カテゴリ:レトロ・ポップ( 36 )


2016年 04月 04日

ウサギの貯金箱

たまにはファニーなアイテムもUPしてみましょうかね。

妙にリアルでコワかわいい、ウサギの貯金箱。

(昭和40年代頃?/体長:約18.5cm/在庫アリ)

f0151592_22582012.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-04-04 23:07 | レトロ・ポップ | Comments(0)
2015年 07月 07日

JAJパイレックスのカスタードカップと『ルーサイト ギャラリー/オモシロ見立て市』

ポタージュの本のスタイリングをする際に購入した、
JAJパイレックスのパステルカラーのカスタードカップ。

パイレックス(PYREX)はアメリカのメーカーだが、
イギリスでは1921年から1973年まで
JAJ(James A. Jobling & Co, Ltd)という会社がライセンスを持ち、製造販売していた。

バラ売りも考えたけれど、こんな風にスタッキングでき、場所も取らないので、ぜひセットで
(3色あるとやっぱりかわいいです)。

(1950〜60年代/口径:約8.5cm・底径:約5cm・高さ:約5.5cm/御売約)

f0151592_19395568.jpg

耐熱ガラスなので、文字通りプリンを作ったり、アイスクリームやフルーツを入れたり。

以前ルーサイト ギャラリーの川開きの宴席で、これを蕎麦猪口として使っているのを見て、
「さすが米山さん、ファンキーだなぁ……」と感心した。
(オーナーの米山明子さんは、高校時代をアメリカで過ごし、
 今でも怒るときには英語が先に口を突いて出てくるという方)。


さて、今年もルーサイト ギャラリーでは、川開きの宴席の日程に合わせてプチ骨董市が開かれます。

昭和を代表する芸者・歌手だった「市丸」姐さん 旧邸の見学を兼ねて、ぜひお運びください。

f0151592_19395769.jpg

骨董市の会場は、こんなアールデコ調の洋間。


ルーサイト ギャラリー『オモシロ見立て市』

【日時】2015年7月10日(金)・11日(土)・12日(日)/18日(土)・19日(日)・20日(祝・月)

    12:00ー20:00頃まで

【会場】『lucite gallery(ルーサイト ギャラリー)』1階 東京都台東区柳橋1-28-8→ 地図
     「浅草橋」JR東口・地下鉄都営浅草線A6出口 徒歩5分(TEL.& FAX.03-5833-0936)

【入場料】無料

【出展業者】

 『ルーサイト ギャラリー』『Doily』『ナクワチ』『逢花(徳永)』『ハナヤ古陶



 *11日・12日/18日・19日・20日の5日間、ギャラリーの2階は
 「両国川開き」の宴席『笑月庵』営業のため、貸し切りとなっております
 (席料 6,000円/要予約/お問い合わせ先:03-5833-0936 or 090-2435-0814《米山さん携帯》)
  
f0151592_1954794.jpg

「川床(かわどこ)」と呼ばれる2階の特等席(席料は7,000円/おそらくSOLD OUTかと……)。

つづく

by penelope33 | 2015-07-07 22:00 | レトロ・ポップ | Comments(4)
2015年 01月 20日

青い蓋付きの琺瑯箱

今まで扱ってきた蓋付きの琺瑯箱の中で一番大きなサイズ。
おそらく未使用。

(縦:約23.8cm・横:約30cm・高さ:約10.7cm/御売約)

f0151592_20151810.jpg


つづく

by penelope33 | 2015-01-20 20:35 | レトロ・ポップ | Comments(0)
2014年 11月 29日

Westclox “AMERICA 2 IVORY”

他店も扱っているような古道具・古雑貨をこのブログでUPしても、どうもあまり売れない。
そんなこともあって、どうしてもツブシの利く(=売れなかったら自分で使える)
器類が多くなってしまうのだけど、たまには気分を変えてポップな雑貨をUPしてみましょうか……。

Westclox “AMERICA 2 IVORY” という名称の目覚し時計。

こちらのサイトによると、1964年〜1977年まで製造されていたようだ。

文字盤のブラウン系の放射状パターンが、いかにも'60〜'70年代という雰囲気。

(アメリカ/幅:約11cm・ボディの高さ:約11.3cm・奥行き:約6cm/御売約)

f0151592_198268.jpg


つづく

by penelope33 | 2014-11-29 19:30 | レトロ・ポップ | Comments(0)
2014年 07月 23日

“レトロ調” 琺瑯やかん

ちょっと “訳アリ” なので、対面販売向きかなぁと思っていた琺瑯ヤカン。
福岡にお住まいのI様からお問い合わせをいただいたので、一応撮影してみた。

以前から「使えるコンディションの古い琺瑯ヤカン」というリクエストをいただいていて、
また検索からこの記事などにたどりついて御覧になる方も結構いるのだけど、
最近は、状態のいい古い琺瑯ヤカンを探すのが本当に難しくなってきた。

これはおそらく'70年代頃に製造された「レトロ調やかん」。
琺瑯が厚く堅牢な作りで、
取っ手と本体のジョイント部分にプラスティックの部品が使われている。

琺瑯の質感や容量は、以前私が使っていた野田琺瑯のドリップケトルと似た感じ。
色は昭和20年代以前の茄子紺のやかんよりやや鮮やかな群青色。

リクエストをいただいていなければたぶん買わなかったと思うのだけど、
「使えるヤカン、使えるヤカン」といつもアタマにあったので、
一応買ってみたというのが正直なところ。

(蓋までの高さ:約13.7cm・横幅:約19cm/容量:1.5L程度/在庫アリ)

f0151592_21443359.jpg


つづく

by penelope33 | 2014-07-23 22:01 | レトロ・ポップ | Comments(0)
2014年 01月 20日

イギリスの文具メーカーVELOS社の鉛筆削り

本体の微妙なグレーのグラデーションと、
プラケースの透明なグリーンとのコンビネーションが気に入っているのだが、
なかなか売れない。

鉛筆削りの需要がもうあまりないのか……?

(イギリス/1960〜70年代/御売約)

f0151592_20572556.jpg


つづく

by penelope33 | 2014-01-20 21:07 | レトロ・ポップ | Comments(0)
2013年 09月 22日

長い持ち手付きのワイヤー製水切りかご

デッドストックの大きなアルミワイヤー製の水切りかご。

形はこのときのかごに似ているけれど、
こんな長い持ち手がついているタイプは初めて見た。

サイズも結構大きいので、いろいろな使い道がありそう。

いただきものの立派な梨(懐かしの『二十世紀』!)を入れて撮ってみた。

(直径:約35cm・高さ:約15cm/御売約)

f0151592_22171050.jpg


つづく

by penelope33 | 2013-09-22 23:27 | レトロ・ポップ | Comments(6)
2013年 05月 28日

『オリンパスペンEES』の灰皿

誰が何の目的で作ったかわからない、『オリンパスペンEES』の鉄の灰皿。

(1962年頃?/幅:約10.9cm・高さ:約1.4cm/御売約)

f0151592_21105083.jpg


つづく

by penelope33 | 2013-05-28 22:02 | レトロ・ポップ | Comments(2)
2012年 08月 12日

フランスの青い琺瑯パン

フランスの青い琺瑯両手鍋。
あまり使用感がないので、もしかしたらデッドストックかもしれない。

いわゆる “水色” ではなく、発色のよい深いブルー。

固定はできず、 “乗せるだけ” ではあるけれど、
片方を蓋として使うと 何かと便利かもしれない。

普段の料理でオーヴン皿としても使えるし、
キャンプやバーベキュー、非常時にも活躍すると思う。

(持ち手を除く直径:約20.8cm・高さ:約5cm/御売約)

f0151592_21485245.jpg


つづく

by penelope33 | 2012-08-12 21:55 | レトロ・ポップ | Comments(2)
2012年 06月 18日

ちょっと新しめのワイヤー製水切りカゴ

このワイヤーかごの在庫のお問い合わせをいただいたのが1月だから、
もう代替品を買われてしまったかな……?

デッドストックで全く錆びていないので、
台所の水切りカゴとしてまだまだ現役で働いてもらえる。

以前買ったものよりワイヤーが太く、サイズも大振り。

(昭和中期頃/直径:約36.5cm・高さ:約13.5cm/御売約)

f0151592_2132425.jpg


つづく

by penelope33 | 2012-06-18 21:11 | レトロ・ポップ | Comments(0)