<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2012年 09月 27日

『野菜のポタージュ』作家の器リストとスタッフの横顔

私が初めて器のコーディネートを担当させていただいた書籍、
野菜のポタージュ ~1週間分まとめてつくる 毎日のからだを整える季節のスープ~
(著者:石澤清美/出版社:株式会社マイナビ/A5版/112ページ/税込1,365円)。

この本はあくまでも「料理本」で「器の本」ではありませんが、
先日の御紹介以上に今の私ができることといえば、
ビジュアル面をアピールすること位ですので、
今日は作家物の器のデータとともに画像もいくつかUPしてみたいと思います。


この本の器のコーディネートのお話を受けた際、
最大の難問は、一部のアレンジメニューを除き、
ほとんどのお料理が均質化した淡い色合いのポタージュスープだということでした。
その優しい色を引き立たせつつ、1冊の本の中で変化を持たせないといけない……。

野菜の色や旨味を凝縮したポタージュには、
豊かなディテールや存在感を持ち、
じっと見つめていても飽きることのない “古い器” が似合うと、まず思いました。

「骨董の器」というと、ゴテゴテした装飾的なものを想像する方も多いかもしれませんが、
古い器には意外なほどシンプルでモダンなものがたくさんあります。

こうした実用書を手に取る幅広い方々に、
古いものの良さを「なんとなく」でも感じていただけたら……と思いました。

手持ちの古い器に足りない「華」・「質感」・
「色」(=黒、おだやかなトーンの緑〜黄色系)は、現代の器で補おうと考えました
(多くの方にとっては、現代作家の器のほうが「骨董の器」よりも身近でしょうし)。

その際、白磁、粉引、刷毛目、鉄釉、黒釉、灰釉、焼締といったオーソドックスな技法で、
シンプルなフォルムの品々を選びました。

いつもの食事や撮影で実践しているように、
洋の食材にあえて染付の膾皿を使ったり、
和の器の下にフランスのストライプのリネンを敷いたり、
おなじみのARABIAの器に古い器を合わせたりと、
自分らしいコーディネートを心がけたつもりです
(……といいますか、自分の持ち味を出すしかなかったというのが本音ですが)。

石澤先生による多彩なトッピングや美しい盛りつけが加わり、“スタイリング” の完成です。


さて、それでは、本には記載していなかった陶芸作家の方々のお名前を御紹介します
(+αの写真もいくつか)。

*以下の画像は全て(C)神林 環

f0151592_2241243.jpg

P16「菜の花」……『白磁輪花鉢』(宮岡 麻衣子)↑(表1「コーン」も)

つづく

by penelope33 | 2012-09-27 18:06 | 書籍『野菜のポタージュ』 | Comments(6)
2012年 09月 24日

『第27回 西荻骨董好きまつり』のお知らせ

第27回 西荻骨董好きまつり』のお知らせです。
10月13日(土)・14日(日)の2日間の開催です。

当店「ロータス・ブルー(青蓮亭)」は13日(土)、
おそらくまた2階の一角に出店させていただくことになるかと思います。

DMにこの招き猫の画像を採用していただきました(売れないかな~)。

野菜のポタージュ ~1週間分まとめてつくる 毎日のからだを整える季節のスープ~』も、
10冊程持っていくつもりです。

見本誌もお持ちしますので、「中身を見たいんだけど、近所の本屋に置いてなくて……」という方、
どうぞ御覧になってみてください(立ち読み・読み逃げ歓迎!)。

f0151592_23355963.jpg

f0151592_23361354.jpg

会場の「井荻會館」の建物の画像はこちらで御覧いただけます。

これまでの私の出店レポートはこちらから御覧いただけます。

皆様のお越しをお待ちしております。

*土・日・祭日、JR中央線は西荻駅には停まりません。JR総武線でお越しください。


*********************************************


『第27回 西荻骨董好きまつり』のレポートはこちらです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくお願いいたします。

by penelope33 | 2012-09-24 23:40 | お知らせ | Comments(0)
2012年 09月 23日

食器棚崩落(台所クロニクル 《'12年9月》)

先週の水曜日、台所のあたりで「ガシャン!」という重く大きな音がして、
何が落ちたんだろうと思って2階から見に行ったのだけど、
最初は「あれ?なんにも落ちてないじゃない。変だな……」と気がつかなかった。

ややあって、食器棚代わりにしているガラスケースの中の惨状に気がついた。
中段のガラス板が折れて下に落ち、そこに向かって器がグシャッと……。

脳裏に浮かんだのは、あの阪神淡路大震災の高速道路の崩落。
……まあ、あの事故とはだいぶ規模が違うけれど、
ウチの台所内ではこの事故を上回る惨劇である
(ショックのあまり、“現場写真” を撮るのを忘れた……)。

f0151592_2125581.jpg


つづく

by penelope33 | 2012-09-23 21:35 | つれづれ | Comments(8)
2012年 09月 22日

『第十一回 二子ノミの市』出店レポート

9月8日(土)A.M.11:00〜、二子玉川の『Café Lisettte(カフェ リゼッタ)』前 で
第十一回 二子ノミの市』が開かれました。

すみません!バタバタしておりまして、気がつくとこの日からはや2週間……。
大変遅くなりましたが、画像を中心にパパッとレポートさせていただきます。

下の画像は『co-fu』こと奥田早織さんのブース。

f0151592_2316928.jpg


つづく

by penelope33 | 2012-09-22 23:57 | 二子ノミの市 | Comments(4)
2012年 09月 08日

『第十一回 二子ノミの市』、開催します!

おはようございます。

東京・世田谷は午後には晴れるようですね。

『二子ノミの市』、開催しますので、皆様お誘い合わせの上、お越しくださいませ。

f0151592_733189.jpg


by penelope33 | 2012-09-08 07:34 | お知らせ | Comments(2)
2012年 09月 07日

明日は『第十一回 二子ノミの市』ですが……

ちょっとお天気がビミョ〜になってきましたね……。

私はサイタマ在住ですので、『二子ノミの市』の日は朝8時半には家を出るのですが、
明朝もし雨が降っていたら、8時半にディレクターの滝本さんから、
中止かどうかお電話をいただくことになりました。

お出かけになる皆様は、一応このブログで開催の有無をチェックなさってみてくださいね。

今日は、『野菜のポタージュ』の見本誌が上がってきた他、
ちょっとバタバタしておりまして、「シミュレーション写真」はありません……。

f0151592_20211738.jpg

第十一回 二子ノミの市

【日時】2012年9月8日(土) 11:00〜15:00頃 (雨天中止)

【会場】二子玉川『Café Lisettte(カフェ リゼッタ)』
    世田谷区玉川3-9-7 

【出店業者】『とくさん』

      『GARAGE』  

      『世界』

      『ATLAS
  
      『Coupe

      『パートオブライフ
       (残念ながら体調不良の為欠席です)

      『奥田早織(co-fu)』

      『ロータス・ブルー(青蓮亭)』


********************************************


『二子ノミの市』のHPはこちらです

私のこれまでの出店レポートはこちらから御覧いただけます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2012-09-07 20:22 | お知らせ | Comments(0)
2012年 09月 05日

書籍『野菜のポタージュ』、9/14発売です。

私が初めて器のコーディネートを担当させていただきましたお料理の本、
野菜のポタージュ ~1週間分まとめてつくる 毎日のからだを整える季節のスープ~』が、
9月14日に発売されることになりました
(出版社:株式会社マイナビ/単行本・ソフトカバー/A5版/112ページ/税込1,365円)。

Amazon掲載ページは、こちら

*********************************************


この本で御紹介しているポタージュ・スープは、
こってりとしたイメージの「西洋料理のポタージュ」とは違い、
素材をバターで炒めたりクリームを加えたりといったことはしていません。

季節の野菜を切って鍋に入れ、蒸し煮にしてつぶし、
豆乳や牛乳などでのばして温めるという、シンプルなスープです
(スープをアレンジしたお料理のレシピも載っています)。

旬の野菜には、「ヒトの体をその季節に合わせて整える力」があるそうです。

その力を最大限に引き出したシンプルなレシピのポタージュ・スープを、
撮影時にたくさん試食し、また持ち帰らせていただきました
(元になる野菜ペーストは冷蔵・冷凍保存ができます。私は豆乳でのばしました)。

どれも滋味深く、またさっぱりとして飽きのこない味でした。

表紙に採用されたのは、
宮岡麻衣子さんという現代作家の白磁輪花鉢に盛った、コーンスープの写真。
和洋の古い器の他、こういった作家ものの器もチョイスしています。

f0151592_714245.jpg


つづく

by penelope33 | 2012-09-05 08:25 | 書籍『野菜のポタージュ』 | Comments(20)