青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:LE LOTUS BLEU の由来( 1 )


2008年 01月 31日

染付モダン猪口

100回目の今日は、「ロータス・ブルー」という名前の由来を。

古物商の免許を取る際には、提出書類に「屋号」を書かなくてはいけない。
実店舗もないのに気恥ずかしい気もしたけれど、
「『古美術◯◯』」『アンティーク△△』というのもなんか違うしな……」
ということで、あれこれ考えてみた。

骨董で最初に好きになったのが、中国や日本の染付のやきものだったので
(その後関心は白磁や土ものに広がっていったのだけど)、
「青」と「白」というのがキーワードとしてまず浮かんだ。

それと蓮の花が好きなこと、
洋の東西を問わずいろいろな品を扱いたいということから、
東洋的なイメージの「蓮」を西洋の言葉で、と。

f0151592_2119161.jpg


つづく

by penelope33 | 2008-01-31 22:04 | LE LOTUS BLEU の由来 | Comments(6)