青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 30日

旅と御褒美

身内から旅行券を譲ってもらったので、2泊3日で秩父・長瀞に行ってきた。

旅行に行くのは確か5年ぶり位。
ヤマコが2007年の夏に我が家に来てから、
ZOOとふたりで一晩家を空けたのは、今年の6月の義父の通夜のときだけだ。

小学校4年の遠足以来の長瀞は、家から近い割に独特な景観が楽しめ、
同じ埼玉の観光地でも、私の実家のある川越ほど俗化しておらず、鄙びた雰囲気がよかった。

SLを含め電気機関車などの古い車両の走る『秩父鉄道』に乗り、すっかり「鉄子」な気分。
ハイキング・登山もしないのに『三峰口』まで行き、
車窓からセメント工場やら曼珠沙華(彼岸花)やらを眺めてきた。

わたらせ渓谷鐵道』で行く桐生に通ずる “寂れ感” が何ともいえない。

寳登山(ほどさん)神社」が『ミシュラン・グリーン・ガイド』に1つ星として掲載されたため、
にわかに長瀞が注目を集め始めているということは、出かけてから現地で知った。

旅先では携帯電話で少し写真を撮ったのだけど、
画像をPCに移そうとして、間違って全部消去してしまった。

思いのほか気分転換ができた旅だったが、
ZOOも私も家に残してきたヤマコのことが気にかかり、3日目は早々に帰宅。

玄関のドアを開けると、すぐにヤマコがダッダッダッと階段を降りてきた。
ニャーニャー言っているのだけど、なんだか様子が変だ。

目一杯鳴いているはずなのに、かすれてちっちゃな声しか聴こえない。
どうやらひとりでいる間に鳴きすぎて声が枯れてしまったらしい。
いや、もしかして、私たちの留守中ずっと黙っていたのか……?

ひとりぼっちで「ふみふみ」をしたのか、座布団にかけたフリース毛布がクシャクシャになっていた。

猫も人もすっかり相互依存してしまい、困ったものだ……。

帰宅後、早速並んで昼寝をするZOOとヤマコ。

f0151592_102386.jpg


つづく

by penelope33 | 2011-09-30 01:17 | つれづれ | Comments(4)
2011年 09月 23日

『第25回 西荻骨董好きまつり』出店のお知らせ

『第25回 西荻骨董好きまつり』のお知らせです。
10月8日(土)・9日(日)の2日間の開催です。

今回は特にテーマが与えられていないので、正直なところホッとしております。

「ロータス・ブルー(青蓮亭)」は8日(土)、
おそらくまた2階の一角に出店させていただくことになるかと思います。

普段このブログを御覧いただいている皆様、
「青蓮亭ってどんな奴?」と思われたら、どうぞのぞきにきてやってください。
「ヤマコが好き」という方も大歓迎です。

もちろん、お帰りに何か買っていただけるともっとうれしいですけど、
まあ、畳敷きの古い部屋でなごんでいっていただくのが一番と思っております。

会場の「井荻會館」の建物の画像はこちらで御覧いただけます。
前回の私の出店レポートはこちらです。

皆様のお越しをお待ちしております。

f0151592_20461086.jpg


つづく

by penelope33 | 2011-09-23 20:46 | お知らせ | Comments(0)
2011年 09月 22日

澄 敬一「monophony」展と「裸形のデザイン フランス」展

今日22日(木)から、南青山の『DEE'S HALL』で、
澄 敬一さんの展覧会「monophony」が開かれています(30日《金》まで)。

私は、明日あたり行けるかなぁ……?

この展覧会に合わせ、
山口信博さん主宰の『折形デザイン研究所』が3日間限定のBar『Bird Bar』を開きます。
『折形デザイン研究所』と併設の『Shop様方堂』は、澄さんがデザインした空間です。
詳細はこちらに。

また、いつも『二子ノミの市』でお世話になっている滝本玲子さんが、
西麻布の『さかむら』のあった場所で『R』という喫茶店をオープン。
詳細は、こちらに。

3ヶ所とも歩いていける距離。
御興味のある方は、ぜひハシゴしてみてください。

********************************************


当ブログの澄さんに関する記事を以下にまとめて記載しておきます。


2008年3月10日 極北のふたご星~『1×1=2 二人の仕事』(澄 敬一×松澤紀美子 著)

2008年8月21日 鳩時計 push me pull you「澄 敬一の仕事」展を観て

2009年12月14日 詩は何から生まれるのか〜 澄 敬一「ルアッサンブラージュ」展

2010年3月5日 過去を未来へ解き放つ〜 澄 敬一「the winter market」展


********************************************

そして、澄さんが関わっている「裸形のデザイン」プロジェクトが、
海外で新たな展開を見せていることを、遅ればせながら御紹介したいと思います。

f0151592_00618.png


つづく

by penelope33 | 2011-09-22 23:56 | お知らせ | Comments(2)
2011年 09月 20日

雨の日

雨の日は、いつもより余計に寝てしまう。

f0151592_18442963.jpg


つづく

by penelope33 | 2011-09-20 18:49 | つれづれ | Comments(6)
2011年 09月 15日

三越の “防蟲器”

赤い「越」マーク、「防蟲器」「PATENT」の文字が刻まれたプレート付きの、
三越デパートの防虫ケース。

毛皮のストールやカシミアのセーターなど、
高級な服飾品を保管するためのものだったのだろうか……?

捨てられない紙ものの整理に、
カメラやレンズなどの写真用品、乾物類のストックケースにと、いろいろ使えそう。

(幅:約43.3cm・奥行き:約29.2cm・高さ:約14.1cm《金具部分含む》/御売約)

f0151592_20302144.jpg


つづく

by penelope33 | 2011-09-15 20:42 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
2011年 09月 13日

『第五回 二子ノミの市』出店レポート

9月10日(土)A.M.11:00〜、二子玉川の『Café Lisettte(カフェ リゼッタ)』前 で
第五回 二子ノミの市』が開かれました。

予報では都内の最高気温は32度でしたが、地面の近くは軽く35度を超えていたと思われ、
並べた商品の中の金物はもちろん、お皿なども、触ると「アチチッ!」といった具合。
ペットボトルの水、しばらく置いていたら、完全に「お湯」になっていました……。 ^^;

陽射しが強すぎて小さなデジカメの液晶画面がよく見えず、撮影に苦労しました。

下の画像は当店『ロータス・ブルー』の一角。

f0151592_19513949.jpg


つづく

by penelope33 | 2011-09-13 20:34 | 二子ノミの市 | Comments(0)
2011年 09月 09日

明日は『第五回 二子ノミの市』です。

明日は「第五回 二子ノミの市」です。

そのつもりはなかったのですが、なんとなくシミュレーションをしてしまいました。
でも、たぶんこんなに持って行けないだろうななぁ……。

f0151592_21313528.jpg


つづく

by penelope33 | 2011-09-09 21:33 | お知らせ | Comments(0)
2011年 09月 08日

ゴーヤ大豊作

7月初旬に苗を地植えし、7月末はこんな状態
8月半ばにはこんな状態だったゴーヤが、思わぬ豊作に。

f0151592_2036324.jpg


つづく

by penelope33 | 2011-09-08 20:45 | つれづれ | Comments(0)
2011年 09月 08日

蝶と葵文 瀬戸青白磁陽刻菊花形豆皿

白磁でも陽刻の器はあまり好まないのだけど、サイズと形が愛らしいので仕入れてみた。

丁寧なつくり、青みを帯びたきれいな上釉から、
最初「伊万里?」とも思ったが、「大正頃の瀬戸製ではないか」のこと。

箸置きにしたり、天ぷらを盛った皿に塩を入れて載せたりと、
何かと出番がありそうな豆皿。

(縦:約7.5cm・横:約5.5cm・高さ:約1.6cm/6客組/御売約)

f0151592_19281733.jpg


つづく

by penelope33 | 2011-09-08 19:37 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
2011年 09月 07日

青蓮亭好みの裂織(サキオリ) その5

さほど古いものではなさそうなので、「クラフト」のカテゴリで御紹介。

渋い藍をベースに、濃い褐色〜茜色のラインが入り、
霜降り状に織り込まれた白い糸がアクセントになっている。

帯として使えるコンディション。

(幅:約22.2cm・長さ:約347cm/在庫アリ)

f0151592_19405982.jpg


つづく

by penelope33 | 2011-09-07 19:44 | クラフト・デザイン | Comments(0)