<   2009年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2009年 04月 29日

「I am market」

気持ちよく晴れた今日は、JR中央線「武蔵境駅」から初めて西武多摩川線に乗り、
「新小金井駅」を降りてすぐの古道具屋さん「mild country」
斜め向かいのバッグ屋さん「DOOR AND BOOK」を会場とした
1dayイベント「I am market」に。

「mild country」さんの入口正面にはこちらのページの1枚目の画像に写っている
角のある牛骨がかかっていて、「ヤラレタ」と思った(「何に?」と突っ込まないように)。

廃材をパズルのように組んだ箱(台?/前述のページの2番目の画像、左のほう、
ミルク缶の奥に見える)が個人的にツボだった。

いわゆるJUNKスタイルの古道具屋さんの「白・茶系・錆」といった構成要素を含みながらも、
アメリカ中西部の乾いた骨太の感性のようなものが感じられ、個性的でいいなぁと思った。

ネット上で見かけた以前の店内の様子と比べると今はかなり甘さが排除されている印象。
それでいてストイックすぎない雰囲気が好ましい。
店主の中村さんはとてもお若い方なので、
きっとお店はこれからもどんどん変貌していくのだろう。

この空間にあっては、
例えば大小ふたつ積まれているちゃぶ台からも「和」の “お茶の間感” が消え、
何やらシンプルで無国籍なローテーブルに見えてくる。

店内はお客さんでにぎわっていたので、残念ながら画像は下の1点だけ。

f0151592_21113784.jpg


つづく

by penelope33 | 2009-04-29 21:25 | 観る・聴く・読む | Comments(4)
2009年 04月 28日

「蛤は竜宮城の夢を見るか?」、再び。

自宅で愛用しているこの印判皿と同じ模様の鉢皿を見つけて驚いた。
こんな柄、一期一会だろうと思っていたら、二度までも。
元の皿の半分以下の値段だったので即買い。

昨日はニラ卵炒め、今日はマグロ漬け丼を盛って撮影しようと思っていたのだけど、はたせず。
またいつか(→出番が少なくなってきたので販売。御売約)。

f0151592_22423684.jpg


つづく

by penelope33 | 2009-04-28 22:49 | ウチのもの | Comments(5)
2009年 04月 27日

背伸び

“捕えられた宇宙人”
結構、背が高いよね……。

f0151592_19583695.jpg


by penelope33 | 2009-04-27 19:59 | つれづれ | Comments(0)
2009年 04月 25日

MUSIC FILE Vol.1

数年前にドイツに留学中だった音楽好きの友人に送ったテープのことを
ふと思い出した。

『ヒーローズ』のドイツ語ヴァージョン、
クルト・ワイル&ブレヒトの『アラバマ・ソング』といった
デヴィッド・ボウイのドイツがらみの2曲に続いて、
なんとなく“ドリーミィ” な印象(←あくまでも個人的に)のさまざまな曲をピックアップした。

ほとんどの曲が YouTubeなどで拾えたけれど、お手上げの曲も。

下のジャケットは、8曲目の『NOSTALGIA』という曲が収録されている
『LIVE AT RONNIE SCOTTS/ WEEKEND with KEITH TIPPETT』

f0151592_151195.jpg

つづく

by penelope33 | 2009-04-25 01:16 | 観る・聴く・読む | Comments(4)
2009年 04月 23日

カレーライスとヤマコ

普段は割合と朝ゴハンをしっかり食べるのだけど、
今朝はシリアルと豆乳だったので、
遅い昼ゴハンにひとり分残っていたカレーと玄米ご飯をガッツリ食べた
(with ホウレンソウのおひたし、ヨーグルト入りのオレンジジュース)。

最初キャベツとタマネギと鶏肉のスープだったのを、
さらにタマネギ、赤ワイン、カレーパウダー他スパイス、トマト缶、
ヒヨコ豆、ジャガイモ、シメジ、レンコン等々を足していったカレー。

「カレーにレンコン?」と思われるかもしれませんが、
いろんな具が原型をとどめていない中、シャキシャキしておいしいです。

背後に目つきの悪い猫が1匹……。

f0151592_20333680.jpg


つづく

by penelope33 | 2009-04-23 20:36 | つれづれ | Comments(8)
2009年 04月 22日

大きな藤のカゴ

このカゴ同様、昭和の奥様の買物カゴだったのだろうか?
きれいな飴色になっているわりに使用感がない。

仕入れから帰るとき、荷物を入れて腕に下げて持ってきたのだけど、
頑丈なつくりで持ちやすかった。

よく見ると縁の下に艶のない部分がぐるりと。
このラインに色を使わなかったところがさりげなくおしゃれだなぁと思う。

(幅:約34cm・奥行き:約24cm・持ち手までの高さ:約36cm/売約済)

f0151592_22363375.jpg


つづく

by penelope33 | 2009-04-22 22:41 | 古いもの・古びたもの | Comments(3)
2009年 04月 21日

印判手矢羽文三段重

伝統的な矢羽文を線と点でグラフィカルに表現しており、
印判独特の “くどさ” のないポップで洒脱なデザイン。

10cm角の小さなサイズは、調味料・薬味入れなどの普段使いにもいいし、
来客時にお菓子や酒肴を入れても楽しい。

自分としては、この水滴に匹敵するほどかわいいと思っていて、
正直なところあまり売りたくないのだけど、
人様から見ればさほどのものではないのかもしれない……。

(明治頃/幅:約10cm・奥行き:約10cm・高さ:約14cm/御売約)

f0151592_19484274.jpg


つづく

by penelope33 | 2009-04-21 19:53 | 古いもの・古びたもの | Comments(6)
2009年 04月 20日

大江戸骨董市(4/19)

昨日(4/19)は大江戸骨董市に出店。

先週の西荻の催事や昨年末の駒込の催事などと比べ、
“振り(通りすがり)” のお客様が圧倒的に多い大江戸骨董市。

安いもの・使えるもの、そして手持ちで持っていけるものと考えていくと、
さほど古くはない雑貨中心・小物中心の品揃えになる。

下の画像を撮る前に、同業の方やこのブログを御覧になられている方が、
木製の道具箱、漆豆皿、プディングボウルなどを買ってくださったのだけど、
午前中は人通りも少なく、なんとも先行きが危ぶまれる雰囲気。

f0151592_2121479.jpg


つづく

by penelope33 | 2009-04-20 21:36 | 大江戸骨董市 | Comments(6)
2009年 04月 18日

大江戸骨董市出店のお知らせ

明日19日は予定通り大江戸骨董市に出店いたします
(場所は有楽町駅に近いC03-11、
朝9:00より開場、午後3時過ぎから片付け始めます)。

皆様の御来場をお待ちしております。

f0151592_209619.jpg


つづく

by penelope33 | 2009-04-18 20:14 | お知らせ | Comments(10)
2009年 04月 13日

陽春

陽春というより初夏のような気候が続くここ数日。
名前を知らない我が家の遅咲きの桜も散り始めた。

傍らにはすごい勢いで育っている枇杷の木。

f0151592_20343672.jpg


つづく

by penelope33 | 2009-04-13 20:45 | つれづれ | Comments(4)