<   2010年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 31日

台所クロニクル('10年10月)

新居の台所の状態は、まだまだ “過渡期” ながら、とりあえず一段落といったところ。

前の家での記録、御興味のおありの方は、こちらこちらで変遷が見られます。

新しく買ったのは、古道具のガラスケース(食器棚)と衝立、
それと引っ越し時にカトラリーをまとめて入れたトタン製の靴箱。

引っ越してから1ヶ月、
もっと背が高く収納力のある食器棚にしなくてよかったのかと、ず〜っと自問していた。
そして、「二人家族でそんなに収納してどーする?これで十分」という結論に。
全部が見渡せるので便利だし、
見えているのに使わないようだったら、その器はたぶん不要なのだと思う。

f0151592_15461942.jpg


つづく

by penelope33 | 2010-10-31 16:07 | つれづれ | Comments(6)
2010年 10月 29日

茶の間

引っ越してから、今日でちょうど1ヶ月。
昨日は2階の3畳間に積んである私の荷物から、ようやく本を出し終えた。

あと、CD3箱とLP3箱+α。
CDもLPも少し減らしたいけど、そんなことより早く在庫整理をしないと……。

下の画像は、ずいぶん前に片付いた1階の6畳間
(=茶の間=ダイニング 兼 リビング 兼 客間 兼 ZOOの書斎 兼 編集室 兼 会議室)。
例によって、写真に撮ると実際よりも広く見える。

本棚の最下段・中央に、私のレコード・プレーヤーを置いてもらった。
ZOO曰く、「11年間培った配線のノウハウを凝縮した」リスニング・ルームだとか。

本棚に適度な「間」があって、うらやましい。
減らした本は “書庫化” する予定の2階の4畳半へ。

f0151592_2356085.jpg


つづく

by penelope33 | 2010-10-29 23:59 | つれづれ | Comments(2)
2010年 10月 27日

門番とオリーブの苗木

ヒマネタが続いてスミマセン。
来週くらいからまた品物の紹介をしたいと思っております
(どこで撮るかというモンダイが依然として解決していないけれど……)。

下の画像は、それまで私にじゃれついていたのに、
犬が通りかかった途端にサッと門柱に上がった、ウチの弱っぴぃの門番。

f0151592_19352422.jpg


つづく

by penelope33 | 2010-10-27 08:00 | つれづれ | Comments(4)
2010年 10月 24日

『南宋の青磁』展(根津美術館)他

昨日は始発に間に合わなかったので、今日は意地になって始発に乗って仕入れに。
それでも以前より30分遅いので、出遅れた感がひしひしと。

8時には仕事を終えるが、12時に表参道で髪を切る予約をしていたので、
門前仲町から東西線で三鷹まで行って、折り返し西船橋へ行き、
また折り返すというバカなことを実行に移す
(一応本も持って来ているけれど、寝不足でとても読める状態ではなく、とにかく眠りたい)。
いい歳して何やってんだか……。

髪をベリーショートにしてサッパリした後、
根津美術館の前を通ると、『南宋の青磁』展というのをやっていたので、
「上野の国立博物館にもずっと行っていないしなぁ……」と入館。
根津美術館が新しくなってから入るのも初めてだし、
そもそも展覧会なんてホントにひさしぶりだ。

ボォ〜ッとしたアタマで漫然と流し見してしまいそうなので、
珍しくオーディオガイドの機器も借りる。

f0151592_21124574.jpg


つづく

by penelope33 | 2010-10-24 21:36 | 観る・聴く・読む | Comments(2)
2010年 10月 23日

今夜の晩ごはん

一昨日の晩は今シーズン初の鍋(鶏+鱈の水炊き)だった。

近所の「ハナマサ」という業務用スーパーで買った鶏と鱈が冷凍してあり、
「鍋以外になんかないかな〜?」ということで思いついたのが、
非グルメのZOOと私の数少ないフェイバリット店である銀座・三州屋の「鶏豆腐」

本物は鶏モモ肉と木綿豆腐と春菊というシンプルな具材だが、
ともあれあの味を強くイメージしながら「鍋的な材料」に向かってみる。

ZOO用の鶏メインの大鍋。

f0151592_04112.jpg


つづく

by penelope33 | 2010-10-23 00:07 | つれづれ | Comments(6)
2010年 10月 22日

さよなら

ちょっと間延びしてしまったので今さらという気もするけれど、
ZOOにせっつかれたので、一応記録として残しておきます。

11年住んだ永福町の借家の写真。

下の画像は、不動産屋さんに鍵を返しに行った10月1日の午後に撮ったもの。

f0151592_23551164.jpg


つづく

by penelope33 | 2010-10-22 00:29 | つれづれ | Comments(6)
2010年 10月 20日

3週間

引っ越してから3週間。
やっと昨日、引っ越し用段ボール箱から自分の本を少し出し、
スピーカーまで出したのだけど、
CDプレーヤーが入った箱は3畳間の奥深く埋もれており、まだ配線できないでいる。

前のウチではパソコンの上が窓だったが、
今のウチでは同じレイアウトだとなんだかバランスが悪い。

書棚の下段の段ボール箱はとりあえず置いてあるだけ、
撮影している自分の回りは写真に入らないようにどけた物たちで雑然としている。

「今日はもう少し頑張ろう」と思ったものの、
どうにも身体がダルくて夕方から寝てしまった。

引っ越し前はZOOのカメラやオーディオ機器をヤフオクでさんざん売ったが、
今度は自分の不要品を売るかな……。

仕入れは再開しているけれど、ブツ撮りをするスペースと気力がまだない。

f0151592_265396.jpg


つづく

by penelope33 | 2010-10-20 22:58 | つれづれ | Comments(8)
2010年 10月 16日

「秋の鎌倉古美術展」出店のお知らせ

鎌倉の旧 里見弴邸で開かれる
秋の鎌倉古美術展」に参加させていただくことになりました。

葉山の骨董店「きこゆ」の鈴木さんが、春の「西荻骨董好きまつり」や
夏の「ルーサイト ギャラリーの骨董市」にお越しになり、
世話役の「一閑」の細田さんに私のことを御紹介くださったのが、
出店のきっかけとなりました。

会場の『西御門(にしみかど)サローネ』は昭和元年築、
フランク・ロイド・ライトの流れを汲むデザインの洋館と、
ひなびた日本建築の二棟からなる「旧 里見弴邸(石川邸)」を利用した文化施設。
様々な催しが開かれているので、これまでに足を運ばれた方も多いのではないでしょうか?

出店業者さんのおひとりである「おおの(大野)」さんは、
大江戸骨董市で何回かお見かけし、
勝本みつるさんの個展のオープニングでお話をさせていただいたことがありました
(「勝本みつる考」、まだ諦めておりませんよ……)。

細々とですがブログや骨董市への出店を続けていると、
いろいろな御縁がつながっていくものだなぁとつくづく感じます。

「私ごときが『古美術展』なんて出ちゃっていいのかなー」という戸惑いもありましたが、
普段出不精ながらも、最近はお声がかかったらポンと飛び乗ることにしているので、
この御縁を大切にしたいと思っております。

秋の鎌倉散策と古い建築を楽しむおつもりでお運びいただければ幸いです。
皆様のお越しをお待ちしております。

********************************************
f0151592_14485944.jpg

【日時】2010年11月13日(土)・14日(日) 11:00ー17:30

【会場】『西御門サローネ』 〒248-0004 鎌倉市西御門1-19-3

【アクセス】→ 地図

 ・鎌倉駅東口のバス乗り場4番・5番にて京急バス
 (「大塔宮」「太刀洗」「金沢八景」「ハイランド循環」行きのいずれも可)に乗車
  〜「大学前」下車、バス停より徒歩10分

 ・駅から徒歩の場合は、若宮大路(段葛)を経て鶴岡八幡宮へ
  〜境内を横切る流鏑馬道を右折、境内を出て横浜国大付属小中学校のフェンス沿いに進み、
  「来迎寺」の表示に従い道なりに(駅から徒歩20分少々)

 ☆13日(土)は無料駐車場あり。

 ☆14日(日)は10時から16時まで車は進入禁止になります。
  16時以降に車でお越しの方に若干の駐車スペースを御用意しております。
  時間帯に御注意の上お越しくださいますようお願いいたします。

【入場料】無料

【出店業者】
  『おおの』(鎌倉・和骨董/編集者・エッセイストでもある大野陽子さん)
  『きこゆ』(葉山・和骨董)
  『西澤』(東京・和骨董/奈良の『河瀬』で修業された若手業者さん)
  『和順』(海老名・和骨董/この方も文筆業をされているそうです)
  『一閑』(鎌倉・仏教美術)
  『ギャラリーブリキ星』(西荻/いつもお世話になっております)
  『ロータス・ブルー(青蓮亭)』(ひばりヶ丘・いろいろ《笑》)

【お問い合わせ先】『一閑』細田さん
 鎌倉市二階堂43-205/ E-MAIL: k.hosoda@vesta.ocn.ne.jp /TEL:0467-60-4752

*******************************************

f0151592_1521783.jpg

里見邸で酔いつぶれる小津安二郎(鎌倉文学記念館 蔵)。

(註:この写真に写っている里見邸は、晩年に住んでいた別の家だという御指摘を受けました)

敬愛する小津安二郎監督との交遊を知りつつ、
恥ずかしながら里見弴の小説はまだ読んだことはありません。
手始めにこの評伝でもひもといてみます。


*******************************************

この催しのレポートはこちらです。

by penelope33 | 2010-10-16 15:07 | お知らせ | Comments(0)
2010年 10月 15日

「第23回 西荻骨董好きまつり」出店レポート

少々間が空いてしまいましたので、サクッと御報告。
9日(土)、「第23回 西荻骨董好きまつり」の出店を無事に終えました。

家のことでバタバタしてしまい、約2ヶ月間ほぼ休業状態が続き、
準備もままならなかったのですが、
「参加することに意義あり」と開き直っての出店でした。

新居が「ひばりヶ丘」に決まったときには、
「(大荷物を持って)いったい西荻にはどうやって出店すればいいの?」と
途方に暮れましたが、
西武池袋線で「大泉学園駅」まで行くと、南口から「西荻駅」行きのバスが出ていることを発見。
会場の「井荻會館」最寄りのバス停「地蔵坂上」にも停まるので、案外便利です。

7時45分には会場入り。
荷物が少ないので、品物を全部並べ終わり、写真を撮り、
1階の様子を見る余裕がありました。

f0151592_0115795.jpg


つづく

by penelope33 | 2010-10-15 00:21 | 西荻骨董好きまつり | Comments(4)
2010年 10月 07日

「第23回 西荻骨董好きまつり」出店のお知らせ

第23回 西荻骨董好きまつり」のお知らせです。
10月9日(土)・10日(日)の2日間の開催です。

今回のテーマは「兎と月」。

わたくし「ロータス・ブルー(青蓮亭)」は、
9日(土)、いつものように2階の一角に出店させていただきます。

通常は前日から搬入、手持ち出店の限界に挑むかのような荷物量と、
念入りなディスプレイ計画のもとに出店する青蓮亭でありますが、
今回はもう「当日搬入の行き当たりばったり」です。

新入荷品と売り切り処分品を取り混ぜて御用意、
皆様のお越しをお待ちしております。

会場の「井荻會館」の建物の画像はこちらで御覧いただけます。
前回の私の出店レポートはこちらです。

f0151592_2282138.jpg


by penelope33 | 2010-10-07 22:09 | お知らせ | Comments(0)