<   2009年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 31日

500回になりました。

2007年10月6日から始めたこのブログも、この投稿で500回になりました。

「めんどくさい〜」とか「書く気分じゃない〜」といった日も多々ありましたが、
ダウナーな気持ちのときはトーンダウンしたまま、なるべく何か書くようにしておりました。

おかげさまでアクセス数も少しづつ増え、
いろいろな方からコメントをいただいたり、
骨董市で声をかけていただくようになり、静か〜にやりがいを感じております。

いつも御覧いただいている皆様に心より御礼申し上げます。

このブログを始めたきっかけと基本的なスタンスは、
この記事の後半に書いてあるようなことですが、
3月末の母の死去の際など、
プライヴェートなことをどこまで書いていいものか、とても迷いました。

その節には皆様からのコメント・メール・お手紙やお声がけで大変なぐさめられ、
“視野” が狭くならないよう手助けをしていただきました。
改めて御礼申し上げます。

これからも古いものや日々の暮らしを中心に、ジミに書いたり撮ったりしていこうと思います。
どこかしら共感できるところがございましたら、おつきあいいただければ幸いです。

「プレゼント」ではなく大変恐縮なのですが (^^;)、500回記念のセールということで、
1名様に、画像の平清水焼の片口をゆうパック送料込みで5,000円で御提供いたします。

f0151592_19384780.jpg


つづく

by penelope33 | 2009-07-31 20:01 | つれづれ | Comments(10)
2009年 07月 31日

今夜の晩酌セット

もともと料理に対する情熱はあまりないのだけど、
このところ暑くて疲れ気味で気力が落ちる一方……。

宅配野菜を使い切るので精一杯だから、
レシピを見て材料を揃えてなんてほとんどしない。
どこかで食べた味を再現したいときはテキトーに真似をする。

昨日は、先週分がまだあるのにまたキャベツとカボチャが来た。
ZOOが「カボチャは煮てよ」というので、相変わらずのハチミツ煮。

ニラかと思った葉野菜が葱だったので、
ニラ・キャベ玉ではなくただのキャベ玉にしてインゲンを少し。

部屋中ごったがえした在庫整理も終えたので、
一応自分で作ろうと思っていたら、
ZOOが「大技だから」と言ってつくってくれた
(“大技” って、中華鍋でチャッチャっとやることか………?)。

味噌汁はいらないと言われたので、「二菜」で晩酌からごはん(玄米)に突入。

f0151592_2372780.jpg


つづく

by penelope33 | 2009-07-31 01:58 | つれづれ | Comments(6)
2009年 07月 29日

フツーの竹かご

「こんなの実家にころがってるよ〜」という声が聞こえてきそうな、
なんでもないフツーの竹かごふたつ(「ザル」といったほうがいいのか……?)。

御実家にあるのならそれはラッキーということで。
でも、こんな色合いも状態もいいかご、古民具と呼ぶには若すぎるけど、
いつのまにかなくなってしまうんだろうなぁ……と思い、写真を撮ることにした。

最近、新人タレントの生年月日を見て、
'90年代=平成生まれなんてもう当たり前なんだと、
遅まきながらおばさんは実感したのである。
「昭和」は、本当にすごい勢いで遠くなりつつある。

果物がメロンしかなかったので、ピーマンをひとつ。
ちょっとエドワード・ウェストンのことを思い出しながら。

(小……径:約27〜27.8cm/大……径:約30.8〜31.8cm《ともに売約済》)

f0151592_20242061.jpg


つづく

by penelope33 | 2009-07-29 20:40 | 古いもの・古びたもの | Comments(6)
2009年 07月 28日

涼しげなツー・トーンの染付猪口

新聞紙の梱包を開いてこの猪口を出したら、
ZOOが「涼しげだねー。すぐ売れちゃうね」と珍しくほめた。

いやー、私はなかなか売れないような気がするんだけど……(買ったくせに弱気)。

そういえば、口辺をサッと青く染めたこの猪口、「何文」というのか聞きそびれた。

緑をバックにして撮りたかったので、
小雨がぱらつく中、お隣りの大家さんのお宅の玄関前で撮った。

(明治〜大正期/口径:約6.3cm・高さ:約5.8cm/売約済)


Two-tone coloured Soba cups, ‘Seto’ Ware, Blue-and-white porcelain

These Soba cups were made in late19th-early 20th century.

Japanese people used to enjoy cool feeling in many ways in summer,
in aurally, visually and in all the five senses, for instance, in the sound of wind bell,
in scooping gold fishes at stall.

Especially Japanese meal and tableware are very sensitive, and comprehend
four seasons and nature.

The gradation from blue to white of this small cup connotes sky and snow,
or water and ice.
Plain form and simple design figure the universe.


f0151592_15495336.jpg


つづく

by penelope33 | 2009-07-28 15:52 | 古いもの・古びたもの | Comments(5)
2009年 07月 23日

シンプルなアルミのトランク

日本製なのかアメリカあたりのものなのか、
また、どんな用途で使われていたのか、よくわからないアルミのトランク。
歪みはあるけれど一応締まる。

ベコベコにへこみ、耐久性・気密性が著しく劣る、
ゼロハリバートンとは正反対のこのトランク、さて何を入れましょうか……?

(幅:約36cm・奥行き:約28cm・厚さ:約11.5cm/御売約)


Plain aluminum suitcase

No idea where this aluminum suitcase come from, and what it was used for.
Far from Zero Halliburton, it has poor quality, lovely cheapness and naked beauty.


f0151592_20332483.jpg


つづく

by penelope33 | 2009-07-23 20:38 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2009年 07月 21日

「ルーサイト ギャラリーの骨董市」出店レポート

7月18日、19日、20日と3日間開かれた「ルーサイト ギャラリーの骨董市」、
無事終了いたしました。
前半2日間はかなりの猛暑でしたが、
今日の雨を見ていると、会期中降られなくてよかったなぁとしみじみ。

複数の業者の品物を織り交ぜて展示するスタイルは今回が初めてでしたが、
素材・フォルム・色・質感の調和を考えながら、
このギャラリーのすばらしい空間と什器をフルに使って
先輩業者さんたちと一緒にディスプレイする作業はとてもおもしろく、やりがいがありました。

御来場・お買い上げくださった皆様、まことにありがとうございました。

ルーサイト ギャラリーのオーナーの米山さんと、スタッフの皆様、
また、出店業者の高野さん(サンドリーズ)、徳永さん(逢花)、小林さん(ル・ミディ)さん、
大変お世話になりました。

2日目、3日目は撮影する余裕がなかったので、以下の画像のほとんどは初日に撮ったものです。

初日の朝。窓の外の景色が本当にきれいです。
この時期まで咲いている珍しい紫陽花。
鮮やかな紫の花は、
アタマがぼぉっとしてなかなか名前が覚えられなかった「野牡丹(ノボタン)」。

f0151592_22134957.jpg


つづく

by penelope33 | 2009-07-21 22:41 | ルーサイト ギャラリーの骨董市 | Comments(4)
2009年 07月 20日

「ルーサイト ギャラリーの骨董市」

18日、19日に御来場・お買い上げいただきました皆様、
まことにありがとうございました。

連日朝9時入り、帰宅が23時〜24時前なので、
1日ごとのレポートをUPする余裕がないのですが、
後日まとめて御報告する予定です。

立ち仕事が多いのと、お客様の入れ替え時に混み合うところ、
東京のイーストサイドで1日10時間以上働くといったことで、
その昔経験した(今はなき)錦糸町のセゾン系ミニシアターでの仕事を、
連日なんとなく思い出しております(私のキミョーな経歴はこちらの後半に)。

本日(20日)、最終日です。
まだまだおもしろい商品がたくさんございますよ。
もともと相場よりかなりお安いものばかりですが、
各業者とも売り切りたい品はハゲシク値下げいたします。

お品物を御覧になりたいというお客様、
当初14時半までに御来場いただくよう御案内しておりましたが、
日没後の御来場でも全く問題ございませんので、
御都合がよろしければぜひお立ち寄りくださいませ。


*************************************

Antique Fair at ‘Lucite Gallery’ on July 18th-20th

7月18日(土)、19日(日)、20日(祝・月)の3日間、
戦後すぐに建てられた日本家屋を改装した、隅田川のほとりの
柳橋『lucite gallery(ルーサイト ギャラリー)』という会場で、小さな骨董市が開かれます。

この建物は昭和を代表する芸者・歌手だった「市丸」さん(1906-1997)の旧邸。
メインの展示室(下の画像)は外観からは想像できないようなアールデコ調の洋間で、一見の価値あり。

詳細はこちらを御覧ください
(建物内部の画像がたくさん御覧になれます)

少人数ながら個性豊かな業者たちが思い思いの品々を持ち寄ります。
どうぞお気軽に御来場ください。

An antique fair will be held at ‘Lucite Gallery’ in Yanagibashi, on July 18th-20th.
The gallery was build on the bank of Sumida River just aftrer World War ll.
It is an unique Japanese house including Art Deco style room, where ‘Ichimaru’
(1906-1997), the famous Geisha/pop singer for her talent and beauty lived.


f0151592_1310405.jpg






















【日時】2009年7月18日(土)、19日(日)、20日(祝・月)10:00AMー20:00PM頃まで
     
【会場】『lucite gallery(ルーサイト ギャラリー)』東京都台東区柳橋1-28-8→ 地図
「浅草橋」JR東口・地下鉄都営浅草線A6出口 徒歩5分(TEL.& FAX.03-5833-0936)
  *会期中、ギャラリーの2階は貸し切りとなっております。

【入場料】無料(Admission: Free)

【出店業者】『逢花』(徳永)/青山『Sundries(サンドリーズ)』
 柳橋『lucite gallery(ルーサイト ギャラリー)』
 西荻『Le Midi (ル・ミディ)』
 (オーナーの小林尚子さんは『プロヴァンスの幸せな旅時間』という本を上梓されたばかり)

 ……そしてわたくし「青蓮亭」こと『LE LOTUS BLEU(ロータス・ブルー)』です
  (当日は、PORTERの黒いバッグを斜め掛けにして「販売員」をやっております)。

皆様の御来場をお待ちしております。

****************************************

3日間の出店レポートはこちらです。

「ルーサイト ギャラリーの骨董市 2010」の様子はこちらから御覧になれます。

古美術・骨董ブログランキングアンティーク・レトロ雑貨ブログランキング猫ブログランキング

by penelope33 | 2009-07-20 23:00 | ルーサイト ギャラリーの骨董市 | Comments(4)
2009年 07月 18日

『裸形のデザイン ―O氏のアルミニューム日用品コレクション―』速報

昼間は『骨董ジャンボリー』で仕入れ、
夕方から、目黒の CLASKA 3F Gallery & Shop “DO” で始まった
『裸形のデザイン ―O氏のアルミニューム日用品コレクション―』のオープニングにかけつけた。

「petit cul(プティ・キュ)」のおふたりの全面協力による展示。
ここに挙げた若手古道具屋さんが勢揃いしていた。

9月にラトルズから出る本が楽しみ。

下の画像・床置きのこのあたりの品々は販売されている。
中央の小さいほうの「鉛筆削り」、すっごくほしかったのだけど、思いとどまった……。

f0151592_041487.jpg


つづく

by penelope33 | 2009-07-18 00:55 | 観る・聴く・読む | Comments(4)
2009年 07月 16日

『ルーサイト ギャラリー』、とりあえずこんな感じです。

今日は午後から『ルーサイト ギャラリー』へ2度目の搬入。
明日『Le Midi (ル・ミディ)』さんの残りの品々が並べば完成です。

一番すごいのはこのテーブルだけど、これは非売品。

f0151592_2301256.jpg


つづく

by penelope33 | 2009-07-16 23:04 | ルーサイト ギャラリーの骨董市 | Comments(0)
2009年 07月 15日

箱が好き

荷造りと値札づけ、ついでに在庫整理もしているので、この通りの散らかりよう。

一時御帰還のヤマコは、
箱の底をカッカッカッとひっかいたり、
うずくまって体を最小形にしてみたり、
狭苦しい中でグルーミングを始めたり。

箱から箱へ、スルリスルリと出たり入ったりを繰り返した後、
また夜遊びに出かけてしまった。

……と思ったら下にいたか。
眠くてぐずっている。

はいはい、早く片付けますよ。

f0151592_2203499.jpg


by penelope33 | 2009-07-15 22:01 | つれづれ | Comments(2)