青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 10月 26日

古伊万里白磁輪刻大蓋茶碗

ひさびさに骨董市に持っていった大きな白磁の蓋茶碗。
懐石料理ではこうした大きな蓋茶碗を「煮物碗」と呼ぶ。
福井の業者さんから譲っていただいた。

f0151592_9135842.jpg


つづく

# by penelope33 | 2007-10-26 09:20 | 古いもの・古びたもの | Comments(4)
2007年 10月 25日

大江戸骨董市(10/21)

先月は猛暑だったのに、この日の朝は少し肌寒かった。

写真を撮る前に売れたもの。
先月売ったのと同じ未塗装の刳り貫き盆。
銅製の茶筒。
ベルギー製の小さな白磁のカフェオレ・ボウル。
四面に日本語と英語の単語と絵が描かれた“知育積み木”
(下の画像の左下に残りの1個が見える)など。

f0151592_21443493.jpg

午前中に撮影するとこんな感じで、暗くてさえない。
この日は左隣り(西側)の業者さんが
高さのあるテーブルでアクセサリーを売っていたので、
午後もあまり陽が当たらなかった……。

つづく

# by penelope33 | 2007-10-25 21:49 | 大江戸骨董市 | Comments(2)
2007年 10月 20日

夏のアルバム・冬のアルバム

以前mixiでまわってきたバトン。
私の音楽の趣味の片鱗が出ているかと思いますので、ちょいと載せてみます。

***************

●あなたの携帯通常着信音はどんな音ですか?

小鳥のさえずり。

●メール着信音は?

ひぐらしの鳴き声。

●“目覚ましアルバム” を挙げてください。

SAINT ETIENNE『SO TOUGH』('93)
THE VERVE『URBAN HYMNS』('97)
R.E.M.『REVEAL』('01)
TAHITI 80『WALLPAPER ON THE SOUL』('02)
STEREOLAB『MARGERINE ECLIPSE』('04/画像)

f0151592_11412217.jpg

つづく

# by penelope33 | 2007-10-20 11:42 | 観る・聴く・読む | Comments(2)
2007年 10月 20日

大江戸骨董市(9/16)

9月16日(日)のレポート。

この日、青山のU店が宣伝のため初めて骨董市に参加すると、
店主の方のブログを見て知っていたのだけど、
出店場所が私の “店” の真後ろだったのでびっくり。
骨董市にはあまり縁のない常連さんたちも集まったようで、にぎわっていた。

さて、写真を撮る前に売れたものたちは、
蔵出しの無垢材の刳り貫き盆や、トタンでできた用途不明の大箱、
錆びた鉄板のついた小さな廃材などなど。
お盆は実用性が高いとはいえ塗装前の未完成品だし、他はいわゆるJUNK品。
「価値観を世に問う」というとオオゲサだけど、
「こんなのっていかがなものでしょう?」と思いながら持っていった品たちは、
結局みな同業者が抜いていった。

小さなガラス製品たちや大小の白磁のカフェオレ・ボウル、
プリンター・トレイなどの木箱は、先月に引き続き登場。
“古陶磁部門” は、李朝ものを減らしてひさびさに古伊万里染付の蕎麦猪口を置いてみた。

f0151592_1401267.jpg


つづく

# by penelope33 | 2007-10-20 01:44 | 大江戸骨董市 | Comments(0)
2007年 10月 18日

大江戸骨董市(8/19)

このあたりで、
私の主な商いの場である「大江戸骨董市」の出店レポートを、2ヶ月分続けて。

まずは8月19日(日)から。
f0151592_18283783.jpg


つづく

# by penelope33 | 2007-10-18 18:35 | 大江戸骨董市 | Comments(0)
2007年 10月 09日

練上手市松文水滴

“練上手(ねりあげで)”とは、“鶉手(うずらで)”とも呼ばれ、
2色以上の異なる性質の粘土を練り上げた素地を成形し、
さまざまな模様を表現する陶芸の技法。

練上手といえば、人間国宝の松井康成
譲っていただいた業者さんから
「松井康成の作品かどうか、一応調べたほうがいいですよ」と言われ、
詳しい方に見ていただいたのだが、やはりそんなはずもなく……。

……といって、
この珠玉のショコラのごとき水滴の魅力が色褪せることなど微塵もないわけで。
“市松文” というより“ガーリィ・チェック”な、なんとも愛らしくモダンな小品。

(売約済)

f0151592_18391353.jpg


# by penelope33 | 2007-10-09 18:41 | クラフト・デザイン | Comments(0)
2007年 10月 09日

鉄の花

桔梗の花のようなフォルムの鉄製茶托。
サビサビの膚に少しだけオリーブ・オイルを塗って磨いてみたら、
古い鉄ならではの鈍い光を放ち始めた。

(戦前/幅:約12cm/5客組/売約済)
f0151592_17292940.jpg


# by penelope33 | 2007-10-09 17:29 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)