青蓮亭日記

seirentei.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:器 ( 542 ) タグの人気記事


2016年 07月 23日

平佐焼( or 長与焼?)柿釉鉄釉流し飯碗

どこのやきものか皆目見当がつかなかったのでお尋ねしてみると、「平佐焼か長与焼」とのこと。

「平佐焼にはこんなのもあるのか!?」と驚き、手持ちの資料やネットで調べるも、
こういった作例は見当たらなかった。

平佐焼独特の青味を帯びた上釉ではないものの、
白磁部分の真っ白な感じは、今まで触れてきた平佐焼の品々に通じるところもある。
でも、どちらかというと、平戸焼のミルキーな白に近いような。

一方、「長与焼」というのを調べると、平佐焼(熊本)と同じ肥前磁器(こちらは長崎)で、
代表的な作例は三彩のようだ。
この茶碗は三彩ではないけれど、長崎というのが引っ掛かる。
『くらわんか』(波佐見焼)を白くしたような雰囲気もある。

タイトルは、笠間焼の「柿釉黒釉流し酒壺」とか「糠白釉三彩流し茶壺」といったものを参考にして、
自分で勝手につけてみたが、もしかしたら他に決まった言い回しがあるかもしれない。

……といった感じで、よくわからないけれど、何か惹きつけられるものがあるので仕入れてみた。

(おそらく江戸後期/口径:約10.9〜11.2cm・高さ:約5cm/御売約)

f0151592_0151222.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-07-23 00:56 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2016年 07月 21日

南方系の染付唐子文茶碗

前の所有者による「中国 染付茶碗(発掘品) 明時代」というラベルがあるものの、
いまひとつ時代や国籍がはっきりしない染付茶碗。

カフェオレボウルのようなまあるい形をしている。

中国の南部・福建省や広東省あたりで作られ、安南などに輸出された茶碗かしらと見当をつけているのだけど、
安南産という可能性も捨てきれていない。

(直径:約12.5cm〜13cm・高さ:約6.1〜6.3cm/御売約)

f0151592_2375246.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-07-21 23:33 | 古いもの・古びたもの | Comments(2)
2016年 07月 15日

古伊万里染付四方襷文(または四弁花文)蓋茶碗

斜めの線を複数交差させてできた菱形の空間に点や線を描き込んだ文様を四方襷(よもだすき)文、
線の交差するところに大きめの点を置いた文様を四弁花文と呼ぶが、
この文様と同じものは手持ちの資料では見つからなかったので、
あるいは他の名称があるのかもしれない。

ともあれ、すっごくかわいくて好みの幾何文。

このように胴の張った器形は「望料(もうりょう)」型と呼び、1740年代頃から見られるそうだ。

この「望料」を同じサイズでどれだけ早くこなせるかが、
轆轤(ろくろ)職人の腕のみせどころなのだとか。

確かに、3客あったので蓋と茶碗とのマッチングをあれこれ試してみたが、
ある蓋はある茶碗には小さすぎたりして、ベストの組み合わせはひとつだった。

(江戸後期/茶碗の口径:約10.6〜11.2cm・高さ:約5.7〜6.1cm/御売約)

f0151592_2236461.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-07-15 23:14 | 古いもの・古びたもの | Comments(4)
2016年 07月 13日

瀬戸掛け分け釉仏花器

瀬戸の仏花器だが、3色の掛け分け釉やフォルムの按配から、どこか西洋風の趣もある。

この煤けたような汚れ具合は、発掘ではなく伝世のような気がする。
桐箱にしまわれ伝わった由緒ある品ではなく、生活の中で使い続けられたタフな実用品。

(江戸期/口径:約:6.5cm・高さ:約10.3cm/御売約)

f0151592_22405744.jpg


つづき

by penelope33 | 2016-07-13 23:01 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2016年 07月 12日

萬古焼の急須と益子焼の小皿

お問い合わせのあった萬古焼の急須、御売約の黒猪口に合わせて、
渋い土ものの小皿をセッティングしてみた。

小皿は益子焼で、小さい石皿のような雰囲気。

あっ、お盆は私物です(2枚しか持っていない木地盆のうちの1枚……)。

(急須……口径:約6.9cm・高さ:約4.7cm/御売約)

f0151592_23134646.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-07-12 23:34 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2016年 07月 10日

若い黒猪口

おそらく昭和のもので、私以外は誰もがスルーしてしまうような品だと思うのだけど、
こちらの黒猪口を購入された方だったら「!」っと思うはず。

湯飲みや大きめのぐいのみに、向付に。

なんだか4ピースバンドのアーティスト写真みたいな配置。

(口径:約8cm・高さ:約5.6〜6.2cm/御売約)

f0151592_0103130.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-07-10 00:24 | クラフト・デザイン | Comments(6)
2016年 06月 10日

『点店 3』/ 「さんのはち」+「ロータス・ブルー」@新富町、初日を終えました。

『点店 3』 / 「さんのはち」+「ロータス・ブルー」@新富町。

ぐずつき気味のお天気のウィークデイとあって、比較的静かな初日でしたが、
お客様が途切れることなくいらっしゃった1日でした。

今回もスタンプ・ラリーを楽しまれている方が多かったですね。

下の画像は、どことなくアジアンな一角。

f0151592_0545432.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-06-10 01:05 | 点店 | Comments(0)
2016年 06月 07日

『点店 3』、こんな感じのモノを持っていきます。

『点店3』の準備を今日の夕方から一気に。

だいたいこんな感じのものを持っていこうかと。
でも、今回は搬入はほぼ1日で終わらせる予定なので、こんなに持っていけないかなぁ……。

気になるものがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

f0151592_005736.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-06-07 00:03 | 点店 | Comments(4)
2016年 06月 04日

ちっちゃな土師器

赤い肌の土師器だが、横に穴はあいていないものの須恵器「はそう」に似た形。

古墳時代、弥生土器の流れを汲む土師器と朝鮮から製法が伝わった須恵器は平行して作られていたという。
須恵器のはそうを真似て土師器のはそうが作られたりと、
一部に中間的なものがあるとのことで、これもそういったものかと推測している。

肌の変化は乏しいけれど、器形・サイズ・割れかたが気に入った。

(6世紀頃?/口径:約9.3cm・高さ:約8.8cm/御売約)

f0151592_2043769.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-06-04 21:09 | 古いもの・古びたもの | Comments(0)
2016年 05月 31日

ちょい古の鉄釉飯碗

偏頭痛で昼間寝てしまったので、深夜の更新です。

お客様のリクエストは「味噌汁用の碗」なので、ちょっとどうかなぁと思いつつ、
在庫の中から御紹介。

おそらく昭和頃の鉄釉の飯碗。
丹波あたりのもの……?

(口径:約13.1〜13.4cm・高さ:約4.6〜5.1cm/御売約)

f0151592_0302100.jpg


つづく

by penelope33 | 2016-05-31 00:45 | クラフト・デザイン | Comments(2)