青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 01月 09日

お正月(台所クロニクル《 '18年1月》)

一昨年の暮れ、
「スーパーの煮物、お正月に食べたくないなぁ」とふと思い、
ネットで検索して初めて作ってみた(簡易)お煮しめ。

作るのはかったるいけれど、作っておけば酒肴におかずに重宝なのは体験済み。
「お雑煮に使わなかった分の鶏肉と里芋だけでも煮ておこうか〜」
「せっかくどんこを買ったから、ちょっと甘辛く煮たのが食べたいな〜」
「やっぱりレンコンとタケノコ、食べたいね〜(根っからの根菜好き)」と、
小鍋でちょこちょこ作り足し、今回もなんとなくそれらしいものができた。

下の画像は2日のブランチ。

f0151592_19201593.jpg
黒豆は、フジッコの『おまめさん 丹波黒 黒豆』。




以前はひじき煮などの煮物類も好きでよく作っていたのだけど、
2日続けて同じ副菜を出すとZOOが箸をつけないので、
最近はその日にちゃっと作って食べ切れるおかずしか作らない。

「なんでお煮しめは食べたの?」と聞くと、「どんこが美味しかったから」とのこと。
お雑煮も「どんこを使って大成功!」と喜んでいた(シイタケLOVERなのである)。

f0151592_19201232.jpg
野田琺瑯の砦(上のチビ2段はミツバと絹さや)。
お酒は熱燗が旨い吉乃川。


作り置き自慢のインスタグラマー御用達の野田琺瑯ホワイトシリーズ。
普段入れるのはちぎったレタスとかせいぜい蒸し鶏くらい。
冬は家全体が冷蔵庫みたいなので、煮物は出しっ放しで大丈夫。

アルミの片手鍋(フランス製)は大小ふたつあったうちの売れ残りで、
ZOOが一時ポップコーンにハマった際、
フィスラーの鍋をテキトーに使われるのが嫌で、ここに引っ掛けておくようになった。

小さな青い段重は昭和中期頃の『たち吉』。
おそらく三段だったのだろうけど二段しかない。
手頃な値段のものが必要な出店時に売るつもりで買ったのだが、
冷静に考えると重量と売値が見合わないと思い、ほったらかしにしていた
(元日にアルミ鍋で煮沸しておろした)。
こんな瑠璃釉の古い段重があったら高いだろうなぁ。

f0151592_19201020.jpg
元日。お煮しめ以外は、スーパーで買ったものを並べただけ。


f0151592_19200714.jpg
3日。冷凍しておいたご飯と食べた。
かい汁物(お雑煮)があればおかずが冷たくても大丈夫。
お重の方は夜の分。


鰹節や昆布の出し殻は甘辛く煮ると美味しいけれど、ZOOは口にしないので、
ひとりで食べ続けると飽きるかしらと思い、結局普段は鰹だしパックを使ってしまう。
「鰹節の大きなパックを開封したら、まとめて出汁を取って冷凍。解凍して使う」
というのを本で読み、真似してみようと考えたこともあったが、無理無理。

f0151592_19200577.jpg
買ってきたものに飽き足らず、気まぐれで作った紅白膾
(ニンジンの桂剥きはできない)。
膾皿はたくさん売ったけど、紅白膾を作ったのは初めて。


三が日が終わり、出し殻の佃煮風も食べ切った。
また、砂糖の消費量の少ない、パック出汁の生活に戻る。

お雑煮を食べ尽くしてしまったので、野菜・きのこ・豆のスープを仕込んだ。
今回はニンジン・ジャガイモ・シメジ・ミックス豆缶・鶏胸肉。
最初、塩胡椒・ハーブ味で作って、途中でトマト缶を足したり。

年末に注文しておいたサイボクハムのフランクフルトソーセージが、7日に届く。
何にもしたくないとき、レトルト食品や缶詰と並んで頼りになる。
ベーコンは好みではなかったが、ここのはハムの兄さんみたいな感じ(?)で油分控えめで、
美味しいダシが取れる。

f0151592_19194715.jpg
フィスラーの鍋は18年、手前の工房アイザワのおたまは30年もの。
もっとカッコいいレードルはいくらでもあるけれど、なんだか戦友みたいで。

f0151592_21493160.jpg
ひとり暮らしの頃は、『KING』とエンボス文字の入ったアルマイト片手鍋を使っていた。
おそらく中尾アルミのこのタイプ(蓋がちょっと違ったような)。



お正月の映画鑑賞、今年は『七人の侍』を途中まで。
見るたびにいろんなことを発見する映画だけれど、
今回はつくづく「わかりやすいなぁ。劇画っぽいよなぁ〜」と感じた。
まあ、劇画の方が黒澤映画などに影響されたとも言えるのだけど。

木村巧演ずる前髪の残る若侍・勝四郎が野山を走るとき、
ミュージカルとかバレエの娘役のような足さばきをしていたのに目が留まった。

それと、砂埃(灰を撒いたのだとか)と、
侍をリクルートしに出かけた農民のひとり(左卜全)が米を盗まれるシーンの壺!

f0151592_19200188.jpg
こんな風に肩が張って、高さはもう少し低め。
本物の古丹波の壺を使ったらしい(で、割ったとか……)


向田邦子 脚本(演出は和田 勉 他)の『阿修羅のごとく』も パート1だけ観た。

f0151592_19195698.jpg
もう、綱子姉さんより年上になってしまったよ。


f0151592_19195357.jpeg
このドラマのいしだあゆみは、
大島弓子の『七月七日に』の女装の青年や『いちご物語』の森太郎を思い出させる。


f0151592_19195034.jpg

年末に、ZOOがここにAURATONE 5W(80年代の業務用スピーカーのレアタイプ) を設置してくれた。
その少し前に、無印良品のCDラジオ PRD-2(ヤフオクで中古を購入) の音を調整して、
結構いい音になって満足していたのだけど、iPadとPRD-2の両方から出力できるようになったのが便利。

最初はこの換気口みたいなプラの枠がかなり嫌だった。でも、段々慣れてきた。
どうせここに置いたらZOOの煙草のヤニで汚れるのだ。


f0151592_21085313.jpg
自分で買うなら、料理に使えて呑んでも美味しい剣菱(今は日本酒は控えている)。
……と思っていたら、いただいた!ありがたや〜。
このラベルが好きだ。


f0151592_21090101.jpg
今年は特に花も飾らず。



自転車は、ブリジストンの『Ordina S3』。
しばらく乗っていない。宝の持ち腐れ状態。
f0151592_21090616.jpg
ホントは、この『Raleigh TRM Trent Sport Mixte』がいいなぁと思ったのけど、
チビだし身分不相応なので。




☆【Facebook】【Instagram】【Twitter】……フォローは御自由にどうぞ。




by penelope33 | 2018-01-09 21:33 | つれづれ | Comments(2)
Commented by うな茶漬け at 2018-01-09 22:45 x
体調落ち着いてらっしゃるようですね。
お料理おいしそう〜〜

「膾皿はたくさん売ったけど 膾を作るのは初めて」で かなりウケました 笑
Commented by penelope33 at 2018-01-09 23:42
たぶん、そらっとぼけた味だと思います。
作り慣れないので、「煮しまった味」が今ひとつつかめていません。
でもまあ、真面目に出汁を取ると、「う〜ん、マズイ!」とはならないような(笑)。
50過ぎの手習いですね〜。

手足の筋力がビミョ〜に落ちてきているのですが、熱があるわけでもないので、
リハビリだと思って陽のあるうちにチョコチョコ家事を済ませています(夕方以降はシンドイです)。

ホントは溜め込んだ事務作業をしないといけないのですけど……。 ^^;
名前
URL
削除用パスワード


<< 光の春      あけましておめでとうございます >>