<   2013年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2013年 10月 31日

『第2回 アート+骨董マーケット』、明日17:00 openです!

こちらで詳報をお伝えした
『第2回 アート+骨董マーケット @ Archiship Library & Café(横浜・吉田町)』、
いよいよ明日17:00 から開催です(〜21:00)。

今日の夕方、とりあえず重そうな荷物を120サイズの箱にまとめて発送。

シミュレーションはしないつもりだったのですが、
一応やってみたら……せっ、狭かった……案外(汗)。

「こりゃ、手持ちでいけたかな〜?」と思ったりもしましたが、
横浜は遠いので、「積載量/(チビな)人」に余裕があったほうがいいですよね、きっと。

またまた三連休と重なりますが、ぜひ遊びにいらしてください。
飯田さんを含めて10人分の品々、きっとおもしろいと思いますよ。

皆様の御来場を心よりお待ちしております!

f0151592_22432538.jpg


つづく

by penelope33 | 2013-10-31 22:50 | お知らせ | Comments(0)
2013年 10月 29日

『第2回 アート+骨董マーケット』、今週末開催です!

こちらの記事でお知らせしました『第2回 アート+骨董マーケット』の開催が迫ってきました。


*************************************************


横浜・吉田町にアートとアンティークが大集合!

『飯田善彦建築工房』『Archiship Library&Café』を主宰する建築家の飯田善彦さんがディレクション、
9人のディーラーによる個性あふれる商品を取り揃えます。

モノとヒトも一期一会。運命の出会いを見つけに、ぜひ足をお運びください。


『第2回 アート+骨董マーケット』Facebook

【会期】2013年11月1日(金)・2日(土)・3日(日・祝)

【時間】 1日(金)……17:00〜21:00 / 2日(土)・3日(日・祝)……11:00〜18:30

【会場】「Archiship Library & Café」……神奈川県横浜市中区吉田町4−9 → MAP

【アクセス】JR・横浜市営地下鉄ブルーライン「関内駅」より徒歩5分

      みなとみらい線「馬車道駅」5番出口より徒歩10分

【入場無料】

【出展者】dubhe/Gallery MERCATOR/und /アトリエ ah! /古道具 逢花

     /ひとはこBOOKS形象堂風土記ロータス・ブルー(青蓮亭)


     飯田さん御自身が蒐集した骨董・古道具・オブジェ等も特価で放出します!


   *お問い合わせ先: libraryandcafe◎gmail.com (◎を@に置き換えてください)

   *この3日間の会期中は、カフェの蔵書はお手に取って御覧いただけませんので御注意ください。

f0151592_20323623.jpg

*************************************************

つづく

by penelope33 | 2013-10-29 21:38 | お知らせ | Comments(0)
2013年 10月 27日

「第29回 西荻骨董好きまつり」出店レポート

遅ればせながら、10月12日(土)・13日(日)に開催された
第29回 西荻骨董好きまつり」のレポートをお届けします。

2階のいつもの場所で出店しておりました、当店『ロータス・ブルー(青蓮亭)』。

今回は会場の都合で前日搬入ができなかったので、「当日朝、絶対寝坊できない!」とえらく緊張。
会場に着いたらまだ7時20分でした……。

f0151592_2150967.jpg


つづく

by penelope33 | 2013-10-27 23:13 | 西荻骨董好きまつり | Comments(6)
2013年 10月 17日

「福永芳治 展」@ PARTY(駒場)のお知らせ

書籍『野菜のスープ 野菜を素直にあじわう84レシピ』の表紙の「飛鉋(とびかんな)深鉢」や、
“最多出場” の器「刷毛目平鉢」の作者、福永芳治さんの個展のお知らせです。

f0151592_1939958.jpg
f0151592_1940628.jpg

『福永芳治 展』

 【日時】2013年10月18日(土)〜25日(木)11:00〜19:00(会期中無休/最終日17:00まで)

 【会場】PARTY (HPブログ

     東京都目黒区駒場2-9-2 TEL:03-3467-6830

 【作家在廊日】18日(金)、19日(土)、20日(日)



今年で20年目という器店『PARTY』の店主・坂根さよみさんが福永さんを御紹介した記事はこちら
福永さんの定番の作品はこちら
今回の個展で展示される作品はこちらから御覧いただけます。

つづく

by penelope33 | 2013-10-17 20:00 | 書籍『野菜のスープ』 | Comments(0)
2013年 10月 11日

『第29回 西荻骨董好きまつり』、明日9:30 openです!

明日・明後日 10月12日(土)・13日(日)は『第29回 西荻骨董好きまつり』です。

今回は会場の都合で前日搬入ができず、いつもより持っていく荷物が少なめになります。
(もっとも、日曜の出店者の方はいつもこんな風に当日搬入のみなんですよね……)。

当然普段よりディスプレイの時間も取れないので、遅刻しないようにしないと……。

ひさびさの出店で、この他にお取り置きの品も持っていくため、
ここに並べてある品々を全部パッキングできないかもしれませんが、悪しからず。

明日いらっしゃれない方で「これ、キープ!」という方がおられましたら、
コメントかメールをお寄せください
(後日ブログで詳細画像をUPすることもできるかと思いますので……)。

f0151592_21471362.jpg


つづく

by penelope33 | 2013-10-11 21:53 | お知らせ | Comments(11)
2013年 10月 10日

『チルチンびと広場』に掲載されることになりました。

風土社から出ている建築雑誌『チルチンびと』のコミュニティサイト『チルチンびと広場』に、
当店「ロータス・ブルー(青蓮亭)」が掲載されることになりました(→ 掲載ページ)。

まだ全貌がよくつかめていないのですが、衣・食・住にまつわる、
かなり広範囲のショップ・アトリエ・工務店・事務所などが掲載されているようです。

掲載の打診を受けたとき、実店舗があると勘違いされているのかなぁと思い、
御担当の方ににおうかがいしたところ、
「作家さんなど個人の方も掲載していますので、ぜひどうぞ」……とのことでした。

f0151592_1282221.png


つづく

by penelope33 | 2013-10-10 12:39 | お知らせ | Comments(0)
2013年 10月 09日

『増田 勉 展』@ SHIZEN(千駄ヶ谷)のお知らせ

書籍『野菜のポタージュ』『野菜のスープ』の中で器を使わせていただいた、
神奈川県・相模原で作陶されている増田 勉さんの個展のお知らせです。

我が家で古い器と一緒にいつも活躍してくれている増田さんの器は、
鉄彩・黒釉・艶黒・粉引といった黒と白の器たちですが、
近年の増田さんの作品の技法や釉薬の多彩さには目を見張るばかりです。

本来の持ち味である健やかで大らかな作風に、
刷毛目、彫三島、粉引象嵌、灰釉、灰粉引、黄粉引、林檎灰釉、樫灰釉、籾灰釉、焼締め、
鉄絵、呉須絵と、豊かな “景色” や滋味溢れる絵付といった魅力が加わり、
見応えのある展示になることと思います。

飯碗、小鉢〜中鉢、湯飲み、小皿〜中皿といった日々の食卓で活躍する器から、
大鉢、大皿、石皿、壺といったスケール感のある作品、ぐいのみ、片口、徳利等の酒器まで、
きっとアイテムの種類も豊富なはず(耐熱の器も入荷するそうです)。

御興味を持たれた方は、ぜひお運びください。


『増田 勉 展』

 【日時】2013年10月12日(土)〜17日(木)12:00〜19:00(最終日17:00まで)

 【会場】SHIZEN (HPブログ

     東京都渋谷区千駄ヶ谷2-28-5  TEL:03-3746-1334

 【作家在廊日】12日(土)、13日(日)


                                ↙「薪窯刷毛目8.5寸石皿」       
f0151592_03563.jpg

f0151592_03862.jpg


つづく

by penelope33 | 2013-10-09 00:17 | 書籍『野菜のスープ』 | Comments(0)
2013年 10月 07日

古い染付の茶碗(広東碗)

最初に見かけたとき、私の背より高い場所に置いてあったので、
「ウチにある清末頃の染付茶碗と同手?」と思ったが、
こんなに呉須の色が淡いのは妙なので「?」と思い、手に取らせてもらった。

器形を見て「マカイですか?」と、
これをお持ちだった業者さんに尋ねると、そうだという。

湧田マカイも良かったけれど、
この茫漠とした呉須の色と筆致は本当に素晴らしい。

画像より実物のほうがずっといい。


*********************************************


【追記】

この記事を御覧になられた方から、
「18世紀に日本や琉球で流行した、清朝後期の『広東碗』ではないでしょうか?
 琉球に磁器はなかったはず」……との御指摘をいただきました。

購入先の業者の方の情報から「マカイ」と思ったのですが、
どうやら自宅の染付茶碗の “兄弟” の可能性が高くなってきたようです……。

(口径:約12cm・高さ:約5.5cm/御売約)

f0151592_2024679.jpg


つづく

by penelope33 | 2013-10-07 20:36 | 古いもの・古びたもの | Comments(9)