青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:つれづれ( 432 )


2007年 12月 15日

生意気そうな女の子

ZOOがきのう見た夢の中で、ヤマコが人間の言葉をしゃべっていたという。
生意気そうな小さな女の子の声だったそうだ。

普段も、声色を変えながら猫語でしゃべくっている様子を見ていると、
コイツあとひと息で日本語を話せそうだなと思う。
よねもそうだった。

猫はすぐに大人になるから人間の子どもより手がかからないけど、
こちらより先に死んでしまう可能性が高いからなぁ。

だいたいヤマコはよそ様の猫だから、
病気になったり車にはねられたりしたら死に目にあえないだろう。

ヤマコの寝相はいつもおもしろいのだけど、
寝顔を見ていると、いつまで一緒にいられるのかなぁと、しみじみ思う。

f0151592_1610857.jpg


by penelope33 | 2007-12-15 16:12 | つれづれ | Comments(4)
2007年 12月 13日

笑いを取る

下の画像で一番小さい豆みたいな顔をしているのが私。
1966年12月25日。「伊豆シャボテン公園」前にて。

父や姉からときどき言われるが、
子どもの頃の私はかなりおもしろい奴だったのだという。
そう言われてみると、
非常にシャイだったのでもっぱら家族相手のふるまいだったが、
ときに天然ボケ、ときに受けを狙って、皆の笑いを取っていたような気がする。

f0151592_3164481.jpg


つづく

by penelope33 | 2007-12-13 18:10 | つれづれ | Comments(12)
2007年 12月 12日

ゆうべの晩酌セット(おでん・カボチャ煮)

ウチの「饂飩奉行」は、冬場は「おでん奉行」として腕を振るう。
たとえ「S&B おでんの素」を使っていようが、
自分以外のひとにつくってもらうとおいしい、おいしい。

f0151592_16544841.jpg


つづく

by penelope33 | 2007-12-12 17:02 | つれづれ | Comments(4)
2007年 12月 03日

12月の雨の日

ヤマちゃん……。
さっきも外に出てすぐ戻ってきたじゃない。
雨降ってるよ。
寒いよ。

f0151592_1645281.jpg


つづく

by penelope33 | 2007-12-03 16:54 | つれづれ | Comments(0)
2007年 11月 28日

通い猫列伝[4] メリッサ

若くてきれいな毛並、でもちょっとペシャ顔の雌猫。
迷彩柄の首輪から、個性的な飼い主を想像する。
有名な “不思議顔の猫” にちょっと似ているので、ZOOは最初「マコ」と呼んでいた。

見ようによっては “シャビー” な我が家の玄関のドアの前で。↓

f0151592_17561243.jpg


つづく

by penelope33 | 2007-11-28 18:03 | つれづれ | Comments(6)
2007年 11月 20日

「ふみふみ」と「トントン」

SNSのmixiには猫好きの人のコミュニティがいくつもあるが、
その中に、キジトラ猫がお母さんのおっぱいを吸うように
前脚を交互に突く動画がトップ画像になったものがある。

猫を飼っている人にはお馴染みの、足踏みのようなこの仕草。
掲示板で「この動作、何と呼びますか?」というトピックを立てた方は、
「ふみふみ」と呼んでいた。

私の知る限り、いつもというわけではないが、猫は寝る前にこの仕草をする。
一種の “睡眠儀式” といっていいかもしれない。
ただ、下の画像のヤマコのように
何かをくわえながら「ふみふみ」する猫は珍しいようだ。

暗いところで撮影してMacに取り込んでみたら、
「トランス状態になってエクトプラズムを出している “霊媒猫” 」
といった図が現れ、吹き出してしまった。

f0151592_2023266.jpg


つづく

by penelope33 | 2007-11-20 15:56 | つれづれ | Comments(2)
2007年 11月 14日

“料理嫌いの器オタク” の今日の朝ごはん

“料理嫌い” と言い切る程ではないけれど、料理に対する情熱は薄いほうだと思う。
つくるのも食べるのも簡素なものが多い。

本日の朝ごはん。
片目の目玉焼き、ワカメと野菜(今日はジャガイモ)。
これにつくりおきのピリ辛醤油味のドレッシングとゴマをドバッとかける。
胚芽食パンのトースト、ミルクティー(レディ・グレイ+豆乳)。

会社勤めをやめて経済的にはタイヘンになったが、
頭をぼんやりさせたままゆっくり朝ごはんが食べられるのはうれしい。

f0151592_172287.jpg


つづき

by penelope33 | 2007-11-14 15:59 | つれづれ | Comments(4)
2007年 11月 11日

その後のヤマコ

だんだんと “ゲスト” から “家族” になっていくヤマコ。

f0151592_19433126.jpg


つづく

by penelope33 | 2007-11-11 19:49 | つれづれ | Comments(4)
2007年 11月 06日

忠猫ヤマコ

残暑厳しい9月のある晩、
さて買い物に出かけようかと玄関を出ると、
どこにいたのかヤマコがやってきた。

f0151592_1093153.jpg


つづく

by penelope33 | 2007-11-06 10:20 | つれづれ | Comments(4)
2007年 10月 30日

通い猫列伝[3] ヤマコ

8月に入ると、
どうやら我が家で遊ぶことを “卒業” したらしい「小夏」に代わって、
また別の猫が毎日やってくるようになった。

f0151592_21173171.jpg


つづく

by penelope33 | 2007-10-30 21:21 | つれづれ | Comments(2)