青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2013年 05月 30日

南仏の小振りな黄釉水差し

この水差し(フランス語だと「ピシェ」)は、
この春の『西荻骨董好きまつり』のDMに画像を提供した品。

元は使用感のない状態だったのだけど、
水を入れたらじんわりとにじみ出て、染みが残ってしまった。

しかし、小振りなサイズと素直な器形、鳶口風の控えめな注ぎ口、数本入った輪刻線、
そしてもちろん黄釉の釉調や鉄釉のアクセントも、全てが私のツボ。
健やかな感じがとても好ましい。

花を生けるのなら落としを使えばいい。
下に小振りな皿やトレイでも敷けば、十分お酒も入れられる
(赤ワインはやめておいたほうがいいかな………)。

(19世紀/高さ:約13cm・幅:約13cm/御売約)

f0151592_23115594.jpg


つづく

by penelope33 | 2013-05-30 23:38 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
2013年 05月 29日

流線型のアルミ・オーヴァル鍋

昨年11月に上石神井のcopseさんで開催した『中坊優香 展』の際に
ディスプレイしたアルミダイキャスト(=鋳造アルミ)製のオーヴァル鍋。

1940〜50年代位のものではないかと思う。
仕入先はアメリカだそうだけど、おそらくカナダ製かと。

とても好きな形・質感の品なので今まで家に置いていたが、
ウチの台所では定位置が見つけられない。
“コレクション” していてもしょうがないので、とりあえずブログにUPしてみる。

古い金属製品を売るときには、
「磨く・磨かない」は買われたお客様におまかせすることにしているが、
どなたも買われないようであれば、もうちょっと磨いてみようかと思っている
(ツメでひっかいただけでも結構こそげ取れる)。

(両方の取っ手を含む幅:約35cm・奥行き:約23cm・蓋までの高さ:約19cm・重量:約2.1kg
/内径=幅:約30.4cm・奥行き:約21.2cm・深さ:約12cm/御売約)

f0151592_22503297.jpg


つづく

by penelope33 | 2013-05-29 23:20 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
2013年 05月 28日

『オリンパスペンEES』の灰皿

誰が何の目的で作ったかわからない、『オリンパスペンEES』の鉄の灰皿。

(1962年頃?/幅:約10.9cm・高さ:約1.4cm/御売約)

f0151592_21105083.jpg


つづく

by penelope33 | 2013-05-28 22:02 | レトロ・ポップ | Comments(2)
2013年 05月 26日

今日の庭(5/26)

今日はブツ撮りができなかったので、“猫の額ほどの庭” と猫の記録。

家の前のゼネコンの社宅が取り壊され更地になったので、
今年は日射しも風もことのほか強い。

自転車にかぶせていたカバーは、春の突風でどこかに吹き飛ばされてしまった。

あの銀色のビニールカバー、ないほうがスッキリして見える。
でも、いくら高級自転車じゃないとはいえ、このままここで雨ざらしにするのはかわいそうかなぁ……。

真夏に2階の部屋がどれだけ暑くなるか気にところだが、
新しいマンションが建つまでにオリーブの木ができるだけ大きくなってくれればいいと思う。

ところどころ残してあるクローバーのような葉っぱ(ムラサキカタバミ?)は、
朝から昼にかけて薄紫色の小さな花を一斉に咲かせ、夕方には閉じる。
なんだかとてもけなげな存在。

……と思ったら大間違い。
ものすごく繁殖力が強く、ほおっておくと、
抜いても抜いてもなかなか根絶しないでタイヘンなことになるらしい……。

f0151592_2203359.jpg


つづく

by penelope33 | 2013-05-26 22:50 | つれづれ | Comments(0)
2013年 05月 24日

瀬戸 白磁千段 鉄釉輪線文向付

本歌は江戸期のもの。
その “蕎麦猪口ヴァージョン” がこちら

時代は明治か、もしかしたら大正位まで下るのかも。

やや手取りが重く、薄い緑灰色の上釉がもやんと煙っている部分もあるけれど、
好きなデザインなので買ってみた。

(口径:約7.5cm・高さ:約5.6cm/御売約)

f0151592_21271150.jpg


つづく

by penelope33 | 2013-05-24 21:49 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
2013年 05月 23日

イギリスの古い木箱

御心配をおかけしましたが、社会復帰しております
(ただ、低血圧なので、早くも25度を超える暑さにクラクラしていますが……)。

今日は、ひさびさに木工品の古道具を御紹介。

イギリスから来た古い蓋付きの合板製木箱。

合板(Plywood)の年代から見て、戦中〜戦後間もない頃に作られたものかもしれない。
何に使われていたか不明だそうで、
軍物とか業務用の量産品といった雰囲気もあるのだが、
「どこかのお父さんがDIYで作ったんじゃない?」という気がしないでもない。

「TRD=TRADEMARK(《登録》商標)」なんて、“らしく作った” だけじゃないの……?
それとも、本当の品番なのだろうか……?

(1940年代頃/持ち手を除く幅:約37cm・奥行き:約22cm・高さ:約21cm・重量:約3.1kg
/御売約)

f0151592_22564671.jpg


つづく

by penelope33 | 2013-05-23 23:24 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
2013年 05月 10日

明日の『二子ノミの市』の出店、お休みさせていただきます。

スミマセン、たいしたことはないのですが、やはり体調がいまひとつで……。

申し訳ありませんが、お休みさせていただきます。

f0151592_221223.jpg


by penelope33 | 2013-05-10 22:02 | お知らせ | Comments(3)
2013年 05月 09日

フランスの教材用ゴムスタンプ

お客様からお問い合わせのあった、古いフランスの教材用ゴムスタンプ。

『二子ノミの市』に出店していたある日、
通りがかった「フランス通」と思われるお客様から、
「これ、今はもう見かけないわね」と言葉をかけられたことがありました。

(1940年代頃/@800円/在庫についてはお問い合わせください)

f0151592_21323014.jpg


つづく

by penelope33 | 2013-05-09 21:39 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2013年 05月 09日

『第十五回 二子ノミの市』のお知らせ

『第十五回 二子ノミの市』のお知らせです。
(『二子ノミの市』のHPはこちらです)。

告知が遅くなりましてスミマセン。

体調がイマイチだったので様子見をしていたのですが、なんとか出店できそうです。
軽めの荷物でサクッと行ってきます。

午後には雨との予報も出ていますので、早めにお越しいただいたほうがよいかも……。

皆様の御来場をお待ちしております。

f0151592_20473942.jpg

第十五回 二子ノミの市

【日時】2013年5月11日(土) 11:00〜15:00頃 (雨天中止)

【会場】二子玉川『Café Lisettte(カフェ リゼッタ)』
    世田谷区玉川3-9-7 

【出店業者】『とくさん』

      『世界』

      『GARAGE』  

      『Coupe

      『奥田早織(co-fu)(co-fu)』

      『ナイマ

      『mabsau』 

      『ロータス・ブルー(青蓮亭)』


      

********************************************


私のこれまでの出店レポートはこちらから御覧いただけます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2013-05-09 20:51 | お知らせ | Comments(0)
2013年 05月 01日

印判膾皿と丹波おろし皿

お客様からお問い合わせのあったお品の詳細画像です。

小振りの印判膾皿(直径:約13.6cm・高さ:約4cm/御売約)と、
おそらく丹波のおろし皿(直径:約16.4cm・高さ:約3cm/御売約)。

f0151592_2304168.jpg


つづく

by penelope33 | 2013-05-01 23:17 | 古いもの・古びたもの | Comments(5)