青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 05月 10日

『点店 3』〜中央区の四店合同「古道具展」〜 のお知らせ

中央区の『書肆 逆光』『さんのはち』『MAREBITO』『N° CONCEPT』という四つの古道具店の合同展
『点店 3』開催のお知らせです。

『逆光』の共同展示として『じんた』、『MAREBITO』の共同展示として『花と古道具 urikke』が初参加。
4店舗9業者にヴォリュームUPしました。

代わりといってはナンですが、会期のほうは「ムダに長いと消耗する」との総意のもと、4日間に凝縮。

今回、当店『ロータス・ブルー(青蓮亭)』は、
新富町の雑居ビル内の白亜のオアシス『さんのはち』に居候させていただきます。


f0151592_22583913.jpg

会期:2016年月6月9日(木)~12日(日)

*営業時間は各店で異なりますので御注意ください。

*最新情報は、点店Facebookページ、各店ホームページにて御確認ください。



f0151592_22583543.jpg

f0151592_22583345.jpg

f0151592_22583345.jpg

前回に引き続きスタンプラリーを実施!

各店や骨董市などで配布するDM(チラシ)を持って
『逆光』『さんのはち』『MAREBITO』『N° CONCEPT』の四店を廻られた方には、
各店でスタンプを押します。

スタンプ4個で、2,000円以上の古物をお買い上げの際に500円分の割引をいたします
(1回のみ、2016年8月末まで各店で有効)。


近隣の『pragmata gallery』(『逆光』と同じビル3F)、『森岡書店』
『Cawaii Bread & Coffee』『幾何』(江東区 清澄白河『titcoRet』さんのお店)も合わせてどうぞ。

お勧めのコースは、東日本橋駅『N° CONCEPT』→都営線で宝町駅へ
→『森岡書店・銀座店』を経由し、徒歩で『さんのはち』→『逆光』→『MAREBITO』茅場町駅。

最後に茅場町駅から清澄白河駅→『幾何』を加えるとより充実。

もちろん、この反対まわりもどうぞ。

また、各店主が推薦する「おいしい店」
『点店的食事処案内(グルメガイド)』もぜひ参考になさってください。


皆様の御来店を心よりお待ちしております!


*********************************************


f0151592_1392643.jpg

【書肆 逆光】(open 12:00-19:00/会期中無休)

 〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-3-3 2階/tel 03-6280-3800

 http://gyakko.blogspot.jp

 ● 日比谷線「八丁堀駅」A5出口 徒歩3分/都営浅草線「宝町駅」A8出口 徒歩5分

 [共同展示]● 教草 oshiegusa http://oshiegusa.com

       ● じんた http://hasegawajinta.jugem.jp/
     

f0151592_22581699.jpg

【さんのはち】(open 12:00-18:30/会期中無休)

 〒104-0041 東京都中央区新富2-4-9 三新ビル3F/tel 090-4544-3695

 http://3no8.jimdo.com/

 ● 有楽町線「新富町駅」3番出口 目の前

 [共同展示]● ロータス・ブルー http://seirentei.exblog.jp/(Weblog『青蓮亭日記』)


f0151592_22582929.jpg

【MAREBITO】(会期中 open 12:00-19:30/会期中無休) 

 〒104-0033 東京都中央区新川1-3-23八重洲優和ビル2B/tel 03-3555-9898

 http://mare-bito.com

 ● 日比谷線・東西線「茅場町駅」出口1 徒歩3分

 [共同展示]● 古道具 逢花

       ● 花と古道具 urikke http://urikke.exblog.jp


f0151592_2258316.jpg

【N° CONCEPT】(open 11:00-21:00/会期中無休)

 〒103-0004 東京都中央区東日本橋1-3-5 三光ビル1F/tel 03-5829-6113

 http://www.no-concept.info/index.html

 ● 都営浅草線「東日本橋駅」B1出口 徒歩2分/都営新宿線「馬喰横山駅」A3出口 徒歩4分
                             /JR総武本線「馬喰町駅」徒歩8分



*********************************************


*昨年11月に開催された『点店 2』「総集編」他、
『点店』関連記事はこちらのカテゴリから御覧いただけます。


*********************************************


最後に、今回初参加のおふたかたの御紹介を。


『じんた』こと長谷川迅太さんは、骨董市やイベントなどに出店しつつ、
海外に向けて日本の骨董の新たな潮流を発信する『tatami antiques』のメンバーとしても活動中。

5月6日~6月4日まで、NYの『Gallery Kogure』にて
『tatami antiques』メンバーがセレクトした古物のインスタレーションExhibitionが開催されています
(→Facebookページ)。

以下は御本人のコメントから。

 基本的に「直感」でモノを選んでいますが、特に「面白さ」「ユーモア」を大切にしています。
 こういったモノが人間にとって(また古物全体にとっても)不可欠な栄養素ではないかと感じてます。

 また、見たことが無いモノや、よく分からないモノに心惹かれます。

 面白いモノを見つけたときのドキドキが止められずに、今もその感覚を求めて漂流しています。

謎めいたオブジェたちの画像とキャプションを見るだけで、なんだかワクワクしてきますね。

f0151592_13253948.jpg

左上:ガラスケース入り食玩のいくらと木彫の魚/右上:紙型
左下:小分け菩薩パウダー/右下:方位磁石の風防


f0151592_22584537.jpg

左上:菓子型鯉の尻尾/右上 ダヤク族木彫の鳥
左下:絵葉書 子供曼荼羅/右下:木彫のボブ



『花と古道具 urikke』店主の佐藤靖子さんは、長年生花店にお勤めされていたそうです。

中欧風な語感がかわいい「ウリッケ」という屋号は、
雑誌で見かけた子ども服のデザイナーの小さな娘さんの名前からひらめいたとか。

「町田天満宮がらくた骨董市」「調布布田天神骨董市」「やまとプロムナード古民具骨董市」
「高幡不動ござれ市」「大江戸骨董市」の他、各地のイベントに精力的に出店されています。

先月(4月)は1ヶ月に渡り、相模原市の古民家カフェ+ギャラリー『たねまめ』にて、
『ウリッケの世界』と題した展示会を開催。

「△△の世界」というと、個人的には、
「ジャックスの世界」とか「尾崎紀代彦の世界」とか(古くてスミマセン……)、
特異なアーティストや大御所アーティストのディレクターが
「バーンッといきたいね」といった感じでつけるイメージなので、
御自身の展示会にこういったタイトルをつける佐藤さんの直感と勢いに、いたく感心したのでした。

かわいいものからアヤシイものまで、カテゴライズ不可能な独特の世界をお持ちのurikkeさん。
古いアイテムとともに、ドライの植物や多肉植物、オリジナルの作品なども販売予定。

f0151592_1329050.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
古美術・骨董

ブログランキング・にほんブログ村へ
アンティーク・レトロ雑貨

ブログ・ランキングに参加しております。
上の「古美術・骨董」「アンティーク・レトロ雑貨」という文字を
クリックしていただきますと、ポイントが加算されます。
お気が向かれましたら、よろしくどうぞ。

by penelope33 | 2016-05-10 23:30 | 点店 | Comments(2)
Commented by まき at 2016-05-11 22:13 x
お勧めルートを紹介してくださるのは嬉しいですね。
東京の地理はまったくの不案内なので、こういうのってすごく助かります。
とか言いながら今回も行けそうにないので、
ぺねさんの撮影される写真を穴が開くまで拝見させていただきます。

「ヤマコの世界」なんていかがでしょうか!?
Commented by penelope33 at 2016-05-11 22:40
> まきさん

中央区って、表通りにはキラキラした銀座もあれば、
ちょっと奥に入ると古いビルや昔ながらの個人商店もあり、
街歩きに愉しいところです。いつか、ぜひ。

「ヤマコの世界」!(笑)
今は座布団の上で夢の世界に遊んでいます。 ^^
名前
URL
削除用パスワード


<< 玉子手白南京香合      古びた「板かるた」 >>