青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 11月 15日

PRE-PUNK in 川越

SNSのmixiに入って間もない頃、
私のプロフィールや参加コミュニティを見た20代の方と
音楽に関してちょっとしたやりとりをしたことがあって、
自分の生年を書いたところ、「NEW WAVE 現役世代ですね」と言われた。
そのとき、「ああ、“NEW WAVE”っていう言葉は、
'80年代ポスト・パンク期の音楽を指す固有名詞なんだ」と、遅まきながら実感した。
'50年代末から'60年代にかけて生まれた
フランスや日本の映画の “新しい波=ヌーヴェル・バーグ” と同じように。

でも実際には、幼稚園の頃に従姉妹にもらったモンキーズの『デイドリーム』と
フランス・ギャルの『アニーとボンボン』を聴いて以来、
ずーっと洋楽ポップスやロックを聴いてきたので、
幼少期の刷り込みはむしろ POPS & OLD WAVE =プレ・パンク(?)だったと言える。

f0151592_17381687.jpg




テレビ・シリーズの『ザ・モンキーズ』はたぶん再放送で観ていたのだと思う。
小学校低学年〜中学年頃には、
毎週日曜の早朝に隣りの祖父母の家にラジオを持ち込んで
(なぜって日曜は家族みんなが朝寝してたから)、
若山弦蔵ナレーションの「ビートルズ・ストーリー」(←番組名不詳)〜
「(小島)一慶・久米(宏)のポップス・歌謡曲ベストテン」を聴くのが楽しみだった。

記憶に残るのは、カーペンターズの怒濤のNo.1ヒットの数々や、
スリー・ドッグ・ナイト『オールド・ファッションド・ラヴ・ソング』、
ポール・マッカートニー&ウィングス『ジェット』、カーリー・サイモン『うつろな愛』、
ストーンズ『悲しみのアンジー』、エルトン・ジョン『黄昏のレンガ路』、
グランド・ファンク『アメリカン・バンド』、ルベッツ『シュガー・ベイビー・ラヴ』、
クイーン『キラー・クイーン』……といったところ。

あとなぜか家にあった(電器屋からのもらいもの?)ダスティー・スプリングフィールドの
『サニー』『行かないで』『プリーズ・ミスター・マーチャント』+αの4曲入りシングルを
繰り返し聴いた覚えがある。

5歳上の姉が早々に“卒業”した
ビートルズのレコードはあまり家になかったような気がするが
(『サージェント・ペッパー〜』を買ったのは2つ上の兄か?)、
最初に買った洋楽シングルは『HELP !』とウィングスの『メリーさんの子羊』で、
片岡義男の『ビートルズ詩集』(角川文庫)を片手に、
テレビ放映された『イエロー・サブマリン』を食い入るように観た
(ちなみに生まれて初めて買ったシングルはアグネス・チャンの『草原の輝き』……)。

平行して姉や兄がそのときどきで入れ込んでいた
(主に)ブリティッシュ・ロックのおこぼれを聴くようになる。
ジャンルで言えばハード・ロックとプログレとグラムの一角。

ツェッペリン、イエス、リック・ウェイクマン(『ヘンリー8世と6人の妻』)、
ELP(『展覧会の絵』『恐怖の頭脳改革』)、ピンク・フロイド(『炎』)、T-REX、ボウイ等々。
小6のときの映画『エクソシスト』の大ヒットと、
マイク・オールドフィールドのデビュー・アルバム『チューブラーベルズ』も忘れがたい。
あと記憶の底にはジェスロ・タル(『アクアラング』、キャメル(『スノー・グース』)、
ユーライア・ヒープ(『対自核』)、スコーピオンズ(1st)なんていうのも。

数少ないアメリカもので思い出すのは、
当時大ヒットしたボズ・スキャッグスの『シルク・ディグリーズ』、
スタッフの『モア・スタッフ』とか。

それにしても昔の洋楽の邦題ってふるってる。

by penelope33 | 2007-11-15 16:48 | 観る・聴く・読む | Comments(4)
Commented by びっき☆ at 2007-11-15 20:32 x
うぅぅぅ。。。ビートルズのレコードいっぱい持ってました。
で、懐かしくなって探してみましたが…見当たりません。(実家かな?)
そのかわり、リトル・エヴァとかコニーフランシスとかニール・セダカ・・・等など出てきました♪
また、そのうちUPしてみます。
Commented by penelope33 at 2007-11-15 20:55
年齢差はそんなにないはずですけど、
びっき☆さんはちょっと上の世代のものから聴いていたんですね。
私は他には、『オー・シャンゼリゼ』のダニエル・ビダルが
歯磨きのCMで「♪透き通ってるってホントッかなっ?」
と歌ってたこととかが、印象深いですね。
Commented by sa55t at 2007-11-15 23:31
私が最初に買ったレコードは小学生の時のビートルズの「恋する二人」。
「恋する」と言う言葉が恥ずかしくて、店員にこれこれと指で指した記憶がありますね。あー昔の話だ。
Commented by penelope33 at 2007-11-16 06:52
かわいい……(笑)。
『恋する二人』が'64年、『ヘルプ!』が'65年のリリース。
昔はヒット曲のシングルって結構長い間売っていたんですね
(リアルタイムで聴いていたのではない、ですよね……?)。
名前
URL
削除用パスワード


<< 香港から来たホーロー三兄弟      “料理嫌いの器オタク” の今日... >>