青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:つれづれ( 433 )


2017年 01月 14日

iPadのカメラ機能について

今日の投稿の前半は、同年代のガラケー・ユーザーの方の御参考まで。

昨年5月にauショップでタブレット(iPad)とスマホ(iPhone)の見積りをしてみたら、
月々の使用料がそれぞれ約6,000円と約9,000円ということだった。

いまだに視力がよいためか結構老眼が進んでいる自分にとって、
たぶんガラケー+iPadの組み合わせがいいんだろうなという気はしたけれど、
写真を撮るときにはiPhoneのほうがサッと取り出せてよさそうな気もして迷う。

それまでも、外出先でネットを使いたいと思う場面は多々あった。
でも、普段ほとんど家で仕事をしていて、携帯電話の料金も月に2,000円程度。
それが数倍になるというのに抵抗があった
(「Instagramを始めたからって即売り上げが上がるわけでもないだろうしな」とか……)。

一方で、10年以上使っているOLYMPUS μ-10に代わる
コンパクトなカメラが欲しいという気持ちが高まりつつあり、
『ドーの古道具市』で出店業者の方々がスマホで高画質の画像を手軽に撮っているのを見て、
「まあ、買いどきかな……」と。

そんな折、
「俺はiPhoneもiPadもいらない」と言っていたZOOも、新しい仕事でLINEが必要になる。
ZOOはソフトバンク、私はauユーザー。
携帯キャリアの選択肢はいろいろあったのだけど、
家電量販店の『ノジマ』の担当の方がいろいろと試算して、
「10月末までauのタブレットのキャンペーンをやっているので、
 今ならふたりともauにするのが一番安い」とアドバイスしてくださった。

少し前にZOOのiMacが不調になり、買い替えも覚悟したものの修理で済んだので、
タブレットの端末代を一括で支払い、機材費(消耗品)で処理することに決めた。
月々の通信費が20,000円近くUPするのは抵抗があっても(←iPhone2台の場合)、
ウチのふたりのような職種だと「まあ仕事で使う機材は買うしかないよね」という感覚がある。
出費には変わりがないけれど、端末代を一括で支払うと多少割引もあった。

ZOOのガラケーはソフトバンクのまま。
ショートメールしか必要なくなったので、通話のみ・かけ放題の契約に変えた。
そして、私のauのガラケーの通話料金をJ-comの「おまとめ請求」から切り離し
(KDDIはJ-comの親会社)、ふたり分のタブレット料金と一緒に請求してもらうように。
最終的にはプロバイダーをJ-comからauひかりにしたいのだけど、それはまだできていない。

Gメール・アドレスもない状態から、
ZOOのスケジュールを自分のiPadやMacBookで確認できるようにしたり、
「イエ電をなくしてスマホでデザリング?」といったことを検討するところまで、
ひとりでいろいろ調べて手配するのはとても骨が折れた。


なお、メール・アドレスを変更しました(右欄の「E-MAILはこちらへ」からどうぞ)。
よろしくお願いいたします。


下の画像は、iPad購入後のバタバタが一段落した11月11日の夕飯時に撮ったもの。
普段使っているCanon EOS Kiss F(2009年5月から使用) はズームレンズをつけているので、
F値の小さな明るいレンズがとても新鮮だった。

f0151592_09341924.jpg
キツイ顔して手が甘えん坊。典型的なツンデレ。


つづく

by penelope33 | 2017-01-14 22:55 | つれづれ | Comments(4)
2017年 01月 10日

急な打ち合わせ

昨日は目が覚めたら風邪が悪化していたので、葛根湯をのんで夕方まで休んでいた。
ZOOは階下で水素ステーションのビデオの編集。

「さて、そろそろ起きておじやでも作るか」と着替えると、
これからドラマのTプロデューサーが家に来ると聞かされ、まさに寝耳に水。

程なく、ふたつ隣りの駅の大泉学園にある東映東京撮影所・スタッフルームより、
プロデューサーのTさんと制作担当のKさんが来訪
(Tさんは私が以前働いていた会社の同僚なので、旧知の間柄ではある)。

結構長い間打ち合わせをしていたので、
ふたり分の夕飯を4人分に水増しして準備していたのだが、
お二方はスタッフルームにトンボ帰りしていった。

「家庭内ディスカッション」はいつものことだけど、
ウチはスタッフルームに近いから、この先も時折こんなことがあるのかもしれない。


今日の朝ごはんは昨夜の残りもの(おじやと蒸し鶏)。

f0151592_20231013.jpg


つづく

by penelope33 | 2017-01-10 22:17 | つれづれ | Comments(0)
2017年 01月 08日

近況など

ZOOがお節料理にあまり関心がなく、例年お雑煮くらいしか作らないのだけど、
昨年末は初めてお煮しめを作ってみた。

本当は素材ごとに味や煮方を変えるべきところを、
来客もないふたり家族なので、素材を3組に分けて作る方法をネットで見つけてやってみた。
最初は「料亭の味、料亭の味……」とイメージしすぎて味が薄くなってしまったが、
幸い出汁を多めに取っておいたので、濃いめの煮汁で煮直し、それなりに。

亡き母が作ったお煮しめの程よい味のヤツガシラ、
ちょっと甘辛いシイタケの味などを思い出しつつ。

出汁取りに使った日高昆布とかつお節で佃煮もどきも作った。
昆布巻きまではとても作れないので、分厚い昆布を食べて昆布巻きの気分だけ味わう。

お雑煮とお煮しめさえたくさん作っておけば、粗食の我が家は結構飽かずに食べて呑める。

元日未明、
横置きにした醤油のペットボトルのキャップを閉め損ね、
醤油が冷蔵庫内に滴る “惨劇” に溜息をつくオマケ付き。

f0151592_21262678.jpg


つづく

by penelope33 | 2017-01-08 21:53 | つれづれ | Comments(0)
2016年 08月 11日

そんなに紙が

……好き?

それ、階下(した)の紙ゴミ置場に持っていこうと思ってたんだけど、
しばらく2階に置いておこうか?

昨日も乗ってたし。

f0151592_20351930.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-08-11 20:55 | つれづれ | Comments(2)
2016年 08月 08日

今日の庭(8/8)

酷暑の夏の庭の記録。

水栓柱を取り付けたので例年よりは水やりがラクだ。
草木の「異変」に気づきやすいので、散水ホースではなく、もっぱらジョウロで水やりをしている。

f0151592_21232096.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-08-08 22:46 | つれづれ | Comments(12)
2016年 07月 29日

ゆうべの晩ごはん(冷やし中華)

昨夜、ZOOさんから「今夜はどうするの?饂飩?(←御奉行・茹で担当)」と尋ねられた。
「鶏肉が買ってある。冷やし中華もできるけど、糠漬けたくさん漬けたから、ご飯かな?」と答える。

私は「冷やし中華はお昼に」と思っていたのだけど、
ZOOさんは脳内に冷やし中華のイメージが充満してしまったらしく、
「ああ、やっぱり冷やし中華がいいな〜」との由。

まだPC作業中だったので、「じゃあ、蒸し鶏作って」と、
作りかたから蒸し板のしまい場所まで口頭で(ダメ元で)説明すると、
予想に反し彼は素直に台所に向かった。

よほど冷やし中華が食べたかったのだろう。

f0151592_14141620.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-07-29 14:36 | つれづれ | Comments(0)
2016年 07月 23日

今日の昼ごはん(卵焼き、納豆、冷やしトマト)

猛暑が続いた後のこの涼しさ。
過ごしやすいのはいいのだけど、寒暖差のせいか少々バテ気味。

暑かったときは、夕飯がのどごしのいい饂飩や素麺になりがちだった。
冷え性なので、冷たい麺類を食すと体の内側から冷たくなってしまう感じがする。

ここ数日は、ご飯と味噌汁に戻って少しホッとしている。

夕飯どきは慌ただしいので、ひとりの昼ごはんの画像を。

f0151592_21554421.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-07-23 22:13 | つれづれ | Comments(0)
2016年 07月 03日

やっぱり紙が好き

昨夜。
PCで作業中の私のそばに座布団を敷いてやったのに、『点店』関係の資料の上に……。

f0151592_21353151.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-07-03 21:50 | つれづれ | Comments(0)
2016年 07月 02日

今日の庭(7/2)

諸事情によりブログの更新が滞っておりましたが、またぼちぼちUPしていきたいと思います。

再開第1弾は、庭の “定点観測”。
「梅雨明けしたんじゃないの〜?」という感じの、暑い暑い日の庭の記録。

f0151592_21281438.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-07-02 22:12 | つれづれ | Comments(0)
2016年 06月 01日

今日の庭(6/1)

5月は、ツルニチニチソウが青い花を、ソヨゴが小さな白い花を、
テイカカズラとリスボンレモンが日向にほんの少しだけ白い花を咲かせただけで、
ほとんど新緑一色だった。

でも、その緑が目に愉しく、日々飽かずに眺めていた。

アナベル(アメリカアジサイ)が咲き始め、地味な庭が一番華やぐ季節に。

f0151592_2157889.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-06-01 23:12 | つれづれ | Comments(0)