<   2011年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 31日

面会

24年前に50歳で倒れて以来、病床に伏している義父。
普段は義母が家庭内看護の限りを尽くし、
容態が悪化すると、消防署に勤務する救急隊員である義兄が大学病院に入院させる。

次男坊である相方とそのヨメである私は、義母と義兄に頼りっぱなしだ。

義父は体が不自由ながらも、家族や親戚のことはもとより、
世間や社会の動向までなんでもよくわかっていて、
家長の威厳を保ち続けてきたすごい人だ。

半身不随になって24年、
胃ろうをして食べる愉しみをなくしてからも10年生き続けていること自体、
常人にはほとんど考えられないことだという。

その父が肺炎を起こし、家族はみな「もう在宅看護は無理」と覚悟している。

昨日はZOOとふたりで病院に面会に行った。

ケータイで撮った下の画像は、病院の前の広葉樹。
遠目にはまだ冬木立だけれど、もうたくさんの新芽が出ている頃だろう。

f0151592_9423348.jpg


つづく

by penelope33 | 2011-03-31 09:45 | つれづれ | Comments(4)
2011年 03月 28日

晴れた午後に 2

外で見るとちっさいのである。

f0151592_20545179.jpg


つづく

by penelope33 | 2011-03-28 21:02 | つれづれ | Comments(8)
2011年 03月 26日

土人形のお狐さん(鉄砲狐)

鼻が低く、どことなく猫に見えるお狐さん3体。

実家の庭に面して母方の本家のお稲荷さんがある。
昔飼っていた猫の「よね」が、よく磁器のお狐さんを落として割ったことを思い出す。

伯母はさぞ苦々しく思っていたことだろう……。

(明治頃/高さ:約9〜9.3cm/御売約)

f0151592_2340958.jpg


つづく

by penelope33 | 2011-03-26 23:44 | 古いもの・古びたもの | Comments(4)
2011年 03月 25日

古銅飯器水指

シンプルなフォルムと漆黒を呈した古銅の質感に惹かれて購入した。

(江戸中期/直径:約21.2cm・高さ:約14.8cm/御売約)

f0151592_23451442.jpg


つづく

by penelope33 | 2011-03-25 23:49 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2011年 03月 23日

「第24回 西荻骨董好きまつり」出店のお知らせ

「第24回 西荻骨董好きまつり」のお知らせです。
4月9日(土)・10日(日)の2日間の開催です。

今回のテーマは「『結んで 開いて 重ねて 並べて』を愉しむ骨董づくし」。

「ロータス・ブルー(青蓮亭)」は、
9日(土)に出店させていただきます(1階か2階か、まだわかりません)。

「もし東京が直下型の大地震に襲われたら……」と想像すると、
あの古い木造二階建ての井荻會館が一層貴重なものに思えてなりません。

テーマに沿った品がどれだけ揃えられるかわかりませんが、
皆様のお越しをお待ちしております。

前回の私の出店レポートはこちらです。

f0151592_18534395.jpg


つづく

by penelope33 | 2011-03-23 19:03 | お知らせ | Comments(2)
2011年 03月 21日

小さな白磁の硯(墨汁容器)

おそらく昭和初期頃のものと思われる小さな白磁の容器。

一見すると硯だけれど、裏側に「専賣特許 墨汁容器」とあるから、
これで墨を擦ることは想定していなかったようだ。

代用品なのか、また、「舎密局(せいみきょく)」関係のものかどうか、詳細は不明。

(縦:約8.8cm・横:約5.3cm・高さ:約2.9cm/御売約)

f0151592_22334232.jpg


つづく

by penelope33 | 2011-03-21 22:44 | 古いもの・古びたもの | Comments(4)
2011年 03月 18日

鳥の子手向付 詳細画像

リクエストがありましたので、
この『鳥の子手向付』の画像をアップいたします。

それぞれ、画像にカーソルを置いてクリックすると拡大します。

f0151592_15465363.jpg


つづく

by penelope33 | 2011-03-18 15:50 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
2011年 03月 16日

おいしいお茶

ヨシミさんにもらった『tetería』さんの紅茶「CTC-MILK」。
おいしくてグビグビ飲んでしまって、もう底をついた
(ジャムの空き瓶に入れていた。元は四角いシンプルなスチール缶に入っている)。

そのままでは飲めないほど濃いめに淹れ、ミルク(私は豆乳)を足すと、
まるでココアのようにコクのあるミルクティーがカンタンに飲める。

通販できるといいんですけどね。
『tetería』主宰のOさんはおひとりで全ての業務をこなしているらしく、
まだ卸売りしかしていないみたい(→ 通販始まりました!)。

私はどちらかといえば “左党” だけど、そのミルクティに
もうひとりのO氏からいただいた濃いハチミツを入れたりもする。

f0151592_23253081.jpg


つづく

by penelope33 | 2011-03-16 23:46 | つれづれ | Comments(8)
2011年 03月 15日

『20世紀 日本の地震災害』

『20世紀 日本の地震災害』という40分のビデオ作品があります。

「財団法人 日本気象協会」という団体の発注で、
私が以前勤めていた「(株)日本映画新社」という映像製作会社が2003年に製作したものです
(この会社はもう解散しています)。
シナリオ・ディレクション・編集を相方が担当しました。

その前年だったかと思いますが、同社で古い記録映像の保管や活用をする部署にいた私は、
自社で保有している関東大震災以降の地震の記録映像を
『震災の記録』というタイトルでVHS2本のパッケージにまとめました。

『震災の記録』は、元のニュース映画や短編映画をただつないだだけのものですが、
社のプロデューサーがこれを日本気象協会にプレゼンテーションし、
新たなビデオ作品製作につながったという経緯があります。

「大きな図書館で借りられるので、機会があったらぜひ」と書こうとしたところ、
中国の無料動画サイト『youku』に全編アップされているのを見つけました
(日本の『ニコニコ動画』でも3分割してアップされていますが、
最新のFlash Playerがないと観られません)。

日本を襲った様々な種類の大地震の記録映像と、
そこからどんな課題が投げかけられたかをコンパクトにまとめており、
テレビで連日放送されている今回の地震に関する報道を観る上でも、
ある「軸」のようなものを与えてくれる作品です。

御興味のある方、お時間のあるときに御覧になってみてください → こちら

(Tプロデューサー、勝手にゴメンナサイ……)

f0151592_212211.jpg


つづく

by penelope33 | 2011-03-15 21:04 | 観る・聴く・読む | Comments(2)
2011年 03月 14日

洗濯をしながら

東京電力の発表した「計画停電」の情報に振り回される。
結局今日は私の住んでいる地域では停電はなく、助かった。

夕方から洗濯。
家があって、電気が通じて、水が出ることのありがたさ。

洗濯機は相変わらず二槽式なので、洗濯中台所にいる間、
壊れ物のポットをどかしてスカスカしていた吊り棚の上に、
落ちても危なくない(or 壊れてもいい)モノを置いた。
でも、なんかチグハグだ……。

f0151592_22333528.jpg


つづく

by penelope33 | 2011-03-14 22:57 | つれづれ | Comments(8)