青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2014年 07月 31日

直方体の蓋付きバスケット

「何か他に言いようがないのか……」といった味気ないタイトルだけど、
横長でスクエアなフォルムがツボにはまった、イギリスの古いバスケット。

お譲りくださった方も、珍しい形だとおっしゃっていた。
やっぱりこれもピクニック用なんだろうか……?

バスケット好きの方に打診したところ、早々に御売約になってしまい恐縮ですが、
一応画像をUPしておきます。

(幅:約43cm・ 奥行き:約21cm・ハンドルを含まない高さ:約20cm/御売約)

f0151592_1913586.jpg


つづく

by penelope33 | 2014-07-31 19:20 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2014年 07月 28日

今日の昼ごはん(納豆定食)

炎天下で仕事をしている方たちからすれば、全くヌルい生活を送っているが、
それでもこの暑さで偏頭痛が続いていて、少々ユーウツだ。

職人さんのための飲みものを切らしていたので、珍しく午前中に食材の買物に出かけた。

起きて最初のゴハンは、大抵半熟の目玉焼き&野菜のソテー、トーストと紅茶。
でも、今日はなんだかご飯が食べたかったので、
お米をといで、だしパックを水につけ、近所の業務用スーパーとドラッグストアへ。

ちょっとピンボケ。

f0151592_2126286.jpg


つづく

by penelope33 | 2014-07-28 21:33 | つれづれ | Comments(3)
2014年 07月 27日

ただいま外壁を工事中

下の画像・左下に斜めに見えるパイプは、東側の外壁工事の足場。

東側の共用地の花壇に置いていた鉢植えも庭に移動してきているので、狭い庭が緑でいっぱい。

真ん中に見えるのは、今年買い足したアナベル(アメリカアジサイ)。
東側の日向に地植えしたものは巨大な花が10個も咲き、花の重みですぐにしなだれてしまったが、
庭に置いた鉢植えは、花数が少ない代わりに茎がしっかりして、ヒョロリと背高に。
第一弾の花が白から濃い緑色になっていく脇で、新しい白花が咲いている。

キキョウ(アストラブルー)は、地植えした「白」はアイビーの勢いに負けてしまった。
鉢植えの「青」のほうが背が高く、たくさん花が咲いた。

ゴーヤ・ネットの向こうに見えるオリーブを植えたとき、結構栽培土をまいたつもりだけど、
元々砂利だらけの「不毛の土地」だったから、
地植えをするならもう少し土に手を入れないとダメかも。

今は、左のほうに見えるムクゲの大輪の白い花が涼しげできれい。
(“白磁の国” の国花だと知り、なんとなく納得)。

ちなみに去年の夏の庭はこんな感じだった。

f0151592_2241254.jpg


つづく

by penelope33 | 2014-07-27 22:48 | つれづれ | Comments(0)
2014年 07月 26日

クリーム色の大きな擂鉢

明るいクリーム色や縁のライン、
注ぎ口が簡略化されたシャープなフォルムが、洋風でモダンな雰囲気の大きな擂鉢。
(擂鉢というより「ミキシング・ボウル」といった感じ)。

以前、よく似た品を扱ったことがある。

あちらは瀬戸だと聞いたけど、これもそうなのかなぁ……?
なんとなく信楽っぽい気もする。

(大正頃?/高さ:約12.5cm・直径:約31cm/御売約)

f0151592_20294830.jpg


つづく

by penelope33 | 2014-07-26 20:45 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2014年 07月 25日

多色使いの印判大皿

赤茶・朱・ピンク・薄紫・緑・黄緑・黒・金……とたくさんの色が使われているハデハデの印判大皿。

「松」らしき木の葉が小さな緑のドットに抽象化されていたり、
デザインも色使いも、純和風というよりどこかオリエンタルな雰囲気がおもしろい。

野菜のスープ 〜野菜を素直にあじわう84レシピ〜』をお買い上げいただいた
お客様からのリクエスト。

(大正〜昭和初期頃/直径:約23.7cm・高さ:約4cm/御売約)

f0151592_2023782.jpg


つづく

by penelope33 | 2014-07-25 20:24 | 古いもの・古びたもの | Comments(8)
2014年 07月 24日

景徳鎮窯白磁陰刻盃

中国・景徳鎮の青味を帯びた白磁、いわゆる「影青(いんちん)」の盃。
清流のようにも見える、さりげないけれど勢いのある陰刻線に惹かれて買ってみた。

大きめの盃として、また小鉢として、夏にこそ使いたい。

フリモノやかすかなスレはあるが、高台内の小さなホツレ以外は無傷といってよいかと。
ほとんどカセもない。

(宋〜元代/口径:約10.6〜10.9cm・高さ:約4cm/御売約)

f0151592_1639463.jpg


つづく

by penelope33 | 2014-07-24 18:02 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
2014年 07月 23日

“レトロ調” 琺瑯やかん

ちょっと “訳アリ” なので、対面販売向きかなぁと思っていた琺瑯ヤカン。
福岡にお住まいのI様からお問い合わせをいただいたので、一応撮影してみた。

以前から「使えるコンディションの古い琺瑯ヤカン」というリクエストをいただいていて、
また検索からこの記事などにたどりついて御覧になる方も結構いるのだけど、
最近は、状態のいい古い琺瑯ヤカンを探すのが本当に難しくなってきた。

これはおそらく'70年代頃に製造された「レトロ調やかん」。
琺瑯が厚く堅牢な作りで、
取っ手と本体のジョイント部分にプラスティックの部品が使われている。

琺瑯の質感や容量は、以前私が使っていた野田琺瑯のドリップケトルと似た感じ。
色は昭和20年代以前の茄子紺のやかんよりやや鮮やかな群青色。

リクエストをいただいていなければたぶん買わなかったと思うのだけど、
「使えるヤカン、使えるヤカン」といつもアタマにあったので、
一応買ってみたというのが正直なところ。

(蓋までの高さ:約13.7cm・横幅:約19cm/容量:1.5L程度/在庫アリ)

f0151592_21443359.jpg


つづく

by penelope33 | 2014-07-23 22:01 | レトロ・ポップ | Comments(0)
2014年 07月 22日

近況報告

皆様、大変御無沙汰してしまって申し訳ありません。

4月の「西荻骨董好きまつり」の告知を除けば、
5ヶ月もまともにブログを更新してなかったことになりますね。

ブログを再開しようと思い、下の画像を撮ったのが6月12日。
それからまた1か月以上経ってしまいました……。

f0151592_2362356.jpg


つづく

by penelope33 | 2014-07-22 11:00 | つれづれ | Comments(13)