青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 29日

プルシアンブルーの琺瑯トレイ

大きな紺青色の琺瑯トレイ。

材料不足や不安定な製造条件のもとで作られたのか、
鮮やかな青とグレイッシュな青が入り交じって、とても複雑な色合いをしている。

その分、表面に不純物(小さなツブツブ)も見られるが、
現代のきれいな琺瑯製品にない味わいが魅力的。

縁に若干の錆はあるものの、デッドストックで上々のコンディション。

(昭和前期?/直径:約35.8cm・内径:25.4cm・高さ:約3.6cm/御売約)

f0151592_2245122.jpg


つづく

by penelope33 | 2012-06-29 23:00 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2012年 06月 28日

カスタマイズされた木製フレーム

シンプルで手頃な値段のフレームを探していて目に留まった、
イギリス製のオーク(樫)材のフレーム。
お譲りいただいた方によると、1940年代頃のものだとのこと。

吊り下げるためのアルミの金具が取り付けられている。

飴色になった上質のオーク材とチープなアルミ金具のミスマッチの妙
(アルミ金具はマイナスネジで取り付けられているので、はずすこともできる)。

(フレーム部分のみのサイズ=縦:約24.1cm・横:約20.2cm・厚さ:約7mm/御売約)

f0151592_21481558.jpg


つづく

by penelope33 | 2012-06-28 22:23 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2012年 06月 26日

瀬戸陶胎染付草花文膾皿

江戸後期、肥前地方を中心に作られた大衆磁器『くらわんか』を模して、
瀬戸地方で作られた染付陶器が『陶胎染付』。

小傷のある膾皿をこちらの記事の最後で御紹介したことがある
(今回のものは前回のものよりも白っぽいので、もしかして “美濃系” ……?)。
“やわ” で傷ができやすいので、完器は貴重だと思う。

粗雑な土と焼き(どちらもやや甘手)、闊達な筆の鄙びた絵に味わいがある。

(左=【A】・右=【B】/ともに直径:約13.7〜13.9cm・高さ:約3.7cm/御売約)

f0151592_222273.jpg


つづく

by penelope33 | 2012-06-26 22:35 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2012年 06月 25日

イギリスの四角いバスケット その2

イギリスで “Potato Basket” と呼ばれている伝統的なバスケット。
以前扱ったものよりやや小さめ。

飴色で状態がよいものはだんだん稀少になりつつあるそうで、
店主が私物にしている場合が多いのだとか。

「買物かごに」とおっしゃっていた方の客注品。
まだ御入用かな……?

(幅:約36.5cm・奥行き:約27cm・バスケット部分の高さ:約19cm/御売約)

f0151592_2201299.jpg


つづく

by penelope33 | 2012-06-25 22:05 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2012年 06月 22日

折り目正しい塵取り

丁寧につくられたトタンと無垢材の塵取り(デッドストック品)。

清掃のための道具だが、ながめていると、
簡素で端正なたたずまいに気持ちがスッとする。

真ん中あたりに白く見えるのはラベルを剥がした跡だと思う。
よく水洗いすれば取れるはず。

f0151592_21362147.jpg


つづく

by penelope33 | 2012-06-22 21:44 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2012年 06月 20日

“ほし よりこ” 的な招き猫

“『猫村さん』のような” としたほうがキャッチーなのだが、
つぶらな右目が、あまり猫村さんには似ていない。

でも、いかにも『きょうの猫村さん』の作者の「ほし よりこ」的なキャラクター。
こんなにユルい感じの招き猫は見たことがない。

鈴をつけた首紐や、ブチ模様・尻尾の色が青・緑系なのも “異色”。

右耳のところに欠けがある。
f0151592_22392098.jpg


つづく

by penelope33 | 2012-06-20 21:54 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
2012年 06月 19日

義父の一周忌

昨日は昨年亡くなった義父の一周忌。
今日は町田の家で、義母・義兄・ZOOと私とで食事をした。

川越の実家とは対照的な西洋風の庭が、雨に濡れて一層鮮やかに見えた。

f0151592_2047382.jpg


つづく

by penelope33 | 2012-06-19 21:05 | つれづれ | Comments(4)
2012年 06月 18日

ちょっと新しめのワイヤー製水切りカゴ

このワイヤーかごの在庫のお問い合わせをいただいたのが1月だから、
もう代替品を買われてしまったかな……?

デッドストックで全く錆びていないので、
台所の水切りカゴとしてまだまだ現役で働いてもらえる。

以前買ったものよりワイヤーが太く、サイズも大振り。

(昭和中期頃/直径:約36.5cm・高さ:約13.5cm/御売約)

f0151592_2132425.jpg


つづく

by penelope33 | 2012-06-18 21:11 | レトロ・ポップ | Comments(0)
2012年 06月 17日

おいしい撮影 その3(6/16)

16日(土)は “スープ本” の撮影の最終日。

下の画像の一番左にあるのは、
家にあったA5版ノートを綴じ合わせ、実際の本と同じ頁数にした自分用の “データブック”。

その他は、最終日の撮影のために用意した、器のコーディネートのラフプラン。

本の詳しい内容はまだ社外秘なので、これで出来上がりを想像してください……。

f0151592_20171054.jpg


つづく

by penelope33 | 2012-06-17 21:33 | 書籍『野菜のポタージュ』 | Comments(0)
2012年 06月 15日

最後の、器・器・器……。

“スープ本” の明日の撮影分のラフデザインをいただいたので、
コーディネートのベースを考え、使いそうな器を絞り込んだ。

f0151592_18343587.jpg


つづく

by penelope33 | 2012-06-15 18:40 | 書籍『野菜のポタージュ』 | Comments(0)