カテゴリ:大江戸骨董市( 29 )


2015年 05月 19日

大江戸骨董市(5/17)

一昨日(17日)は、2年7ヶ月ぶりに大江戸骨董市に出店。

この間、諸々の事情で骨董市出店を最小限にし、
その分ブログでの商品紹介に力を入れていたのだけど、
身辺や体調も落ち着き、じわじわ溜まりつつある在庫も処分したかったので、ひさびさに出店することに。

過去の大江戸骨董市のレポートは、他のイベント出店時のレポートと違い、
その日の商いの備忘録であり、思考や感情のドキュメントだから、
悲喜こもごも、結構セキララな内容になっている。

そんなものを書くのも2年7ヶ月ぶり。

f0151592_22475630.jpg


つづく

by penelope33 | 2015-05-19 23:11 | 大江戸骨董市 | Comments(4)
2012年 10月 27日

大江戸骨董市(10/21)

遅ればせながら10/21(日)の出店レポート。

2年5ヶ月も大江戸骨董市に出ていなかったのは、
決して「卒業」などと思っていたわけではなく、
4月と10月に『西荻骨董好きまつり』、7月に『ルーサイト ギャラリーの骨董市』、
奇数月に『二子ノミの市』と、出店する機会が増えたから。

自分の中で「イチ押しの品物」がブログで結構売れるようになり、
それとは別に、骨董市用に2,000〜3,000円以下でおもしろい品物をたくさん揃えるのが
タイヘンになってきたのである。

なんとなく取っておいた子ども茶碗を始め、手頃な値段の品物がたまってきていたのと、
「『野菜のポタージュ』発売記念 “ひとりイベント”」を、
たくさんの人が来場する大江戸骨董市でやりたかったので、ひさびさの出店と相成った。

f0151592_22244277.jpg


つづく

by penelope33 | 2012-10-27 22:48 | 大江戸骨董市 | Comments(10)
2010年 05月 17日

大江戸骨董市(5/16)

昨日(16日)は大江戸骨董市に出店。

世間では景気は回復しつつあるというけれど、
6年間この骨董市に出店していて、
最近ますます安いものしか売れなくなっているという実感がある。

以前は朝のうちになじみの業者さんがいらして、
比較的高額なシブい品を買ってくださっていたのだけど、
それがほとんどなくなったのがイタい。

一方で、「大江戸(骨董市)が一番売れる」という業者さんの声も聞くし、
身なりから判断して富裕層にあたる人たちがたくさん来場しているのも感じる。

先輩業者さんのお話と自分の実感から、
たぶんここは “貧数寄系” のウケがよくないのだと思う。
やきものとシンプルなガラスものもダメ。

自分の “守備範囲” を広げつつ、“値ごろ感” のある品物を揃えるのに、
出店直前までかなり苦労した。

f0151592_14504297.jpg


つづく

by penelope33 | 2010-05-17 16:15 | 大江戸骨董市 | Comments(6)
2010年 04月 19日

大江戸骨董市(4/18)

昨日(18日)は大江戸骨董市に出店。

例によって寝不足ながらも、目覚し通りに割合すっきり起きた。
ボンヤリとヒーターにあたっているヤマコの傍らでおにぎりを食べ、
THERMOSの携帯マグに温かいお茶を入れ、
忘れ物のないよう気をつけて家を出る。

実際に忘れたことはないが、
いつもカメラのバッテリーを忘れてしまったときのことを想像してしまう。
あ、まだ「mixi日記」のときに1〜2回忘れたか……。

荷物はやや軽め、永福町の駅も以前のように “難所” ではなくなった

移動の途中で薄手のコートの下に着ていたウールのカーディガンを脱ぎ、
丸めてリュックの中に入れていたのだけど、
会場に着いて品物を出しているうちに寒くなり、もう一度着込んだ。

f0151592_1891314.jpg


つづく

by penelope33 | 2010-04-19 18:27 | 大江戸骨董市 | Comments(8)
2010年 02月 23日

大江戸骨董市(2/21)

一昨日(21日)は大江戸骨董市に出店。

朝、家を出たときには比較的暖かったので、耳あて帽もかぶらず、
コートのボアのライナーをはずして丸め、
フリース毛布の袋に入れてクッションのようにしていたのだけど、
だんだん冷え込んできて、周りでも「寒い、寒い」との声が。

結局またライナーをつけ、帽子もかぶって、真冬の完全装備に。
足裏に貼ったカイロとユニクロのヒートテックTシャツのおかげか、
さほど寒さは感じないですんだ(午後には陽も差してきたし)。

ただ、金曜・土曜と寝不足で、いつにもまして頭がボンヤリ。

なぜか異様に人が少なくて、売り上げ3,000円未満の状態が続き、
「あれー、今日はダメだわ……」と腹をくくる。

f0151592_23594319.jpg


つづく

by penelope33 | 2010-02-23 00:20 | 大江戸骨董市 | Comments(5)
2010年 01月 18日

大江戸骨董市(1/17)

昨日(17日)はひさびさに大江戸骨董市に出店。
去年の10月第3日曜以来の出店なので、“出店前ブルー” などと言ってはいられない。
かといって “張り切って” というのともほど遠く、
在庫整理をしながら淡々と(ノロノロと?)準備をした。

「やぁ、こんなのも買ったっけね〜」と忘れかけていたものから、
つい最近仕入れたばかりのものまで、いろいろ。

安い品物しか動かない昨今、
在庫をながめながら思いついた小特集は「塗りわっぱ大会」と「印判まつり」。

寒さのせいなのか、愛用のコンデジ(OLYMPUS μ-10)が作動したかと思うと
画面が真っ暗なまま消えてしまい、「今日は写真ナシかな〜」とあきらめかけたが、
ピクチャーカードを1回出し入れしてみたら、やっと液晶画面に画像が現れた。

下の画像は、ミニミニ木地盆、代用品の紙の繭皿(黒)、大小の塗り輪っぱ、
日本のおしゃもじみたいなイギリスのアルミ製サーバー、
「文撰箱」(活版印刷の活字を入れる木箱)、雛道具の錫皿などが売れた後の様子。

緑色の本2冊は、イギリスの野の花(Wild Flower)の図鑑と、戦前の日本の鳥類図鑑
ともにカラーの細密イラストが美しい(2点とも御売約)。

f0151592_215224.jpg


つづく

by penelope33 | 2010-01-18 22:26 | 大江戸骨董市 | Comments(4)
2009年 10月 19日

大江戸骨董市(10/18)

昨日(10/18)は大江戸骨董市に出店。

前日の倦怠感をひきずりながら、いつものように持てるだけの荷物を持ち、
玄関前の階段の上からヤマコに見送られて家を出た。
お天気がよさそうなのが救い。

ディスプレイを終えて時計を見るとちょうど9時。
仕入れ目的の同業者がほぼ仕事を終え、一般のお客様はまだほとんどいない空白の時間。

写真でも撮るかと思ったのだけど、わずかながらも立ち寄る方が途切れず、
イギリスの小さな塩釉インク瓶に始まり、
チェコのマッチラベル、小さなトロトロの木地盆、イギリスの木のハンガー、
古い泉屋のクッキー缶などがポツポツと売れた。

値段を下げ、ディスプレイの小物を減らし、「ケースも売り物」から
「ケースが売り物」と強調したアルミの「検食ケース」は、
「(小さな区分け用の箱も含め)全部でこのお値段ですか?」と驚かれながら、
あっという間に2つ売れていった。

たまたま今回こういった品がお好きな方が通りかかったのか、
お客様が価格に敏感なのか、その両方だったのか……。

下の画像は、鉄製の茶托、小さな白磁のピッチャー、ダイヤ柄のレトロな飯碗など、
既にかなり品物が動いた後の状態。

f0151592_20364519.jpg


つづく

by penelope33 | 2009-10-19 20:59 | 大江戸骨董市 | Comments(2)
2009年 09月 21日

大江戸骨董市(9/20)

昨日(20日)は大江戸骨董市に出店。

今回は、ブログで御紹介した品などの中から、
「実際に見て、よかったら買いたい」といった御予約や、
「これが見てみたい」といったリクエストがなく、
売り上げは少ないだろうなぁと割り切っていたので、案外気分がラクだった。

かさばる品をできるだけ売って、帰りの荷物を減らすことを目標に。

朝、荷物を広げているときに小さな木地盆や木皿がパタパタと売れたので、
代わりにセール品のお盆や、
いつもブログの案内カードを入れている急須盆を急遽ディスプレイ用に。

f0151592_19501897.jpg


つづく

by penelope33 | 2009-09-21 19:58 | 大江戸骨董市 | Comments(8)
2009年 08月 31日

大江戸骨董市(8/30)

昨日(30日)は大江戸骨董市に出店。

数日前から予報は「午後から雨」、しかも台風まで接近しているとあって、
否応なしに “出店前ブルー値” も高くなる。

「降るなら朝から降っちゃえよ〜」(←自暴自棄)、
「でも今月売り上げがないとキビシイよな……」(←経済的困窮)
「昼すぎに降って早々に中止っていうのもカンベンしてほしいなぁ」(←悲観的思考)
……と、さまざまな想念が渦巻く。

「短期決戦」を覚悟して、まずカメラと関連グッズを省き、
前日のシミュレーション図からプディングボウルと目覚し時計をはずし、
ワイヤーかごの中の漆器を減らした。
カメラ関係と重いやきものが減るといつもより少し荷物が軽くなり、
ちょっとだけ気持ちも軽くなる。

なんとか出店を続けられる小雨ならいいんだけど……。

朝、家を出るときには晴れていたが、
「ふん、だまされないよぅ」(←被害妄想)と思いながら駅に向かった。

f0151592_19391067.jpg


つづく

by penelope33 | 2009-08-31 19:59 | 大江戸骨董市 | Comments(6)
2009年 07月 06日

大江戸骨董市(7/5)

昨日(7/5)はひさびさに大江戸骨董市に出店。

この春、巨大な「初代ペネロープ号」を引退させ、
ZOOのお古の小型布貼りスーツケースを「2代目」に抜擢したのだけど、
先月荷造りしたままあまり重さを確かめずに出かけたら、
左肩にかけて持つ黒いナイロンバッグの重さがほぼ限界に達していることに気づく
(うーっ、肩に当てるタオルを持っていくべきだった……)。

ひさびさに出店する第1日曜。
都内のあちこちで骨董市が開かれているせいか、朝のお客さんがほとんどいない。

前回もそんな感じで「かなりヤバイんじゃないの……?」と思っていたところ、
第3日曜と比べ出店業者が少ない→ライバルが少ないせいか意外と売れたので、
今回もそうなるよう期待したいところ。

ブログを御覧いただいているという方が桃の印判小皿をまとめてお買い上げくださり、
錫や鉄などのカナモノ類も動き、なかなか幸先のいいスタート。

復活した「OLYMPUS μ-10」で撮影。

f0151592_22344353.jpg


つづく

by penelope33 | 2009-07-06 22:57 | 大江戸骨董市 | Comments(0)