青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:民藝 ( 188 ) タグの人気記事


2017年 02月 12日

Instagramのことなど

Instagramへの投稿を始めてから3週間と少し。

投稿した画像の情報は刻一刻と流れ去っていくけれど、
自分の “ヒストリー” がビジュアルで蓄積されていくのがいい。

このブログにはあまりコメントも入らないし、
「ポチッ」とする方もほとんどいらっしゃらないので、
Instagramに投稿した後にポツポツと現れる赤いサインは単純に嬉しい。
脳内にほんのちょっとだけアドレナリンが放出される気がする。

今のところフォロワーはほとんど同業者やディープなコレクターの方々で、
投稿が売り上げに貢献することはない。
新商品にこだわらず、好きな品・自分らしい品の画像をUPして
ポートフォリオを作るような気分でやってみようかと思っている。

そんなわけで、昔から骨董市や催事に出店する際に使ってきた裂織を撮ってみた。

著名な方から「欲しい」と言われたこともあったのだけど、お値段がお気に召さなかったようだ。
自分が一番評価しているうちは、実質的に「非売品」と言えるのかも。

これをお譲りくださった方のことも書いておきたい気もするが、今は余裕がないのでまたいつか。

f0151592_20223133.jpg


つづく

by penelope33 | 2017-02-12 20:16 | つれづれ | Comments(0)
2017年 01月 20日

白っぽい釉の石皿

黄味が控えめで、どこかヨーロッパの陶器のような雰囲気のある石皿。
色合いから、最初信楽かなと思ったのだけど、
過去に扱った品の画像を見返してみると、目跡が違う。
やはり瀬戸焼か。

径は一尺以上あるので、珍しいサイズではない。
でも、この色合いはあまり見かけないし、釉調も抜群。

(直径:約31.4〜32cm・高さ:約5〜5.7cm/在庫アリ)


f0151592_18085350.jpg


つづく

by penelope33 | 2017-01-20 18:40 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2016年 08月 31日

淡路焼(珉平焼)緑釉醤油差し

淡路焼(珉平焼)の緑色の醤油差し。
華奢な注ぎ口が無傷なのが嬉しい。

(明治期/幅:約8cm・奥行き:約7.6cm・高さ:約10.1cm/御売約)

f0151592_23384264.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-08-31 23:46 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2016年 08月 17日

ミャオ族のストライプの麻布 2

ミャオ族のストライプの麻布。こちらの布と色違い。

ベッドカバーやソファカバーによいサイズ。

(約120cm×約210cm/御売約)

f0151592_22274841.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-08-17 22:37 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2016年 08月 16日

安南染付草文馬上盃

グレーがかった素地に、大らかでにじんだ絵付けが好ましい、安南の染付馬上盃。

安南のやきものの時代判定は正直なところまだよくわかっていないが、
15〜16世紀頃のものだのこと。

(口径:約7.4〜7.7cm・高さ:約4.8cm/御売約)

f0151592_2342689.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-08-16 23:21 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2016年 08月 15日

平佐焼白磁茶碗(向付)

伊万里ではなく平佐焼でよいかと思う。
平佐焼では初めて見る形。

左がA 、右がB。

(江戸後期/A……口径:約11.7〜12.1cm・高さ:約6.6cm・御売約
                /B……口径:約11.5cm・高さ:約6.6cm/希望小売価格:12,000円)
f0151592_21375300.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-08-15 22:10 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2016年 08月 09日

珍しい材の繭皿

これまで扱ってきた繭皿は全て桐材だったけれど、これは比較的硬い材が使われている。

「黒っぽくモダンな雰囲気の繭皿」というリクエストをくださった方に、とりあえず打診中です。

(直径:約32.5〜33.5cm・高さ:約2.8cm/御売約)

f0151592_23105541.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-08-09 23:21 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2016年 08月 06日

小さな平清水焼の捏ね鉢

書籍『野菜のポタージュ』のスタイリング用に購入し、
その後、「片口でさえ売りにくくなっているのに、まして捏ね鉢では……」と、
自宅の食器棚に残していた品。

輝くような白釉、それでいて古いやきものならではの味わいもあるので、
どなたか生かしてお使いいただければと。

(明治〜大正頃/直径:約14.8cm・高さ:約7.4cm/希望小売価格:9,800円)

f0151592_2253306.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-08-06 23:12 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2016年 08月 01日

瀬戸・美濃系の鉄釉団子皿

お譲りくださった方は仏飯器と思っていたようだが、これは瀬戸・美濃系の団子皿。
それ以前に画像を見せてくださった方があり、知った次第。

その方が教えてくださった「東濃(岐阜県南東部、美濃東部)のお盆」というサイトには、
まさにこの脚付きの小皿が。

灰釉のものもあるらしい。

地元ではそこそこのお値段だとか。少し傾いていたりと難があるので価格に反映しました。

(幕末〜明治頃/直径:約10.6cm・高さ:約4.6〜5.2cm/在庫アリ)

f0151592_23461683.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-08-01 23:55 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2016年 07月 28日

淡路焼瑠璃釉変形小皿→瀬戸焼?

淡路焼(珉平焼)の隅切りの菱形小皿。

もしかしたら、呉須で塗りつぶしたダミの上に透明釉をかけた「薄瑠璃」なのかもしれないが、
淡路焼は他にさまざまな色の釉があるので、便宜上、薄い「瑠璃釉」ということにした。

シャープな造形と明るいブルーがモダンな雰囲気。

かなり硬く焼き締まった上がりなので、明治期ではなく江戸期のものではないかと思う。

(縦:約7cm・横:約9.5cm・高さ:約2.2cm/4客セット/商談中)

f0151592_2339509.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-07-28 23:55 | 古いもの・古びたもの | Comments(6)