青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 29日

今年は今日で

本当は昨日で “店じまい” をするつもりだったのだけど、
今年を振り返っているうちに何と書いたらいいのかわからなくなってきた。

ということで、ごくシンプルに年末の御挨拶をすることにします。

皆様、今年も本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年も最後はヤマコ画像で。
相変わらず外で見ると強面……。

f0151592_1643175.jpg


つづく

by penelope33 | 2009-12-29 16:46 | つれづれ | Comments(8)
2009年 12月 26日

Yutori-tei UK=ゆとり亭UK@ SUPER JUNK SHOW(12/26)

今日は、九段下・科学技術館で開かれている
「第33回 SUPER JUNK SHOW(ジャンクショー)」に行き、
おなじみの 「Yutori-tei UK=ゆとり亭UK」さんのお店をのぞいてきました。

今回は「ゆとり亭」御主人のMr.Tさんを、
大江戸骨董市にも出店されている「WATCH & FURNITURE(W&F)」のMさんがヘルプ。
男性ふたりの「お店」はいつもとちょっと違った雰囲気でした。

下の画像、私も扱ったことがあるポップな色の幼稚園椅子の上にあるのは、
'50年代のバイク雑誌と古い運転免許証。
バイク雑誌は若い男性がおひとりで全部買っていかれました。

f0151592_20135468.jpg


つづく

by penelope33 | 2009-12-26 20:35 | お知らせ | Comments(8)
2009年 12月 25日

「Yutori-tei UK=ゆとり亭UK」出店のお知らせ

こちらの記事で御紹介した「Yutori-tei UK=ゆとり亭UK」さんが、
明日から2日間、九段下・科学技術館で開かれる
「第33回 SUPER JUNK SHOW(ジャンクショー)」に出店します。

【開催日時】12月26日(土)12:00〜17:00/27日(日)11:00〜17:00

【会場】「科学技術館」〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2-1
     東京メトロ・都営地下鉄 九段下駅 2番出口(武道館の並び)
    
今回は「ゆとり亭」の御主人のMr.Tさんが、いつものカラフルなキッチン用品に代わり、
カメラ、工具、照明といったシブめの「ボーイズ・グッズ」をたくさん持ってきているそうです。

高校生以上は入場料が1,000円かかってしまいますが、
「ゆとり亭」さんはいつもリーズナブルなお値段ですので、
お気に召した品があれば軽く元は取れるかと。

このイベントは、2日目に各店とも「年末在庫大処分」といった感じになりますので、
2日目のほうが来場者が多いでしょうか。
普通の骨董市より御家族連れで楽しめる雰囲気です。

暮れも押し迫り、何かとお忙しいことと思いますが、
御興味のある方はぜひお運びください。

「Yutori-tei UK」さんのブログはこちら
扱っていらっしゃる品々のギャラリーはこちらです。

また、ただいま「日本国内発送」で送料がお徳なYahoo!オークションはこちらです。

画像はロンドン中心街オックスフォード・リージェント通り界隈のクリスマスの電飾。
この地味さがなんともいいですね。

f0151592_17412664.jpg


by penelope33 | 2009-12-25 17:51 | お知らせ | Comments(2)
2009年 12月 24日

冬の靴下

この秋冬は服を買わないですませようと思っていたのだけど、
温かい冬の靴下があまりなかったので、吉祥寺の「小匙舎+みずたま雑貨店」さんで、
バルト三国のラトヴィアとリトアニアの靴下を大人買い
(→ネットショップはこちら)。

家では黒・グレー・紺といった地味な色の服を着ていることが多いので、
下の画像のラトヴィアの編み込み靴下(「バルト模様」というのだそう)を履くと、
ちょっとだけ愉しい気分になる。

f0151592_20232544.jpg


つづく

by penelope33 | 2009-12-24 20:38 | つれづれ | Comments(2)
2009年 12月 23日

年末SALE その3 オリンパス・ペンEF & コニカレコーダーDD

今年最後のYahoo!オークションの出品をしております。

御興味がおありの方は少ないかと思いますが、
ストロボ内蔵のハーフサイズカメラ2点、
オリンパス・ペンEF & コニカレコーダーDDです(→オークションは終了しました)。

下の画像は「オリンパス・ペンEF」(オークションID:b107092191)。

f0151592_23275565.jpg


つづく

by penelope33 | 2009-12-23 23:34 | お知らせ | Comments(4)
2009年 12月 22日

竹づくしの印判小皿

更新が滞っておりましたが、年内にもう少しだけUPします。

まわりに竹の子、中央に星のような笹の葉をあしらった印判小皿。
なんだか「たけのこの里」を思い出してしまった。

(明治〜大正頃/直径:約11.2cm・高さ:約2.2cm/御売約)

f0151592_1727172.jpg


つづく

by penelope33 | 2009-12-22 17:50 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2009年 12月 19日

冬仕事

冬の猫の仕事=たくさん寝ること。

f0151592_212126.jpg


つづく

by penelope33 | 2009-12-19 21:10 | つれづれ | Comments(2)
2009年 12月 14日

詩は何から生まれるのか〜 澄 敬一「ルアッサンブラージュ」展

先週の金曜日(11日)、神田の小出由紀子事務所で
「澄 敬一『ルアッサンブラージュ』展」を観た。

このブログの以下のページを未読で御興味のある方は、
まず、澄さんとパートナーの松澤紀美子さんの暮らしぶりや作品をまとめた
『1×1=2 二人の仕事』という本の書評と、
昨年の目黒のCLASKAにおける展示についての記事を御覧になってみてください。

「ルアッサンブラージュ」(=再・構成)という言葉は、やはり造語だとか。

とりあえず「Web上のカタログ」として、
まずは全作品の画像と、澄さん自身のテクストで解説、それと私のメモを。

下の画像は、アルミ製『鳩時計』と『サドルベッド』。
ともに新作(画像は許可をいただいて撮影しています)。

f0151592_21501319.jpg


つづく

by penelope33 | 2009-12-14 22:53 | 観る・聴く・読む | Comments(10)
2009年 12月 12日

21歳のときの……

昨日は澄さんの『ルアッサンブラージュ』展に行き、
ギャラリーのオーナーの小出由紀子さんにお話をうかがい、
作品の写真を撮ってきた。

でもその後、病院やあちこちに寄って遅くなってしまったので、
レポートは後日ということで、いましばらくお待ちください
(感想を一言で言うと「すっごくおもしろかった!」)。

作品のひとつに『電気羊』というのがあり、
澄さんの解説に「フィリップ・K・ディックの小説
『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』が大好きだ」とあった。

私も20代の頃この本を読んだのだけど、そのきっかけは、
この作品を映画化した『ブレードランナー』を観て、
その世界にすっかり魅了されてしまったから。

私の学生時代の卒業制作は、35mmの映画フィルムの缶と同じ大きさの、
ある映画のイメージのコラージュとその映画についてのエッセイ(確か10作品分)。
印刷物としての仕上げがチャチで評価も低かったのだけど、
その中で取り上げた『ブレードランナー』についての文章を再録してみる。

下の画像はパッケージ。
『CINEMAHOLIC』って妙にポップなコラージュ(時間がなくて……)。
「まえがき」には「(前略)……これは夢と妄想の標本です」とある(汗……)。

なんといっても21歳のアタマで考えたことだから……あゝ、ハズカシイ。
f0151592_1284518.jpg


つづく

by penelope33 | 2009-12-12 01:51 | 観る・聴く・読む | Comments(8)
2009年 12月 10日

年末SALE その2 “スタイルのいい籠バッグ”

まだ、あったんですね〜、これ
300円スタートで、オークションID: 131091849 にて出品中(終了しました)。

文章が推敲できてなくてヘンだし、
写真の画質も悪くてあやしいオークションになってますが、
まあ一時の恥ということで……。

普通こうした雑貨系のオークション画像は、
小さなアイビーなぞをあしらって “演出” するのが常套手段になっているので、
他と比べると異様に殺風景な感じ。

f0151592_20303919.jpg


つづく

by penelope33 | 2009-12-10 20:34 | お知らせ | Comments(2)