タグ:ガラス ( 70 ) タグの人気記事


2016年 08月 12日

小さな星形のカットグラス

この星の文様のカットが好きで、見つけるとつい買ってしまう。

こういったフォルムは「鼓形」というのだそうだ(このフォルムも好きだ)。

冷酒などにちょうどいいサイズ。

(昭和20〜30年代?/口径:約5.5cm・高さ:9.7cm/御売約)

f0151592_2147237.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-08-12 21:56 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2016年 07月 09日

薄緑色の小さな鎬コップ

どの分野でもそうだが、コレクターズ・アイテムとしての和ガラスについて、
何が珍しいとか高いとかいう知識がほとんどない。

でも、こういった細かい鎬(しのぎ)のコップは好きで、
無色の1合程の分量のものを「MYコップ」としてひとつだけ持っている。

この小さなコップはデッドストック品。日本のメーカーが韓半島で作らせたものだそうだ。

(明治〜大正期/口径:約4.5cm・高さ:約5.5cm/御売約)

f0151592_2373239.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-07-09 23:07 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2016年 04月 20日

古いフランスのガラス製シリンダー

ただただ「きれいだなぁ……」と思って買い求め、私物化していたのですが、
お問い合わせがありましたので。

パリ在住の方から譲っていただいた、古い理化学用ガラス製シリンダー。
19世紀のものだと聞いている。

実物の良さが伝わらない画像……。

(高さ:約15cm・口径:約5.6cm・底径:約6.1cm/御売約)

f0151592_22474018.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-04-20 23:03 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
2016年 04月 17日

青い吹きガラスの薬品瓶

薄作りの端正な姿と青のグラデーションに惹かれて求め、家に飾って愉しんでいたガラス瓶。

以前、こんなサイズでもう少し厚手の国産瓶を買ったことがあり、
それはフルーツシロップの瓶だと教えていただいたが、これはおそらく西洋の薬品瓶かと
(おわかりの方は御教授いただけるとありがたいです)。

こちらで見初められたのでUPの画像を。

(高さ:約16.6cm・底径:約6.1cm/御売約)

f0151592_23163863.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-04-17 23:32 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2015年 12月 08日

吹きガラスの茶瓶(水注)

少なくとも昭和初期以前のものだと思われる、小振りの吹きガラスの茶瓶。

『明治 大正のガラス』(加藤孝次 著/1976年・工芸出版 刊)という本に、
もっとまあるい形をした形のものが「茶びん」として掲載されていて、

「茶びんは、煎茶の急須のように、ただ、湯を注ぐだけではなく、湯沸しを兼ねているのである。
 明治末のころ、実際に店頭で湯を沸して宣伝販売をしたところよく売れたという。」

……と解説されている。

紙みたいに薄い吹きガラスのビーカーもあるから、これも耐熱性があるのだろうか?

でも、割れるとオソロシイから、せいぜい冷酒用にでもお使いください。

(幅:約12cm・胴径:約10cm・蓋までの高さ:約8.5cm/御売約)

f0151592_20593645.jpg


資料画像をUPしました。

by penelope33 | 2015-12-08 21:41 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
2015年 07月 30日

吹きガラスの銅鑼鉢

大小の吹きガラスの銅鑼(ドラ)鉢。

縁が厚くなっているので欠けにくく、使いやすそう。
繊細なガラスの質感も楽しめる。

「やや銀化しているので結構古い」と聞いている(明治〜大正位あるかも)。

(大……口径:約18cm・高さ:約4.5cm/小……口径:約15.9cm・高さ:約3.8cm/御売約)

f0151592_1865530.jpg


つづく

by penelope33 | 2015-07-30 18:15 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2015年 07月 07日

JAJパイレックスのカスタードカップと『ルーサイト ギャラリー/オモシロ見立て市』

ポタージュの本のスタイリングをする際に購入した、
JAJパイレックスのパステルカラーのカスタードカップ。

パイレックス(PYREX)はアメリカのメーカーだが、
イギリスでは1921年から1973年まで
JAJ(James A. Jobling & Co, Ltd)という会社がライセンスを持ち、製造販売していた。

バラ売りも考えたけれど、こんな風にスタッキングでき、場所も取らないので、ぜひセットで
(3色あるとやっぱりかわいいです)。

(1950〜60年代/口径:約8.5cm・底径:約5cm・高さ:約5.5cm/御売約)

f0151592_19395568.jpg

耐熱ガラスなので、文字通りプリンを作ったり、アイスクリームやフルーツを入れたり。

以前ルーサイト ギャラリーの川開きの宴席で、これを蕎麦猪口として使っているのを見て、
「さすが米山さん、ファンキーだなぁ……」と感心した。
(オーナーの米山明子さんは、高校時代をアメリカで過ごし、
 今でも怒るときには英語が先に口を突いて出てくるという方)。


さて、今年もルーサイト ギャラリーでは、川開きの宴席の日程に合わせてプチ骨董市が開かれます。

昭和を代表する芸者・歌手だった「市丸」姐さん 旧邸の見学を兼ねて、ぜひお運びください。

f0151592_19395769.jpg

骨董市の会場は、こんなアールデコ調の洋間。


ルーサイト ギャラリー『オモシロ見立て市』

【日時】2015年7月10日(金)・11日(土)・12日(日)/18日(土)・19日(日)・20日(祝・月)

    12:00ー20:00頃まで

【会場】『lucite gallery(ルーサイト ギャラリー)』1階 東京都台東区柳橋1-28-8→ 地図
     「浅草橋」JR東口・地下鉄都営浅草線A6出口 徒歩5分(TEL.& FAX.03-5833-0936)

【入場料】無料

【出展業者】

 『ルーサイト ギャラリー』『Doily』『ナクワチ』『逢花(徳永)』『ハナヤ古陶



 *11日・12日/18日・19日・20日の5日間、ギャラリーの2階は
 「両国川開き」の宴席『笑月庵』営業のため、貸し切りとなっております
 (席料 6,000円/要予約/お問い合わせ先:03-5833-0936 or 090-2435-0814《米山さん携帯》)
  
f0151592_1954794.jpg

「川床(かわどこ)」と呼ばれる2階の特等席(席料は7,000円/おそらくSOLD OUTかと……)。

つづく

by penelope33 | 2015-07-07 22:00 | レトロ・ポップ | Comments(4)
2015年 06月 17日

シンプルな吹きガラスのボウル

底に日輪のようなカットを施した吹きガラスの平皿はよく見かけるけれど、
こんな手頃なサイズのボウル、私は初見。

ちょうどサラダボウル位のサイズでいろいろと使えそうだ。

下に白やシルバーのプレートを敷くのもいい。

高さが近い2客をセットで販売予定。

(昭和初期頃/口径:約17cm・高さ:約5.6〜6cm/御売約)

f0151592_21524115.jpg


つづく

by penelope33 | 2015-06-17 22:12 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
2015年 03月 16日

古い理科実験用具や医療関係の小品

お客様から、
「明治とか大正時代に使われていたような理科実験機器はないでしょうか?」という
お問い合わせをいただいた。

う〜ん……戦前〜大正頃の「吸入器セット」の小さなビーカー(「大川式」とか)は扱ったけど、
明治となるとなかなか……。

医療関係のものも含め、とりあえず在庫の中から集めてみた。

下の白磁の薬品容器は、実際に紙ラベルが貼られていてワセリンのようなものが入っていた。
時代は少なくとも戦前はありそう(@2,500円/在庫アリ)。

単独ではなく、ふたつ並べてディスプレイするほうがいい。

f0151592_2020312.jpg


つづく

by penelope33 | 2015-03-16 21:02 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
2014年 11月 18日

シンプルな乾隆ガラスの小皿

乾隆帝(けんりゅうてい)」とは、中国・清朝の第6代皇帝(在位1735年10月8日〜1796年2月9日)。
清王朝の最盛期を創出した人物である。

中国のガラスの歴史は紀元前11世紀の西周に始まるとされる。
明代に入り、西洋のガラス製造の技術が導入され、首都北京にガラス器の工場ができた。

清の康熙帝在位時の1680年に宮廷用の工場として瑠璃廠(るりしょう)が造られ、
乾隆帝の時代にガラス製造技術は最高潮に達した。

乾隆帝在位時に限らず、清代に製造されたガラスを広く「乾隆硝子(けんりゅうガラス)」と呼ぶそうだ。

この小皿は日本の明治頃のものに当たるらしい。

(中国/19世紀末〜20世紀初頭/直径:約11.3cm・高さ:2.5cm/御売約)

f0151592_22152646.jpg


つづく

by penelope33 | 2014-11-18 22:49 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)