<   2011年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 31日

色ガラスのおろし皿

「青蓮亭」の密かな人気商品、おろし皿。

いつも「売れなかったらウチで使おう」と思っているのだけど、
さて、この涼しげな青緑色のガラス製おろし皿の行方は……?

骨董の器でいただきます』(監修:森田 直/淡交社 刊)という本に、
これと同じで一回り大きなものが載っていた。

(大正期/縦:約16.5cm・横:約10cm/御売約)

f0151592_18223085.jpg


つづく

by penelope33 | 2011-05-31 18:33 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2011年 05月 30日

日輪と蝶の図 瀬戸陶胎染付印判飯碗

線香花火の火花のような図柄はおそらく日輪=太陽だと思う。
いや、太陽がこんなにたくさんあるのは変かな……?

灼熱の太陽、もしくは夜空にスパークする花火の合間を蝶が乱舞する、大変ハジケた文様。
黒木和雄監督のカルトムーヴィー『とべない沈黙』のことを思い出した。

しかも磁器ではなく陶器、いわゆる「陶胎染付」の印判ヴァージョン。

(明治期/直径:約12cm・高さ:約5.5cm/御売約)

f0151592_20322111.jpg


つづく

by penelope33 | 2011-05-30 20:49 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2011年 05月 27日

繭皿2種

すみません、「またか〜」って感じでしょうが、御注文品でして……。

ともにドライな質感で、白っぽいのと黒々としたのと2枚入荷しました。

(白っぽいほう=A《最大直径:約31.5cm 》/
黒っぽいほう=B《最大直径:約31.8cm》 /ともに御売約)

f0151592_22522155.jpg


つづく

by penelope33 | 2011-05-27 23:03 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2011年 05月 25日

衣替え

今は冬毛が夏毛に変わる時期。
外から帰ってきたヤマコの体を拭いた雑巾をゆすぐと、
薄茶色の毛がモヤモヤと排水口にたまる。

猫毛でもフェルトって作れるんだろうか……?

f0151592_21313725.jpg


つづく

by penelope33 | 2011-05-25 21:36 | つれづれ | Comments(6)
2011年 05月 24日

色絵鳥紅葉図茶壺

真鍮製……ではなく、よく見ると真鍮鍍金(めっき)の大きな茶缶。

普段は当然のことのようにこんな無地のものを選ぶが、
この枯れた色合いの鳥と紅葉の絵にしみじみと打たれた。

この蒔絵の文箱に通じる風情がある。
最近、自分は鳥や紅葉のモチーフが好きなんだなと気がついた。

(直径:11cm・高さ:12.5cm/御売約)

f0151592_23241761.jpg


つづく

by penelope33 | 2011-05-24 23:32 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2011年 05月 23日

竹の子と紅葉川の図のくらわんか膾皿

タイトルを「くらわんか」としたけれど、
“くらわんか風” といったほうがいいのかもしれない。

普通のくらわんかの膾皿(なますざら)より深さがあり、
口辺はやや端反り・薄手になっており、しかも控えめな輪花型。

図柄は、ほとんどポップといえるほど抽象化が進んでいる。

(江戸中期?/直径:約13.4〜13.9cm・高さ:約4.5cm/御売約)

f0151592_21184929.jpg


つづく

by penelope33 | 2011-05-23 21:23 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2011年 05月 20日

古い木杓子

アメリカ西部で購入したものをお譲りいただいた。
材はよくわからないが、こちらの表を見ると「ビーチ(ブナ)」あたりじゃないかと思う。

全体の半分以上を占める「匙」の表情が豊かで、すべすべした手触りも心地よい。

(アメリカ/1900年代初頭/長さ:約23.3cm・幅:約14cm/御売約)

f0151592_1564530.jpg


つづく

by penelope33 | 2011-05-20 15:15 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2011年 05月 16日

『第三回 二子ノミの市』出店レポート

5月14日(土)A.M.11:00〜、二子玉川の『Café Lisettte(カフェ リゼッタ)』前 で
第三回 二子ノミの市』が開かれました。

世田谷のタウン誌(『世田谷ライフmagazine 2011. No.36/二子玉川大特集』)に
第一回のノミの市の様子が掲載されたことや、ホームページができたことで、
この市を知る方も増えたようですね。

『震災復興支援マーケット』のフリーマーケットがお目当ての方も多かったのか、
二子朝市』ほどではありませんが、開場前に行列ができていてびっくり。

スタート時はちょっとしたラッシュ状態でした。

下の画像は当店『ロータス・ブルー』(手前)と『GARAGE』さんのブース。

f0151592_17304179.jpg


つづく

by penelope33 | 2011-05-16 18:21 | 二子ノミの市 | Comments(8)
2011年 05月 13日

明日は『第三回 二子ノミの市』です。

明日は「第三回 二子ノミの市」です。

ここサイタマでは今日は夏日でした。
いましがた夕立が降って驚いております(ホントに夏みたい……)。

予報では、明日もよく晴れて「蚤の市日和」となりそうです。

下の画像は『世田谷ライフmagazine 2011. No.36/二子玉川大特集』に掲載された記事。

第一回の二子ノミの市の開催は厳寒期の1月でした
(でも結構暖かい日でしたね……)。

f0151592_19263732.jpg

皆様の御来場を心よりお待ちしております。

by penelope33 | 2011-05-13 19:32 | お知らせ | Comments(0)
2011年 05月 13日

紅い紙の繭皿 2枚

以前なかなか売れなかったこの「紅い紙の繭皿」にもリクエストをいただいた。

「黒丹波猪口」といい、「地味だけどいいんだよな〜」と思うような品に
関心を持ってくださる方が少しづつ増えてきて、ありがたいことです。

ただ、古いものは個体差が大きく、
以前と全く同じ品というわけにはいかないので、お気に召すかどうか……?

【A】(御売約)
f0151592_1652449.jpg


つづく

by penelope33 | 2011-05-13 17:03 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)