タグ:カルチャー&サブカルチャー ( 200 ) タグの人気記事


2017年 03月 11日

今日の昼ごはん(レトルトカレー、糠漬け)

1日に確定申告を済ませ、しばし開放感に浸っている。

次いでZOOも私もひとつ歳を取ったけれど、特に何もしなかった。

賞味期限が切れた備蓄のレトルトカレーを、いろんなことを考えながら食べる
(ビーフカレーを食べたのって30年ぶりくらいかも)。

自分が生きている間にまた大きな地震はあると思う(特に首都直下型地震)。
ヤマコのマイクロチップのことも考えねば。

f0151592_21142746.jpg


つづく

by penelope33 | 2017-03-11 21:25 | つれづれ | Comments(0)
2016年 06月 14日

『点店 3』/ 「さんのはち」+「ロータス・ブルー」@新富町 、終了しました。

12日(日)、『点店 3』、4日間の会期を終えました。

梅雨の最中でしたが、幸いお天気に恵まれ、大勢のお客様にお運びいただきました
(恵まれすぎて、各店を回られたお客様は暑くてタイヘンでしたね。お疲れ様でした……)。

前2回と比べ、ぐっと会期を短縮した4日間。
気にしていただきながらお越しになれなかった方もいらしたかもしれません。
会期については、参加者でまた検討いたしたいと思っております。


****************************************


☆『点店 3』 / 2016年6月9日(金)〜6月12日(日) / 於:新富町「さんのはち」

f0151592_22172926.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-06-14 22:41 | 点店 | Comments(0)
2016年 05月 10日

『点店 3』〜中央区の四店合同「古道具展」〜 のお知らせ

中央区の『書肆 逆光』『さんのはち』『MAREBITO』『N° CONCEPT』という四つの古道具店の合同展
『点店 3』開催のお知らせです。

『逆光』の共同展示として『じんた』、『MAREBITO』の共同展示として『花と古道具 urikke』が初参加。
4店舗9業者にヴォリュームUPしました。

代わりといってはナンですが、会期のほうは「ムダに長いと消耗する」との総意のもと、4日間に凝縮。

今回、当店『ロータス・ブルー(青蓮亭)』は、
新富町の雑居ビル内の白亜のオアシス『さんのはち』に居候させていただきます。


f0151592_22583913.jpg

会期:2016年月6月9日(木)~12日(日)

*営業時間は各店で異なりますので御注意ください。

*最新情報は、点店Facebookページ、各店ホームページにて御確認ください。

つづく

by penelope33 | 2016-05-10 23:30 | 点店 | Comments(2)
2016年 05月 09日

古びた「板かるた」

北海道の「小倉百人一首 かるた」は、下の句を「ホウノキ」の端材に筆書きした、
この「板かるた」(「下の句かるた」ともいう)が一般的なのだそうだ。

「板かるた」のルーツは会津のようで、会津から北海道に移住した人たちが持ち込み、定着したとか
こちらのページに詳しい記事が載っています)。

一番下の画像のかるたが明治〜大正のものだということなので、
箱の状態などから見て、昭和期のものだろうか?

古色のついた木札と、活版印刷の文字のみで絵の入っていない読み札。

雛人形などと同じで、現行品も売ってはいるけれど、
古いものを愛でる方にはこちらのほうがより魅力的だろう。

(箱のサイズ 縦:約17.3cm・横:約33.8cm・高さ:約6.8cm/希望小売価格:7,000円)

f0151592_2235485.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-05-09 22:47 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2016年 04月 27日

古いKodakの現像用タンク

箱に「大正拾参年八月求之 二上」と墨書きされた、Kodak社の古いステンレス製現像用タンク。

6×9(cm)のいわゆる「ブローニー・サイズ」用のような気もするが、
こちらのページを見ても、箱のラベルにある「2 1/4× 3 1/4(inch)」というのが、
いったいどのヴァージョンなのか、よくわからない。

やはりZOOさんの言うように「ベス単」用なのかな……?

(蓋の直径:約10.7cm・高さ:約13cm/御売約)

f0151592_23381261.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-04-27 23:55 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2016年 04月 11日

「ジョルジョ・モランディ —終わりなき変奏」展@東京ステーションギャラリー

一昨日(9日)は『西荻骨董好きまつり』に出店。

普段なら今日あたり「出店レポート」をUPするのだけど、
似たような画像が続くのも飽きるので、ちょっと寄り道。


****************************


昨日は朝から仕入れに出かけたものの、ほとんど収穫がなかった。

でも、最初から東京ステーションギャラリーの
「ジョルジョ・モランディ ー終わりなき変奏」展の最終日に駆け込むつもりだったから、
古物の収穫がなくともさほど凹まず。

昨年の「『月映』田中恭吉・藤森静雄・恩地孝四郎」展他、気になる展覧会はあったはずなのに、
この美術館を訪れるのは、なんと1993年の「バルテュス展」以来のこと。

ブレてしまったけれど、下の画像は3階と2階を結ぶ階段の壁面。
剥き出しになった旧 東京駅舎の鉄骨と煉瓦。

f0151592_22421910.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-04-11 23:28 | 観る・聴く・読む | Comments(0)
2016年 04月 06日

ガラケー日記「お花見@北区・飛鳥山公園」 (4/5)

私が “失速” していた2月末、栃木に住む友人から安否を気遣うハガキが届いた。

「桜の咲く頃にまたお会いできるかナー」と書いてあったので、
一昨日電話をして、急遽お花見に行くことに。

私たちが住んでいた杉並・永福町の「和田堀公園」という手もあったが、
栃木から上京する彼女の行きやすい東京北部の桜の名所ということで、北区の「飛鳥山公園」に出かけてみた。

f0151592_23335972.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-04-06 00:14 | 観る・聴く・読む | Comments(0)
2015年 12月 31日

今年もお世話になりました。

諸事情で今月下旬はパタリとブログの更新が滞り、失礼しました。

大晦日の今日は、「逆光」さんからから引き上げてきた『点店 2』に展示した品々、
新旧在庫品や梱包材やらで散らかりまくった、2階の3畳間と4.5畳間の片付け中……。

瀬戸・美濃系の陶片をAmazonの古段ボール箱にまとめたところを撮ったら、
あまりにジミなので、取ってつけたように絵唐津の陶片を中央に置く。

f0151592_9454910.jpg


つづく

by penelope33 | 2015-12-31 20:25 | つれづれ | Comments(0)
2015年 12月 20日

ゆうべの晩ごはん(ブリの照り焼き、豚汁)

役所や企業の仕事納めがだいたい28日だから、今年もあと実質1週間。
事務仕事や用事が溜まっていて、急に焦り出す。

昨日は例によって、ロクに寝ずに早朝から仕入れに出かけた。

来年の手帳や卓上カレンダーも買いたいし、観に行きたい展示会などもあるのだけど、
くたびれてしまい、真っ直ぐひばりケ丘に戻り、食材だけ買って帰る。

ブリが安かったから 「ブリ照り」、寒いから「豚汁」(まったく芸がない……)。

武田百合子の『富士日記』を読んでいると、山荘での暮らしということもあり、
食事がとても簡素で、「昼 ふかしパン(=蒸しパン)、紅茶」などという記述にしびれる。

感化され、スーパーの総菜をなるべく買わないようにして、
カンタンな料理を材料から作るようにしている。

……といっても、余裕のないときは無理はしない
(『点店 2』の期間中、ずっと夕飯は『オリジン弁当』だった)。

豚汁はZOOさんの好物だから、「材料を切るのを手伝ってよ」とダメモトで言ったところ、
昼寝(夕寝)から起きたら大鍋いっぱいに野菜と肉が煮てあった。
あとは味つけをするだけ。
いつもこんな感じだとラクなんだけどなぁ……。

f0151592_16191521.jpg


つづく

by penelope33 | 2015-12-20 17:28 | つれづれ | Comments(2)
2015年 12月 14日

「[黒展]- BLACK EXHIBITION 」のお知らせ

昨日は「黒い壺」を御紹介したので、「黒」つながりで……。


f0151592_23184173.jpg

千葉市美術館 杉本博司「趣味と芸術-味占郷/今昔三部作」開催中に、
同館内「鞘堂(さやどう)ホール」にて、総勢19名の現代美術作家と骨董・古道具屋による
“黒いモノ” のみによる展示会「黒展」が開催されます(入場無料)。

千葉市美術館は、昭和2年に建てられた旧川崎銀行千葉支店の建物を
新しいビルが包み込むような形で復元・保存しており、内部が「鞘堂ホール」となっています。

8本の円柱が並ぶネオ・ルネサンス様式の空間に繰り広げられる、
さまざまな黒い作品や古物を組み合わせたインスタレーション。

作品や品物は展示終了後に販売されるようですので、会場でお問い合わせください。

詳細は[黒展]Facebookページを。


畳 t a t a m i ( http://tatami-antiques.com/ ) presents the Black Exhibition: Collaborative
installation of only black works by 19 Japanese contemporary artists and antique dealers,
takes place at Sayado Hall of Neo-Renaissance style (originally constructed as the Chiba
branch of Kawasaki Bank in 1927) in Chiba City Museum of Art.
In parallel Hiroshi Sugimoto's exhibition is opening in the Museum as well.


【日時】

 12月18日 (金) 15:00 - 20:00
 12月19日 (土) 10:00 - 20:00
 12月20日 (日) 10:00 - 18:00
 12月21日 (月) 10:00 - 18:00
 12月22日 (火) 10:00 - 18:00

【会場】

 千葉市美術館 鞘堂ホール 千葉県千葉市中央区中央3-10-8

【出展者】

 新井 信 (Shin Arai)
 猪原 秀彦 (element)
 明松 政二
 カガリ ユウスケ
 きこゆ
 Gallery ULALA
 gellery takamine
 骨董 うまこし
 佐古 馨
 関 忠義
 Sezuan antiques & art
 堤 純一
 永田 広志
 長谷川 迅太
 ハタノ ワタル
 平間 磨理夫
 hotoke antiques
 松元 康明
 南方美術店

 (主催者:gallery takamine 小野高峰 / tel: 043-247-7600)


Archive: [ Installation ] presented by 畳 tatami
( http://tatami-antiques.com/items/installation )



ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2015-12-14 23:25 | お知らせ | Comments(0)