青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2012年 08月 30日

今日の朝ごはん(スクランブルエッグ他)

夏風邪をひき、3日間、昼間はひたすら眠って、夜1食しか食べなかった。

3夜連続でオリジン弁当と枝豆、2夜は+ゴーヤぽん酢。
ひとりだったら何かテキトーに作って食べるけど、
腹ペコオヤジの食事+晩酌セットを作る気力がなかった……。

今朝も途中までZOOにつきあって空が明るくなるまで起きていたものの、
4時間位寝て目が覚めたので、とりあえず何か食べなくちゃと思い、洗濯をしながら、
トマト・シメジ・オクラのソテーとスクランブルエッグの朝ごはんを作った
(すごいボリューム……)。

今夜は珍しく外食の予定が入っているから、冷蔵庫の中のハンパな食材を使い切りたかったのだ。

f0151592_14411313.jpg


つづく

by penelope33 | 2012-08-30 16:50 | つれづれ | Comments(16)
2012年 08月 30日

古伊万里染付若松文向付

猛暑に加えてトシのせいもあるのだろうけど、
夏風邪その他で、この3日間ダミンをむさぼってしまい、気がつくと9月が目前……。
今月中にもうひと頑張りせねば……
(皆様は、どうぞくれぐれも御自愛くださいますよう)。

さて、「若松繪 猪口拾入」と墨書きのある元箱に収められていた、この古伊万里若松文向付
すんなりとした端反りの形が蕎麦猪口よりも粋で、
お茶にお酒に酒肴に、まことに使い勝手がよろしい。

たくさんあるのでとりあえず画像を1点だけ。
詳細画像を御覧になりたい方はコメント欄よりお知らせください。

おそらく10/13の『西荻骨董好きまつり』に持って行くことになるでしょう。

(江戸中期〜後期/口径:約7.6cm・高さ:約5.1cm《個体差アリ》/在庫:難アリ2客)

f0151592_2359969.jpg


つづく

by penelope33 | 2012-08-30 00:02 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
2012年 08月 26日

瀬戸鉄釉猪口

以前も書いたが、白いやきものと同じ位、黒や褐色のやきものに惹かれる。

普通の蕎麦猪口サイズだったら手が出ない値段だったかもしれないし、
またこれほど惹かれることもなかったかもしれない。

これは “チビ” だからいいのだ。

(江戸後期/口径:約7〜7.3cm・高さ:約5.2cm/御売約)

f0151592_1272914.jpg


つづく

by penelope33 | 2012-08-26 01:46 | 古いもの・古びたもの | Comments(4)
2012年 08月 24日

小菊と鹿の子文 印判手飯碗

小菊に鹿の子文があしらわれ、着物柄のようなかわいらしさ。

リクエストにお答えして御紹介します。

(口径:約11.4cm・高さ:約6cm《個体差アリ》/御売約)

f0151592_1174135.jpg


つづく

by penelope33 | 2012-08-24 01:43 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
2012年 08月 23日

古手の琺瑯リム皿

昭和20年代以前の日本製琺瑯リム皿。
ブルーグレーの色合い、琺瑯の薄さ、錆び具合、深さのある形……。

ウブ出しの荷ではないので、
「仕入れて売っても大した儲けにならないなぁ……」と思いつつ、
あらがいがたい魅力に負けて購入。

私の隣りでO氏が1枚買っていた。
「これで売るアテがひとり減ったなぁ」と思いながら、あるだけ全部包んでもらった。

最初の画像は深皿(左が【A】、右が【B】)。

(深皿……直径:約20cm・高さ:約3〜3.5cm/御売約/
 浅皿……直径:約20cm・高さ:約2〜2.3cm/御売約)

f0151592_2261045.jpg


つづく

by penelope33 | 2012-08-23 22:27 | 古いもの・古びたもの | Comments(4)
2012年 08月 21日

遅い昼ごはん(しらす丼、ゴーヤぽん酢)

いつも朝や昼はZOOがコーヒーを飲むから(私は紅茶)
自然とパン食になるのだけど、今日はコーヒーを切らしていた。
ゆうべ炊いたご飯があったので、こんな感じに。

Twitterで「ゴーヤぽん酢」を食べている人を見かけたから、
きっとそうやって食べている人は多いんだろうな。

ウチの「ゴーヤぽん酢」。
ゴーヤをタテ半分に切り、スプーンでわたを取り、
薄くスライスして水にさらし、水気を切り、塩少々をふって、両手でギュっと絞る
(しばらくおいてもう1度絞ると、後で水っぽくならず味がよくなじむ)。
味ぽん・胡麻油を適量、酢・レモンを少々、かつおぶし・すりゴマをたっぷり加えて、よく混ぜる。

ゴーヤは炒めるのもおいしいけれど、
酸っぱいもの好きの我が家は、飽かずに毎日庭から2本位穫ってきてこれを食べている。

味噌汁の具は大根の葉とジャガイモとワカメ。

しらす丼は、温かい七穀米ご飯に、庭の大葉・湯がいたしらすを乗せ、青海苔をパラリ。
種を取った梅干し・酢・みりん少々を練って添えただけ。

こんなお手軽ゴハンでも、作って後片づけまでやると、なんだかひと仕事したような気になる。
毎日毎日、きちんと家族のゴハンを作っている人はタイヘンだなぁと思う。

f0151592_19131656.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨


上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
こんなヒマネタですが、お気が向かれましたらよろしくどうぞ。

by penelope33 | 2012-08-21 19:21 | つれづれ | Comments(3)
2012年 08月 20日

モダンな渦文のガラスボウル

我ながら輪線文とか渦文とか縞とかにヨワいと思う。

ガラスの場合、この “グルグル” は「陽刻」でもないし、なんと呼べばよいのだろう?
製法は「型吹きガラス」で、後からこの細いヒモ状のガラスをくっつけたのだろうか?
(何とも心もとない解説で申し訳ありません)

お譲りくださった方から昭和初期頃のものとお聞きしたが、
そんなに古いものとは思えない程シンプルでモダンな意匠
(いや、“シンプル&モダン” な古いものなんて、たくさん見てきたんだけど……)。

どなたからもお声がかからなかったら、迷わず “私物化” していたと思う。

(口径:約16〜16.4cm・高さ:約7.3cm/御売約)

f0151592_22542726.jpg


つづく

by penelope33 | 2012-08-20 23:04 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2012年 08月 20日

蓋付きの金魚鉢

シンプルな角形の古い金魚鉢。
ガラスの蓋がついていることで魅力倍増。

さあ、何を入れましょうかね……?

撮影時に中に入れたのは、『うらわ美術館』で購入した、マルセル・デュシャン
『彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁さえも《通称 “大ガラス” 》(グリーンボックス)』
(1934年)のポストカード。

ま、シャレです……。

(幅:約17.6cm・奥行き:約14cm・高さ:約15cm/御売約)

f0151592_053071.jpg


つづく

by penelope33 | 2012-08-20 00:16 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2012年 08月 17日

小さな捏ね鉢

古い台所道具の「捏ね鉢」は巨大なものが多いけれど、これは珍しく小さなサイズ。
コロンとしていて、なんだかかわいらしい。

といっても、「捏ね鉢」として相対的に小さなだけで、
手持ち出店でこれを持って行き、売れずに持って帰るとしたら、
かなりユーウツになるのは間違いない(重さは1kg強)。

そんなわけで、結構前に仕入れた品なのだが、
「お気に入り」ということもあり、しばらく家に置いていた。

いやいや、そんなことは言っていられない……。

(直径:約30.8〜30.5cm・高さ:約9cm/御売約)

f0151592_2014593.jpg


つづく

by penelope33 | 2012-08-17 20:31 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2012年 08月 16日

素性のわからない白磁急須

上手・下手、ふたつの要素を併せ持つところがおもしろい、
ちょっと不思議な作行きの白磁急須。

パッと見たところ、「瀬戸産?」「時代の下る平佐?」とも思ったけれど、
高台内を放射状に削った形状を見ると、中国生まれの可能性も。

九州から出た品と聞いている。

画像を多めにUPいたしますので、皆様の御意見もおうかがいできればと思います。

(幅:約12.1cm・胴径:約9.3cm・内容量:300cc強/御売約)

f0151592_21165545.jpg


つづく

by penelope33 | 2012-08-16 22:00 | 古いもの・古びたもの | Comments(12)