから先に入ってきたかも。
あと、ウクライナ=世界の穀物倉とかでしたっけ、
子どもの頃は遠い国だったな〜。
昨日、冒険家の風間深志さんが、ウラジオストックから
ポルトガルまで3ヶ月かけて普通のバイクでユーラシア大陸を
横断するのをテレビで見ました。
ざくろの色、ツタヤにはなかった。
「そのうちリスト」入りです。(長い!)
Commented by penelope33 at 2008-12-02 13:54
garouさんの「グールド文庫」、すごいですね。
「グールド、好きです」なんて気安く言えなくなっちゃいましたよ。
以前、「私は寒い国で生まれた音楽が好きだなぁ」と、
ふと思ったことがあります。どちらかといえばね。

「青の都」、旅行した方のブログを見ました。
http://meiguanxi.exblog.jp/6444210
遺跡はかなり破壊されているようですけど、それでも美しいですね……。
Commented by penelope33 at 2008-12-02 14:12
ウクライナは一番上の青緑、ベラルーシは右上の黄色です。
プチさん、ウズベキスタンの布、テレビか本で観たのでしょうか……?

昔、サントリーのコマーシャルか何かで、
シルクロードを西に進んで、女性の髪、瞳、肌の色がだんだん
変わっていくのを短い時間で見せる映像があったような。
みんなきれいな布を身にまとっていました……。

そうそう、ボリショイ・サーカス!ハラショー!(笑)
ユーラシア大陸をポルトガルまでって、TVクルーと一緒とはいえ、
今はすごーく危険そうですね。

『ざくろの色』、とりあえずウチのVHSをDVD化する予定です。
でも結局買っちゃうかも。

Commented by au_petit_bonheur at 2008-12-02 18:07
こんにちは。
では、青緑のウクライナ、キープすることは出来ますか?
今月は骨董市にも伺えないかもなんですが。。。
ウズベキスタンの布、何年か前アメリカのインテリア雑誌に
小さな特集記事があって、モダンアートみたいに飾られていたの
を見て、いいなあ〜としばらく調べたりしました。
レース、リネンの単色のshadeもそれはそれは良いですが(笑)
原色のぶつかり合いみたいなエスニックな布にも
惹かれます。ハイ。
ざくろの色、皆さんいいとおっしゃるので、私も買うかもです。
Commented by penelope33 at 2008-12-02 18:27
ウクライナ、了解です!

たまにはプチさんみたいにネットや雑誌で海外の情報に接したほうが
刺激になっていいですね。
まあ、自分のウチはまぎれもなく「昭和のニッポンの家」なので、
「クウネル天然生活ほっこり系」な日常を生きているわけですが(笑)、
それだけじゃ、ね……。


<< 今日の晩ごはん      おつとめ >>